WordPressで記事を作成するときに、インターネットのブラウザを立ち上げて直接エディターに書き込むという方は少数派なのではないでしょうか。

Googleドキュメントで原稿を書き上げたほうが誤字チェックや文字数カウントができる上に、インターネット接続関係なく原稿を保存できるので、こちらのほうが便利です。

ただ、Googleドキュメントを利用する場合、原稿を書き終わったあとにWordPressにログインし直して、投稿画面を開き、コピー&ペーストで原稿を移さなければいけません。
そこで、Googleドキュメントで書いた原稿を直接WordPressにアップロードできたら、より効率的でしょう。

実は既に、GoogleドキュメントからWordPressに直接アップロードできる方法があります。
しかも、Googleドキュメントであれば共同編集を行うこともできるので、複数人で段落を分け合って編集するといった応用も可能です。

今回は、Googleドキュメントで記事を書いてWordPressに直接投稿をする手順をご紹介します。
この方法に慣れてしまえば、WordPressで直接投稿するのではなく、Googleドキュメントで完結させられます。
少しでも作業を効率化したい方はぜひチェックしてみてください。

作動要件を確認しよう

type.jpeg
画像引用元:stock.io

GoogleドキュメントにWordPressアドオンを追加することによって、WordPressサイトへの直接投稿を行えるようにしましょう。

WordPress.comで運営しているホームページの場合

クロスブラウザに対応しています。
事前にGoogleドキュメントを編集するためのGoogleアカウントを取得し、ログインしておく必要があります。
また、WordPress.comのホームページにアクセスする管理者権限が必要です。

セルフホストのWordPress.orgホームページの場合

レンタルサーバーや所有しているサーバーにWordPressをインストールしている場合は、上記条件の他に、Jetpackプラグインをインストールし、有効化する必要があります。

下記の記事を参考に、事前にJetpackをインストールしておきましょう。

参考:
すぐに使えて便利!WordPress公式高機能プラグイン「Jetpack」の設定方法

アドオンを有効化しよう

アドオンを使う前に、まずはGoogleドキュメントにアドオンをインストールして、WordPressとの接続を行いましょう。

01.png
スクリーンショット:2017年8月

まず、WordPress.com for Google Docsページに行き、WordPress用のアドオンをインストールします。
無料と書かれたボタンをクリックします。

02.png
スクリーンショット:2017年8月

次に、WordPress.com for Google Docs を実行するにはあなたの承認が必要です。」と書かれた警告窓が出てくるので、続行ボタンをクリックします。
別途Googleのログイン画面が出てくるので、ログインして続行します。

03.png
スクリーンショット:2017年8月

インストールが無事完了すると、上のメニューバーのアドオンメニューにWordPress.com for Google Docs」のツールチップが現れます。

04.png
スクリーンショット:2017年8月

アドオンメニューからOpenをクリックします。

05.png
スクリーンショット:2017年8月

すると、右側にWordPressのアドオンのサイドバーが出てくるので、Add WordPress Siteをクリックします。

06.png
スクリーンショット:2017年8月

ログイン画面が出てくるので、その指示に従ってログインを進めます。
複数WordPressサイトがある場合には、ここでどのアカウントと結びつけるかを選択します。

07.png
スクリーンショット:2017年8月

無事に成功したら、上記のようにブログが追加されます。
ブログはこの手順を繰り返すことで、複数のブログを管理することも可能です。

Googleドキュメントで記事を編集しよう

それでは早速、Googleドキュメントで原稿を作成してみましょう。

文字画像を挿入したりして編集を行ったら、右側にあるWordPressバーの特定ブログSaveを押せば直接投稿を行うことができます。

10.png
スクリーンショット:2017年8月

Saveを押した後にPreview on XXX!というリンクが出現するので、そちらをクリックすることでプレビューをチェックすることもできます。

09.png
スクリーンショット:2017年8月

このアドオンをインストールすると、ほとんどのフォーマットや画像はそのままWordPressサイトに反映することができます。
もちろん、アドオンを使えばすべて思った通り完璧な編集になるというわけではありませんが、GoogleドキュメントとWordPress側で共通している基本的なフォーマットは、そのままの見た目で反映することができます。
ヘッダー箇条書き太字イタリックアンダーラインなどは、そのまま反映することができます。

08.png
スクリーンショット:2017年8月

また、ブログの投稿タイトルGoogleドキュメントのファイルのタイトルと同じになります。
タイトルは、左手上方部分で変更することができるのを覚えておきましょう。

インストール段階でうまくいかない場合

今回のアドオンの追加作業には、WordPressサイト側の設定は基本的には必要はありません。
しかし、うまくいかなかった場合には、WordPress側で何か問題がないかを確認してみるといいでしょう。

最もよく起こりうるケースは、Jetpackが正しく有効化されていない場合です。
Jetpackはインストールするだけでは作動しないので、必ず有効化されているかをプラグインページで確認してください。

また、それでもうまくいかない場合には、Jetpackと他のプラグインが何らかの形で競合している可能性があります。
その場合には、Jetpack以外のプラグインを一旦無効化し、アドオンを追加したあとに有効化するという作業を行ってみてください。

まとめ

いままでWordやGoogleドキュメントを使ってブログ記事の原稿を書いていた人は、このGoogleドキュメントのWordPressアドオンを使えば飛躍的に便利になるのではないでしょうか。

投稿はSaveボタンを押すとそのまま投稿されてしまうので、現時点では予約投稿などには対応していませんが、速攻性の高い新着記事などを書くときには非常に便利になるでしょう。

アドオンは現在も改良を繰り返しています。
今後、さらに便利になることを期待しながら、アドオンを最大限有効活用していきましょう。