この記事は、2017年11月9日に公開した記事を再編集しています。

年末も差し迫り、これからお歳暮の準備をしようという方もいるかもしれません。お歳暮を贈る時期は11月下旬~12月20日が基本であり、急いで手配を行っている方も多いでしょう。

2016年に株式会社シニアコムが行った調査によると、全体のうち65%の人がお歳暮を贈る予定があるとしており、社会でも広く慣習として残っていることがわかります。ですが、お歳暮に馴染みのない方からすると、上司から「取引先に贈っておいて」と指示されても、「何を」「どのように選んで」「どうやって送ればよいのか」と困惑してしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな方に向けて贈る時期から品物、贈るのをやめたい時の対応法まで、お歳暮の基本的なマナーを紹介します。

お歳暮の品揃えが豊富なネットショップも紹介するので、これからお歳暮を準備しようという方は参考にしてみてください。

参考:
お歳暮を贈るシニアは7割近く 一方、いつまで続ければいいのか、困っているシニアも|SankeiBiz(サンケイビズ)
  

お歳暮の基礎知識

お歳暮とは

そもそも「歳暮」という言葉は、年の暮れを指しており、「お歳暮」は年の暮れ、つまり年末に贈る贈り物を指します。
  

お歳暮の歴史

中国の道教では、宗教上重要とされる神様のそれぞれの誕生日を「上元」「中元」「下元」として、神様にお供え物を捧げるお祝い事の行事が行われていました。

「お歳暮」の起源には諸説ありますが、この行事と、日本国内にもともとあった正月に先祖の霊を迎えるためのお供え物の文化が結び付き、「お中元」「お歳暮」という文化が生まれたとされています。

もともとはお供え物だったため、お神酒や塩鮭・鰤・餅などの日持ちする食べ物が選ばれていたようです。そのような品物は、分家や嫁いだ人から本家に対して直接手渡して贈られていました。

このような慣習は室町時代に上流階級で広まり、江戸時代に入ってからは一般庶民にも広まるようになりました。中でも商人が年末に1年の間にたまっていた支払いを行う際の挨拶周りで、日頃の感謝の気持ちを込めて贈り物を渡しに行く事を「歳暮(せいぼ)回り」と呼びます。そこからやがて、贈り物自体が「お歳暮」と呼ばれるようになりました。

また、明治30年頃になると親族だけではなく、仕事で関係性のある得意先やお世話になっている人にも贈るようになり、現在の形へと変化してきました。

参考:
お歳暮の歴史|起源は中国にあり!お歳暮の歴史を紐解きます|楽天市場
お歳暮はいつからはじまった?歴史と由来、マナーを調査!|カタログギフトのマイプレシャス
お歳暮、トレンドは“自分買い”“小分け”|日テレNEWS24
  

2016年、2017年に見られるお歳暮トレンド

2016年に大手百貨店が行った調査によると、お歳暮として選ばれる品物で洋菓子の売上が伸びており、中でも商品が個包装された小分けの商品が主流になっています。また、1人鍋用のセットが発売されるなど、家族の数や好みに合わせて楽しめる品物が注目されています。

これに対し、2017年は家事代行サービスの利用チケットのような品物以外の贈り物や、色鮮やかなゼリーとムースの詰め合わせ、切ると断面の絵柄が変わる羊羹などのSNSでシェアしたくなるような品物が販売されているのが特徴です。

参考:
お歳暮、トレンドは“自分買い”“小分け”|日テレNEWS24
お歳暮商戦幕開け、インスタ映え意識 百貨店、流行を重視|日本経済新聞
  

金額感

品物の価格としては、親戚や知人には3,000〜4,000円、仲人や上司には5,000円前後、特別にお世話になった方は5,000〜10,000円の品物を用意するのが相場です。実際に、株式会社シニアコムが2016年に行った調査では、38.8%の人が3,000〜4,000円の品物を贈るとしており、もっとも多くなっています。

参考:
[お歳暮を贈るシニアは7割近く 一方、いつまで続ければいいのか、困っているシニアも|SankeiBiz(サンケイビズ)] (http://www.sankeibiz.jp/business/news/161205/prl1612050932011-n1.htm):blank
  

お歳暮の基本的なマナー

年の暮れに送る贈り物である「お歳暮」は、直接訪問して手渡しするのが慣例となっていました。現代では、宅配便で送るのが一般的となっています。

では、お歳暮にはどういったマナーがあるのでしょうか。

・お歳暮を贈る時期
・お歳暮の渡し方
・表書きのルール
・品物選びのポイント
・相手が喪中の場合のマナー
・お返しのマナー

上記の6つの項目について解説します。
  

1. お歳暮を贈る時期

地域によって若干の差はありますが、お歳暮は11月下旬~12月20日頃に贈るのが一般的です。

もし年内に間に合わなかった場合は関東地方では1月7日(松の内)までに、関西地方では15日までに「御年賀」として送りましょう。また、立春(2月4日頃)までなら「寒中御見舞」として郵送する方法もあります。

その際は、年内にお歳暮として贈れなかったことをお詫びした上で、年明けに贈る旨を手紙か電話で伝えておきましょう。

また、お歳暮はお中元とセットで贈るべきだとされています。どちらか1つしか贈れない場合は、1年の感謝を込めてお歳暮を贈りましょう。
  

2.お歳暮の渡し方

お歳暮はもともと直接持参するものですが、現在では宅配便で郵送するのが主流です。取引先や上司、同僚などの関係性を考えて持参するのか宅配で送るのかを選びましょう。

参考:
[正しい贈り方は?喜ばれるものは?知っておきたい、ビジネスお歳暮のポイント|高島屋] (http://www.takashimaya.co.jp/shopping/gift/story/FA13963/wintergift/008.html):blank
  

宅配

お歳暮を宅配で贈る際には、品物自体だけでなく、品物を送った事を伝える「送り状」も合わせて送りましょう。送り状は品物よりも前に届くよう郵送してもいいですし、品物自体に添付しても構いません。

内容としては、1年間のお礼を述べるだけではなく、品物の内容も記載します。品物よりも前に郵送する場合、お歳暮が届く時期も記載しておくといいでしょう。また、お歳暮の時期は、郵送する荷物量が増えるため、通常とは異なる宅配スケジュールとなる場合があります。余裕を持って手配をするよう気を付けてください。

参考:
お歳暮を宅配で贈るマナー|楽天市場
  

持参

持参する際は、事前に担当者と連絡をとり、都合のいい日時に訪問するようにしましょう。

訪問の際には玄関やエントランスで渡さず、部屋に通されてから渡すようにします。相手が椅子に座る前か、座った直後に風呂敷やデパートの袋から出し、渡すのがマナーです。先に部屋に通されている場合は、相手が来る前に風呂敷や袋から出しておきましょう。

渡す際には、品物に両手を添えて「今年も一年お世話になりました。お口に合うかわかりませんが……」や「形ばかりですが、お礼の気持ちです」といった挨拶の言葉を伝えるようにします。紙袋はたたみ、部屋に置き忘れてしまわないようにしましょう。

参考:
お歳暮を持参するマナー|楽天市場
  

3. 表書きのルール

表書きとは、文字が書かれた用紙であり、品物を包み込むようにつけられます。品物が届く時期に合わせて、表書きも変えるようにしましょう。

・11月下旬~12月20日ごろ:お歳暮
・年明け〜1月7日(松の内)まで/関西地方では15日まで:御年賀
・2月4日頃まで:寒中御見舞

百貨店や贈答品の専門サイトで表書きを選択する際の参考にしてみてください。表書きの宛名は先方の会社名か代表者名、あるいは関係する部署の代表者名や担当者名にするのが一般的です。

また、宅配の場合、品物に直接「のし」をつけ、個包装する「内のし」というかけ方にするのが一般的です。一方持参する際は、品物を個包装した上に「のし」をつける「外のし」が一般的です。
  

4. 品物選びのポイント

お歳暮で贈る品物には基本的にルールはありません。相手の家族構成や好きなものを考えて、邪魔にならないものを贈りましょう。なお、一般的に以下のような品物は贈り物には適さないので、注意してください。

・"踏みつける" と連想されるもの(靴下や靴など腰より下に身に着けるもの)
・下着やアクセサリーなど身に着けるもの
・手作りの品物

  

5. 相手が喪中の場合のマナー

お歳暮は年賀状のようにお祝いごとの品物ではないので、相手が喪中の時でも贈っても構いません。ただし、故人が亡くなった直後は避け、四十九日が過ぎてから贈ります。

さらに、贈る相手が気にされる方の場合は、「お歳暮」ではなく、「粗品」という表書きに変更しましょう。
  

6. お返しのマナー

お歳暮は基本的にお返しする必要はありません。品物が届いたら相手に、お礼の連絡を入れた上で、後日お礼状を出すようにしましょう。また、どうしてもお返しをしたいという方はお中元など別の機会で品物を贈るといいでしょう。
  

送り状(添え状)・お礼状に書く内容

お歳暮を宅配便で郵送する際には、送り状を添えるのがマナーです。また、お歳暮が送られてきた際にはお礼状を出す様にしましょう。

ここでは送り状・お礼状に書く基本的な内容を紹介します。
  

送り状に書く内容

送り状は以下の様な流れで書きます。

・頭語(「拝啓」「前略」など)
・時候の挨拶
・安否を尋ねる挨拶
 ※「ご隆昌のこととお慶び申し上げます」「ご健勝のこととお慶び申し上げます」など
・今年中にお世話になったことに対する挨拶
・お歳暮を贈る旨
・来年に向けての挨拶
・結びの挨拶
 ※「末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます」「近いうちにまたご連絡いたします」など
・結語(「敬具」「草々」など)

お歳暮は季節の品物なので、特に時候の挨拶は忘れないようにしましょう。

以下のページでは、送り状の書き方の例文が紹介されているので、参考にしてみてください。

参考:
お歳暮の挨拶・添え状のマナー|楽天市場*blank
  

お礼状に書く内容

お歳暮をいただいた際には、感謝の気持ちを伝える「お礼状」を送りましょう。手紙の一般的なマナーに則り、以下のような流れで記載します。

・頭語(「拝啓」「前略」など)
・時候の挨拶
・安否を尋ねる挨拶
 ※「ご隆昌のこととお慶び申し上げます」「ご健勝のこととお慶び申し上げます」など
・お歳暮が届いたことのお知らせと感謝の言葉
・いただいた品物の感想や、社員・家族など他の者も喜んでいるという旨
・結びの挨拶
 ※「末筆ながらますますのご活躍をお祈り申し上げます」「近いいうちにまたご連絡いたします」など
・結語(「敬具」「草々」など)

お礼状は手書きで書くのが一般的ですが、ビジネスの場合は定型文を印刷したものを返送しても構いません。もし、お礼状を送るのが遅れてしまった時には、文章の中で一言お詫びの言葉を添えておくようにしましょう。

参考:
お歳暮のお礼状の書き方・例文|ビジネス関係・知人・友人へのお礼状
  

お歳暮をやめる時のマナー

お歳暮は継続して毎年贈るのが原則となっています。ですが、「以前は取引があったけれど、今はあまり接点がないのでお歳暮を贈るのはちょっと……」という場合もあるかもしれません。ここでは、お歳暮をやめる際の基本的なマナーを紹介します。
  

自分が贈るのをやめたい時

自分が贈るのをやめたい時に決まったルールはありません。相手との良好な関係を保つためには、最後に贈るお歳暮に一言添えるなどの配慮をするのもいいでしょう。

相手から贈ってくるのをやめてほしい時

自分のもとに届くお歳暮をお断りしたい時は、1度受け取った上で同程度の金額の品物とお礼状を贈るのが一般的です。

お礼状には品物に対するお礼だけでなく「今後はお気遣いなさいませんように」といった明確なお断りの言葉を入れておくようにしましょう。

参考:
押さえておきたいお歳暮のマナー|高島屋オンラインストア
基本のギフトマナー講座|お中元・お歳暮編|通販のベルメゾンネット
お歳暮のマナー|ゆうびん.jp
  

お歳暮を購入できるネットショップ10選

特にビジネスシーンの場合、顧客や協力業者などお歳暮の数も多くなります。そのため、百貨店などの店舗を訪れて1つひとつ手続きするのは手間がかかるでしょう。

そんな時には、お歳暮を購入できるネットショップが便利です。特に百貨店の場合、用途に合わせて「のし」や包装が選べるなど細かい対応が可能であり、お歳暮の品揃えも豊富です。

ここでは百貨店や大手ネットショップを中心に、お歳暮を購入できるネットショップを紹介します。
  

1. 高島屋オンラインストア

高島屋のお歳暮2017___おすすめ人気のギフト___全国送料無料通販___高島屋オンラインストア.png
http://www.takashimaya.co.jp/shopping/gift/wintergift/

受付期間:2017年12月24日午前10時まで

大手百貨店の高島屋のが運営するネットショップです。洋菓子や和菓子、フルーツ、酒といった定番の商品を揃えているほか、日本絵画の名作を箱にあしらった高島屋限定の品物も販売されています。

動物の形をした饅頭やいちごを丸ごと使ったアイスなど、SNS映えする見た目の商品を特集した特設ページも用意されているので、若い女性が多い取引先などに送る際は参考にしてみるのもいいでしょう。

参考:
フォトジェニックスイーツ&集いのグルメ|高島屋オンラインストア
  

2. 三越オンラインストア

三越のお歳暮2017|全商品、日本全国送料無料|三越の公式オンラインストア.png
http://mitsukoshi.mistore.jp/seibo/index.html

受付期間:2018年1月9日午前10時まで

三越伊勢丹グループが運営しているネットショップです。スイーツの名店とコラボした限定品のほか、ネットショップでは店舗では買えない品物も取り扱っています。

電子書籍の形式で品物の内容をチェックできるデジタルカタログも公開されているので、お歳暮を何にするか迷っている方は参考にしてみるといいでしょう。
  

3. 近鉄百貨店ネットショップ

近鉄百貨店ネットショップ|お歳暮近鉄百貨店ネットショップ|.png
http://shop.d-kintetsu.co.jp/shop/r/r02/

受付期間:2017年12月25日午後6時まで

大阪府を中心に展開している近鉄百貨店のネットショップです。定番の商品からネットショップ限定商品まで幅広く揃えています。

また、大阪や京都などの近鉄沿線にある名店の商品も取り扱っているのが特徴です。送る取引先と縁の深い店舗の品物を贈れば、取引先との会話も広がるでしょう。
  

4. 京王百貨店ネットショッピング

京王百貨店のお歳暮通販サイト|京王百貨店_京王ネットショッピング.png
https://shop.keionet.com/wgift/

受付期間:2017年12月24日まで

新宿から八王子までを結ぶ鉄道「京王線」沿線で展開している京王百貨店のネットショップです。酒やスイーツといった定番商品だけではなく、手土産として持参しやすい個包装されたスイーツなどの取り扱いも豊富です。

知人や取引先へ贈るのではなく、自宅向けに購入するお歳暮の特設ページがあるのもユニークです。
  

5. 東急百貨店ネットショッピング

お歳暮ギフト2017 _ ギフト通販なら東急百貨店ネットショッピング.png
https://www.tokyu-dept.co.jp/ec/cmShopTopPageC.html

受付期間:2017年12月25日午後5時まで

西東京から神奈川県で展開する東急百貨店のネットショップです。東急東横線沿線に所在する和菓子店・洋菓子店の品物を特集したページも掲載されており、地域の名店の商品を購入できます。

また、住所録をまとめたアドレス帳機能も提供しており、取引先への一斉郵送にも便利です。Excel形式の住所録をインポートすることも可能なので、すでに郵送先が決まっている場合は活用してみるといいでしょう。
  

6. 大丸松坂屋オンラインショッピング

お歳暮ギフト2017|大丸松坂屋オンラインショッピング.png
http://www.daimaru-matsuzakaya.jp/oseibo/

受付期間:2017年12月23日まで

全国で展開している百貨店大丸松坂屋のネットショップです。通常価格より安くなっているセール情報も掲載されているほか、来年度の干支をモチーフにした品物の品揃えも豊富です。

全国送料無料なので遠方の取引先へも郵送しやすいでしょう。
  

7. 郵便局

お歳暮2017の定番・人気ギフト通販なら|郵便局のネットショップ.png
http://www.shop.post.japanpost.jp/shop/pages/oseibo.aspx

受付期間:2017年12月17日まで

郵便局のネットショップでもお歳暮を取り扱っています。郵便局では、各拠点で6,000〜20,000円程度の価格帯の高い品物を扱っている「プレミアムお歳暮」や、ビールや日本酒などの酒類を特集した「お酒ギフト特集」のようなコンセプトごとにカタログが配布されています。

ネットショップでは、それらのカタログに合わせた特設ページが用意されているので、紙のカタログを参照しながら買い物ができます。
  

8. イオンオンラインショッピング

2017年_お歳暮・冬ギフト特集___イオンショップ.png
https://www.aeonshop.com/shop/pages/oseibo.aspx

受付期間:2017年12月25日午前9時まで

ショッピングセンターのイオンが運営しているネットショップです。12/25まで注文を受け付けており、お歳暮としてだけでなく、年明けから1月7日まで(関西地方では15日まで)に届ける「御年賀」にも対応しています。

価格やキーワードを自由に指定して検索が行えるので、自分の求める品物を検索しやすいのもメリットです。
  

9. Amazon

2017お歳暮・お年賀・冬のギフト特集___ネット通販___Amazon.co.jp.png
https://www.amazon.co.jp/お歳暮-ビール-ハム-グルメギフト/b?ie=UTF8&node=71750051

受付期間:商品ごと

大手ネットショップAmazonでもお歳暮の特集ページを開設しています。菓子や酒類といった定番の商品のほかにも万年筆のような高級筆記用具や、スマートウォッチなどの最新のガジェットも取り揃えています。ギフト設定からラッピングや「のし」の設定が可能です。ただし、「のし」は商品にシールとして貼られ、名入れはできないので注意してください。

参考:
ギフトラッピングについて|Amazon.co.jp ヘルプ
  

10. 楽天市場

【楽天市場】お歳暮特集2017|ランキング入りの人気ギフトから、煎餅・ビール・ハムなどの定番ギフトまで、充実の品揃え.png
https://event.rakuten.co.jp/oseibo/

受付期間:商品ごと

大手ネットショップ楽天市場では、お歳暮に合わせて特設ページの開設だけでなく、様々な企画も行っています。対象商品は通常の10倍もの楽天ポイントが付与されるほか、楽天市場のふるさと納税サービスを利用して返礼品をお歳暮として郵送することも可能です。

また、三越や高島屋など大手百貨店で取り扱っている商品を購入することもできるので、複数の百貨店の品物を1度に購入したい際にも役立つでしょう。
  

まとめ

お歳暮を贈る時の基本的なマナーとしては以下のとおりです。

・渡す時期:11月下旬~12月20日頃
 ※この時期を過ぎたら「御年賀」や「寒中見舞い」として贈る
・品物:相手の家族構成や趣味に合わせて選択する
・品物の金額:3〜4,000円が相場
・お返し:お返しは基本的にお礼状のみ

また、お歳暮を贈るのをやめたい際はただ黙ってやめるのではなく、最後にお礼状を添えて気持ちを伝えるようにしましょう。現在では、ハムやジュースといった食料品だけでなく、カタログギフトやギフト券といった品物もお歳暮向けの贈答品として販売されています。

お歳暮は1年の感謝を表す品物でもあります。好きなものや家族構成などに合わせて、相手に喜ばれる品物選びを心かげましょう。