Macの端末は、デザイナーやエンジニアを中心にIT業界やWeb担当者の間では利用者が多く、根強い人気があります。

しかし、MacのデスクトップOSシェアは6%程度と、90%以上を占めるWindowsより圧倒的に少ないため、Windowsのみ対応でMacに対応していないツールやソフトウェアも多いのが現状です。

参考:
MacのPC市場におけるシェア、過去5年で最低へ - iPhone Mania(http://iphone-mania.jp/news-150855/)

今回ご紹介するMac専用のSEO順位検索ツールであるRankGuru SEOは、安価でありながらWindows系の順位チェックツールにも引けを取らない機能を備えており、Macユーザーには嬉しいツールです。

目次

  1. RankGuru SEOとは
  2. RankGuru SEOのメリット
    1. 金額が安い・買い切りタイプ
    2. Macで使える
    3. キーワード登録が無制限
    4. CSVファイルでのエクスポート
  3. RankGuru SEOのデメリット
    1. 起動したままにしておく必要がある
    2. 登録キーワード数が多いと順位チェックに時間がかかる
  4. RankGuru SEOの使い方
    1. ダウンロード
    2. インストール
    3. サイトの登録
    4. キーワードの登録
    5. ランキングレポートを見る
    6. 設定
  5. まとめ

RankGuru SEOとは

1.png
https://itunes.apple.com/jp/app/rankguru-seo/id662946309

2017年3月時点では数少ないMac専用のSEO検索順位チェックツールで、日本語、スペイン語、英語に対応しています。必要最低限の機能で価格をおさえたシンプルなツールです。

RankGuru SEOのメリット

金額が安い・買い切りタイプ

SEOの検索順位チェックツールは多数存在しますが、ほとんどが月額あるいは年額の継続課金です。一方、RankGuru SEOは1回840円の買い切りタイプで、他のツールと比較しても特に安価です。

参考:手軽に検索順位をチェックしよう!オススメツール9選
https://ferret-plus.com/3876

Macで使える

老舗の検索順位チェックツールであるGRCなど、Windowsのみ対応でMac非対応のツールが多い中、RankGuru SEOはMacで使えるソフトです。

キーワード登録が無制限

いくつかのツールは無料プランを設けていますが、登録キーワード数に制限があります。そして、登録キーワード数に応じて価格が上がるのが一般的です。一方、RankGuru SEOキーワード登録数に制限がありません。

CSVファイルでのエクスポート

取得した掲載順位のレポートは、ランキングレポートの画面からCSVファイルで簡単にエクスポートできます。

RankGuru SEOのデメリット

起動したままにしておく必要がある

RankGuru SEOで、あらかじめ設定したインターバルで順位取得を行うためには、順位取得中にMacが起動されている必要があります。スリープ中やシャットダウンしている間は順位取得が行われないことに注意してください。

登録キーワード数が多いと順位チェックに時間がかかる

キーワードが多くなればなるほど、順位チェックにかかる時間も増えていき、Macを起動し続けなければなりません。

RankGuru SEOの使い方

ダウンロード

2.png
Mac App Storeプレビューページ内の「Mac App Storeで見る」ボタンをクリックします。
https://itunes.apple.com/jp/app/rankguru-seo/id662946309

3.png
App Storeアプリが起動し、RankGuru SEOが表示されます。左上のアイコンの下の、価格が表示されたボタンをクリックします。

4.png
ボタンが「Appを購入」に変わりますので、クリックします。

5.png
Apple IDとパスワードを入力し、サインインします。

6.png
認証コードを求められた場合は入力の上、「購入」ボタンをクリックして先に進みます。ソフトのダウンロードが開始します。

インストール

7.png
ソフトのダウンロードが完了すると、自動的にインストールが始まります。

8.png
ボタンが「開く」に変われば、インストールは完了です。

サイトの登録

9.png
App Storeの「開く」ボタンをクリックすると、RankGuru SEOが起動するので、「次へ」ボタンをクリックします。

10.png
メニューバーのアイコンの説明ウィンドウが表示されたら、「完了」ボタンをクリックします。

11.png
RankGuru SEOが起動します。まずサイトの登録を行うため、ウィンドウ左下のプラスボタンをクリックします。

12.png
順位を計測したいWebサイトURLと管理用の名前を入力し、「Webサイトを追加」ボタンをクリックします。

13.png
Webサイトの登録は完了です。

キーワードの登録

14.png
次はキーワードを登録します。ウィンドウ中央下のプラスボタンをクリックします。

15.png
順位を計測したいキーワードを入力し、対象の検索エンジンをプルダウンから選択します。検索エンジンの選択肢は、Google、Bing、Yahooのいずれかと、国の組み合わせで構成されています。ここではGoogle Japanを選択します。

16.png
複数のキーワードを登録した状態です。

17.png
キーワードを追加すると自動的に順位の取得が始まります。メニューバーの王冠アイコンの上に緑のチェックマークが表示されていれば取得完了です。

ランキングレポートを見る

18.png
左サイドメニューの目のアイコンをクリックすると、ランキングレポートが表示されます。「今日」ボタンをクリックすると、取得した今日の順位がレポートに反映されます。

設定

19.png
左サイドメニューの雲のアイコンをクリックすると、各種設定が表示されます。

ランキングを更新:
1時間ごと、3時間ごと、6時間ごと、9時間ごと、12時間ごと、24時間ごと、7日ごと、しない、のいずれかから選択できます。

キーワードの検索:
検索結果の上位何位までを調査対象とするか、100〜1,000件まで100刻みで選択できます。

起動:
Mac起動時にRankGuruを開始するかどうか選択できます。

まとめ

検索順位チェック時にMacを起動しておく必要がある点と、クラウド型ではなくインストールした端末でのみ活用できるソフトウェア型である点には注意が必要なポイントです。しかしながら登録サイト・キーワード数無制限で、自動にSEO順位チェックができる安価なRankGuru SEOは、Macユーザーの強い味方です。