WordPressには、「カスタムフィールド」と呼ばれる、記事のタイトルや本文以外に別の情報を追加してサイトに掲載する属性を設定できる機能があります。

カスタムフィールドを使えば、「ピックアップ商品の中から、価格が500円以上のものを最新5件だけ表示する」「国産カテゴリで評価が5つ星のものをランダムに10件表示する」など細かな条件を指定できます。

今回は、WordPressを扱っているなら絶対に知っておきたいカスタムフィールドについて、初心者〜中級者向けに設定方法を解説します。
カスタムフィールドの設定は初心者にとっては難しいところもあるので、プラグインをつかって簡単に導入する方法もあわせてご紹介します。

カスタムフィールドとは?

WordPressで「投稿」を作成する画面では、初期画面でタイトル「本文」の2つがあります。
ここに、入力する情報を追加できるのがカスタムフィールドです。

ブログ記事であれば、「タイトル」「本文」だけで事足りるのですが、例えば次のようなテーマだと、追加で情報をまとめておきたい場合があります。

不動産サイト:
  場所・交通情報・築年数・賃料・敷金礼金・おすすめポイントなど
レストランのレビューブログ:
  場所・交通情報・評価・価格帯・おすすめ料理など
アパレルショップ:
  ブランド・価格・サイズ・在庫数など
日記:
  今日の天気・今日の気分・一言コメントなど

こうした情報を本文に書き込んで管理することもできますが、「カスタムフィールド」を使うとさらに便利です。
カスタムフィールドを使えば、「タイトル」や「本文」だけではなく任意のフォームを追加することができるだけでなく、テンプレートタグを駆使することで、後ほど「評価が高い順に並べ替える」といったこともできるようになります。

カスタムフィールドを表示させる手順

カスタムフィールドは、通常初期画面では表示されていないので、表示するように設定する必要があります。

まず、ページ右上に「表示オプション」があるので、そこをクリックします。

option.png
Screenshot on WordPress.org

「表示する項目」の「カスタムフィールド」にチェックを入れます。

すると、本文の下にカスタムフィールドのウィジェットが表示されます。
ここでカスタムフィールドの設定を行うことになります。

Custom-field-box.png
Source: WordPress Codex

「カスタムフィールドを追加」で新しく属性(キー)を追加することで、次回以降はプルダウンメニューから属性を選択することができます。