広告代理店や広告代行などと取引の多いWeb担当者であれば、ネット広告に関する知識を身に着けておくことで業務を円滑に進めることができます。ネット広告といっても分野は幅広く、全ての知識を身につけるのは専業でなければ難しいと感じることもあるでしょう。

そこで自身の業務と関連性の高いネット広告の知識を身に着けたいと考えている方もいるのではないでしょうか。ネット広告の特定分野で実務レベルの知識を身に着けたいと考えているのであれば、書籍から学ぶのがオススメです。基礎知識から運用に関するノウハウまで体系的に学ぶことができるためです。

今回は、広告の基礎からリスティング広告、SNS広告、アドテクなど各分野ごとに学べる書籍をまとめました。広告業界と関わりのある担当者であれば活用してみてください。

ネット広告全般の知識が学べる書籍

1.ネット広告がわかる基本キーワード70

webad.001.jpeg
http://amzn.asia/2BV1Q9m

『ネット広告がわかる基本キーワード70』は、ネット広告業界で頻出するキーワードを総合的にまとめた書籍です。広告の課金方式「CPC」「CPM」や入札方式「RTB」など、非ネット広告分野の人にはわかりにくい略語の意味を知ることができます。

広告の種類ごとの概要を知ることができます。実務において利用頻度が高い用語が中心なので、既に知識のある方も確認を兼ねて参照してみるのも良いでしょう。

2.基礎から学ぶWeb広告の成功法則

webad.002.jpeg
http://amzn.asia/6jngqtn
『基礎から学ぶWeb広告の成功法則』は、ネット広告運用の基礎が学べる書籍です。ネット広告で売上を作るにあたって、課題となる要素から丁寧に解説されているため、広告運用の実務を知りたいという方の参考になるでしょう。

また、「広告運用の仕組み」という視点だけでなく、広告コピーやバナー画像など、クリエイティブ業務においての成功法則についても解説されているため、Web制作業務にも活用できます。

3.改訂2版 ネット広告ハンドブック

webad.003.jpeg
http://amzn.asia/9PqMKMa

『改訂2版 ネット広告ハンドブック』は、ネット広告における定番の実務書です。最新の広告関連企業の動向や、各ネット広告の手法、アドテクノロジーのような最新の広告手法について網羅的に解説されています。

ネット広告の種類別の定義などを参照できるため、業務上でわからない箇所を調べるなど辞書的な用途で活用できます。

リスティング広告の基礎と運用が学べる書籍

4.いちばんやさしいリスティング広告の教本

webad.004.jpeg
http://amzn.asia/g5zBVGr

『いちばんやさしいリスティング広告の教本』は、リスティング広告の基礎知識を体系的に学べる書籍です。リスティング運用に初めて携わる方でもわかりやすく解説されているのが特徴です。

リスティング広告に関わる入札価格や広告のクリエイティブについても触れられているため、最初に手に取る1冊として最適でしょう。

5. 最速で成果を出すリスティング広告の教科書

webad.005.jpeg
http://amzn.asia/dRvmfYF

『最速で成果を出すリスティング広告の教科書』は、リスティング広告の集客や出港時の費用対効果の高め方など実務に焦点をあてた書籍です。

題材として、リスティング広告の定番プラットフォームである、「Googleアドワーズ」と「Yahoo!プロモーション広告」を取り上げているため、実務に落とし込みやすいのが特徴です。

Twitter・Facebook広告が学べる書籍

6.Twitter広告運用ガイド

webad.006.jpeg
http://amzn.asia/eATksaP

Twitter広告運用ガイド』は、その名の通りTwitter広告の基礎知識と運用方法について解説した書籍です。広告運用の解説の前に、Twitterユーザー属性やSNSとしての特徴などに触れているため、SNS運用に関わる方にも参考になることが豊富にまとめられています。

また、Twitter広告ならではのターゲティング方法、入札方式、効果測定など実務を運用する上でのフローにも触れているため1冊で広く知識を得たいという方にオススメの書籍です。

7.Facebook広告運用ガイド ダイレクトマーケティングに生かす売上直結の活用術

webad.007.jpeg
http://amzn.asia/aYGPN86

『Facebook広告運用ガイド ダイレクトマーケティングに生かす売上直結の活用術 』は、Facebook広告の運用方法について解説した書籍です。Facebook広告はSNS広告の中でも競合が多いため運用の難易度が高いという特徴があります。

一方で、顧客へのアプローチを工夫することで、Facebook上で商品購入や会員登録に繋げられるというメリットもあります。そういった、背景から運用方法まで学べるのが本書の強みと言えるでしょう。

アドテクノロジーの基礎が学べる書籍

8.アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティング実践指南

webad.008.jpeg
http://amzn.asia/9lR9yJ6

アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティング実践指南』は、「アドテクノロジー」の基礎知識、運用におけるポイントを解説した書籍です。

アドテクノロジーはDSPなどを活用し効率的に広告運用を行えることから、ネット広告業界でのトレンドになっています。とはいえ定義の幅が広くわかりにくいのも事実です。ネット広告に関わる上で仕組みを理解しておくことで業務を円滑にすすめることができるでしょう。

9.DSP/RTBオーディエンスターゲティング入門

webad.009.jpeg
http://amzn.asia/dhVLZdE

『DSP/RTBオーディエンスターゲティング入門 』は、アドテクノロジー分野の中でも「DSP」と「RTB」に特化した解説書です。ユーザー個人を特定してターゲティングを行い広告配信を行うテクノロジーの1つで、頻繁に用いられる仕組みの1つです。

DSPとRTBに関する基本的な解説書ですが、専門性の高い内容であるため、非ネット広告分野の方であれば上述の『ネット広告がわかる基本キーワード70』と平行して読み進めることをオススメします。

まとめ

ネット広告は目的やターゲット別に様々な種類があり、運用方法もそれぞれ異なるのが特徴です。近年は、TwitterやFacebook広告アドテクノロジーなど新たな広告手法が登場しています。

そのため、広告の種類を大まかに知った上で各分野の書籍を参照することで効率的に知識を得ることができるでしょう。広告代理店や運用代行会社と取り組みを行うWeb担当者であれば、ぜひネット広告の知識を身に着け、実務に活かしてみてください。