Googleが運営する動画共有サービス「YouTube」。2020年には日本国内の月間アクティブユーザーは約6,500万人にのぼり、日本人の約2人に1人が利用している計算になります。

圧倒的な利用者の多さから膨大なトラフィックを持つYouTubeは、バナー広告等のWeb広告の他に、「トゥルービュー広告」と呼ばれる独自の広告を配信しており、トラフィックを活かした収益拡大を図っています。

「トゥルービュー広告」は2種類存在しますが、その中でなにかと話題に上りやすいのが動画を再生する直前に流れる「インストリーム広告です。

ユーザーが閲覧したい動画の再生を邪魔するような形式のため、ユーザビリティが悪くなるという意見がある反面、サービスとしては堅調に伸びています。さらには、ユーザーに煩わしいと思われないための工夫が凝らされたものも生まれ始めています。

今回は、今後の動向に注目が集まる「インストリーム広告」について理解できる記事をまとめました。

インストリーム広告とは?

Youtubeなどの動画再生時に流れる広告

「インストリーム広告」は、GoogleがYouTubeのみで展開している動画広告「トゥルービュー広告」の一種です。

【トゥルービュー広告の種類】

  • インディスプレイ広告
  • インストリーム広告

上記のうち、「インディスプレイ広告」とは、動画再生ページの右カラム、関連動画が表示されている列の一番上に表示されるものです。クリックするとすぐに動画が再生され、クリックされた時点で課金が発生します。

一方、「インストリーム広告」とは動画再生画面内で流れる動画広告のことです。

自分自身がYou Tubeで何らかの動画を視聴する場面を思い出してみてください。目的の動画を再生する前に、数秒間の動画広告が再生される場合があります。これがまさに「インストリーム広告」です。

この「インストリーム広告」は昨今、You Tube内のみならず、InstagramやTikTok、さらにはTwitterでも見られるようになっています。

インストリーム広告の3つの種類

「インストリーム広告」は、流すタイミングによって3つのタイプに分類されます。

「プレロール広告」

動画再生前に挿入される動画広告のことです。5秒程度視聴すると、視聴者の意思でスキップできる「スキッパブル広告」と、最後まで視聴しなければ目的の動画本編が再生されない「ノンスキッパブル広告(完全視聴型広告)」があります。

いずれにせよ必ず視聴者に見られるものなので、「企業・商品・サービスの認知獲得」といった観点でメリットがあると言えます。

「ミッドロール広告」

動画本編の再生中に挿入される動画広告のことです。こちらも、「スキッパブル広告」 と「ノンスキッパブル広告」があります。

動画本編を最後まで見たい視聴者には閲覧してもらえる可能性が高くなり、収益の最大化が期待できる手法だと言われています。

「ポストロール広告」

動画本編視聴後に挿入される動画広告のことです。動画本編と関連性が高いものであれば視聴者に離脱されず、見てもらいやすくなります。