BtoCとBtoB、それぞれどのようなマーケティングをすべき?

商材を顧客に販売するという点において、BtoCBtoBは共通していますが、購入決定者が大きくことなります。BtoC取引は消費者個人の関心に基づいて本人が決済を行います。一方で、BtoB取引は、商談時の担当者と決済者が異なり、複数人を経由する場合が殆どで、BtoCと比べて認知から購買のプロセスが異なります。

そのため、BtoBマーケティングにおいて個人へのアプローチを主軸にしたマーケティングではなく、企業にとってのメリットを合理的に訴求することが大切です。その具体的な違いは、LINE株式会社やVAIO株式会社の商材紹介ページからもわかるでしょう。

今後BtoC向け・BtoB向けそれぞれの商材の提供を計画しているのであれば、事例をもとにマーケティング施策を考えてみてはいかがでしょうか。

BtoBの意味とは?BtoC、CtoCとの違いとは?

BtoBの意味とは?BtoC、CtoCとの違いとは?消費者向け商品の成功事例とともに解説

BtoBの意味とは?BtoC、CtoCとの違いとは?消費者向け商品の成功事例とともに解説

BtoB(Business to Business)とは、企業間取引を意味し、企業が企業に向けて商品やサービスを提供する取引を指します。企業が販売する製品やサービスには大きくわけて2つ、法人(Business)向けと消費者(Customer)向けというターゲットの違いがあります。それぞれBtoB、BtoCと表現され、内容や価格、購入する数の単位が大きく異なります。今回はBtoBやBtoCの意味、そしてホームページを活用し、法人向け製品を消費者向け製品として成功させた事例を紹介します。