顧客のニーズが多様化している今、マーケティングの重要性はますます高まっています。
それにともなって「SNSマーケティング」「インフルエンサーマーケティング」など、多様なマーケティングジャンルが生まれています。

マーケティングに関わって日が浅い担当者の方は、何がどう違うか混乱してしまうかもしれません。しかしどのジャンルも、顧客の現状を反映して生まれました。
自社の戦略をより良く改善していくためにも、知っておきたいものばかりです。

今回は、今おさえておきたいマーケティング手法を7つご紹介します。
意味や違いがよく分からない方は、ぜひ参考にしてみてください。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

ペルソナマーケティング

「ペルソナマーケティング」とは、サービスの対象となる顧客の姿を細かく設定し、その1人に向けてサービスを展開するマーケティングのことです。

サービスの対象顧客はターゲットと呼ばれることもありますが、ターゲットは「30代主婦」「40代中高年男性」など、ざっくりとしています。それに対してペルソナは、まるで本当に実在するかのような、外見や性格、趣味まで細かい設定がなされます。実際に実在する方をペルソナとすることもあります。

対象を1人に絞ることで、サービスの開発から販売方法、アフターフォローまで、一貫した戦略を立てることができます。その結果、業務やアイディアの選択と集中がしやすく、社内での意思疎通も容易になります。

市場調査をもとにペルソナを設定し、社内で共通化するまでに時間がかかる可能性はあります。サービスの根幹なので、しっかり調査を行い、ペルソナの「その人らしさ」に矛盾が生じないよう注意します。

参考:
今さら聞けない!「ペルソナとは」基礎知識とその重要性について|ferret[フェレット]

エンゲージメントマーケティング

エンゲージメントマーケティング」とは、顧客をサービスを購入するだけの受け身の存在ではなく、サービスの価値を企業と一緒に高めていく存在として捉えるマーケティングのことです。

これまでの企業と顧客の関係性は、企業がサービスを提供し、顧客がその評価をするという対面的なものでした。しかしエンゲージメントマーケティングでは、顧客も企業のサービスづくりに関わり、一緒にサービスを育てていくため、仲間意識が生まれます。

有効な手法として、会員制のホームページやSNSの活用があります。企業と顧客が双方向にコミュニケーションを図れる場をつくることで、距離を縮めることができます。後述するSNSマーケティングと重なりますが、こうした場ではいかに顧客にファン・味方になってもらえるかが重要です。

参考:
エンゲージメントとは?TwitterやFacebookで重要なエンゲージメント率を高めよう|ferret[フェレット]

動画マーケティング

「動画マーケティング」とは、様々なマーケティング施策に動画を取り入れることです。インターネット上に限らず、店頭や展示会での動画コンテンツも広い意味で動画マーケティングに含みます。

以前の動画マーケティングは、テレビCMなど高コストなものが一般的で、資金力のある大手企業の手法というイメージがありました。しかし最近では、情報技術の進化とインターネットの普及により、低コストで動画が制作できるようになりました。YouTubeなどの動画共有サービスも人気となり、顧客にとっても身近になっています。

サービスを知ってもらうためのプロモーション動画、企業イメージを良くしてもらうためのイメージ動画など、動画の種類は多岐に渡ります。ターゲットを定め、メッセージ性の強い動画コンテンツを作成することで、顧客の印象に残りやすい視覚的なアプローチができます。

参考:
動画視聴で購買意欲が168%に!ビジネスに取り入れたい動画マーケティングを学ぼう|ferret[フェレット]

マンガマーケティング

「マンガマーケティング」とは、前述の動画マーケティングのように、様々なマーケティング施策にマンガを取り入れることです。

マンガの良さは、文章などの表現方法に比べ「読んでみよう」という気持ちが起きやすく、内容も理解しやすい点にあります。例えば企業の長々とした商品説明や、理解に時間のかかる難しい物事の説明などを伝えるとき、特に効果を発揮します。

マンガには「娯楽」のイメージが強いため、もともと関心のなかった話題でも、気軽に目を止めて読み始めてもらいやすいというメリットもあります。伝えたい内容を整理し、ときどき面白い仕掛けも取り入れて制作することで、受け入れられやすいコンテンツができます。

参考:
マンガマーケティングの真相! ユーザーの目を釘付けにする、強みとは?|ferret[フェレット]

キャラクターマーケティング

「キャラクターマーケティング」とは、マスコットキャラクターを導入することで、企業のイメージを明確に印象づけたり、サービスの販売促進活動に役立てることを指します。キャラクター自体に人気が出ると、新しいサービスとしての価値が生まれる場合もあります。

プロモーションにおいても、例えば芸能人をCMに起用すると、その芸能人が不祥事を起こしてしまった場合、サービスの印象まで悪くなってしまいかねません。引き換え、キャラクターは印象が変わらないので安定感があります。

既存のキャラクターを起用する場合とオリジナルのキャラクターを起用する場合がありますが、それぞれメリットとデメリットがあるため、自社の状況に応じて活用しましょう。

参考:
効果は絶大! ビジネスにおける戦略的なキャラクターマーケティングとは?|ferret[フェレット]

SNSマーケティング

「SNSマーケティング」とは、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用し、企業やサービスに対する顧客のエンゲージメントを高めるマーケティング施策です。

SNSは、当初は個人間で交流を深めるツールでしたが、最近では企業と顧客の交流の場としても機能しています。普段はサービス提供の形でしか接触できませんが、SNSでは顧客の声を聞き、サービスへのフィードバックを受けることもできます。

直接交流を深める中で顧客の好印象や共感を得られれば、拡散機能による認知度の向上も期待できます。積極的に活用することで、前述した「エンゲージマネジメント」の布石にもなるでしょう。

参考:
経産省報告書から学ぶ!SNSマーケティングを始める前に知っておきたい基礎知識|ferret[フェレット]

インフルエンサーマーケティング

「インフルエンサーマーケティング」とは、インフルエンサーに協力してもらうマーケティング施策です。

インフルエンサーとは、大勢の人に強い影響を与える情報発信力をもっている人のことです。芸能人やモデルが代表格ですが、最近では芸能活動をしていなくても、SNSで多数の支持者を得ている一般人のインフルエンサーもいます。

顧客は企業からの直接的な広告に慣れていることもあり、インフルエンサーへの自然な共感が購買意欲に繋がりやすくなっています。特に、芸能人やモデルではない一般人がサービスを紹介することで、実際の利用場面がイメージしやすく、親近感ももってもらうことができます。

参考:
【インフルエンサーとは?】基礎から学ぶインフルエンサーマーケティング手法|ferret[フェレット]

まとめ

マーケティングの種類が違っても、目的が「顧客のことを知り、顧客が求める価値を届ける」ことに違いはありません。どの手法が自社の顧客に最も価値を提供できるか考えると、その違いもおのずと明確になってくるはずです。

今は様々なマーケティング手法が体系化され、学べる機会が増えています。自社の事業やサービスに合ったマーケティング手法を探してみましょう。