昨年は新進気鋭ベンチャーの上場が相次ぎました。
フリークアウトやクラウドワークスなど、設立2、3年で上場する企業も多く、大型資金調達や買収案件も相次ぎ、ネットベンチャーの勢いを感じさせます。

参考

<上場続出>過熱するIT・ネット系ベンチャーへの高い期待に警戒感も

【2014年完全版】Webマーケティング界隈、資金調達31社と調達金額まとめ

ネット界隈の勢いは今年も更に加速するようで、2015年にも複数の企業が上場予定なのではないかと目されています。

今回は、2015年に上場すると予想されるIT企業を8社ご紹介します。
グロービス・キャピタル・パートナーズやジャフコなどのベンチャーキャピタルからの出資を受けているかどうか、業績は好調か、前評判はあるか、などを元にまとめました。
全てが必ずしも上場するという保証はありませんが、注目の企業であるというのは確実です。

今、ネット界隈で特に勢いがあるのはどの業種か、確かめてみてはいかがでしょうか。

1. LINE株式会社

LINE
http://linecorp.com/ja/

メッセージアプリ「LINE」を始め、タクシー配送サービス「LINE TAXI」、Web決済サービス「LINE pay」など、幅広いWebサービスを展開するLINE株式会社は、昨年上場予定でしたが一旦延期しています。
昨年上場を延期後、いつ上場するかは未定と公表していますが、今年、東証一部に上場するのではないかと予想されています。

2. Sansan株式会社

 Sansan
http://jp.corp-sansan.com/

クラウド名刺管理サービス「Sansan」や無料の名刺管理アプリ「eight」を提供するSansan株式会社は、昨年総額14.6億円の大型資金調達を行いました。
「Sansan」の利用者数は2,000社を越え、「eight」の利用者数は50万人を突破しています。ここ数年、上場するのではないかという見方が強まっていますが、いよいよ今年いくのではないかと噂されています。

3. 株式会社Gunosy

 Gunosy
http://gunosy.co.jp/

キュレーションアプリ「Gunosy」を提供している株式会社Gunosyは、2014年にKDDIら複数社から2度に渡って資金調達を行い、計24億円の投資を受けました。
LINEに次いで勢いのあるITベンチャーとして、2015年上場するのではないかという見方が強まっています。
資金調達のほとんどをテレビCMなどの広告費に投入し、昨年は赤字決算となりましたが、アプリは700万ダウンロードを突破し(2015年2月26日現在)、2月からはネイティブ広告に加えて動画広告の提供も開始し、マネタイズの土壌を着々と築いてるようです。