ブログやYouTube、Instagramなど、Webマーケティングで様々な手段を講じている企業も増えてきました。しかし、複数のメディアを使い分けているにもかかわらず、Podcastについては未対応のところも多いのではないでしょうか。

Podcastは、今もなお人気を誇っており、スマートスピーカーの設置急増によりさらに注目されています。配信が面倒だと思われがちですが、今回紹介するアプリ「Anchor」を使えば、簡単に高品質なPodcast番組の制作が可能です。

そこで今回は、あっという間にPodcast配信できる「Anchor」で、自分のチャンネルを配信する簡単3ステップを紹介します。面倒どころか、簡単すぎて何番組も連続して作れてしまうかもしれません。この記事で、作り方をマスターしましょう。

なぜいま「Podcast」なのか?

photo.jpg
イメージ画像 / Unsplash

Podcastは2005年頃からスタートした、音声を中心とするラジオ番組のようなものです。当時一世を風靡した「iPod」と放送を意味する「Broadcast」を合わせた造語です。Podcast配信のことを「ポッドキャスティング」、またPodcast配信者のことを「ポッドキャスター」と呼ぶこともあります。

Podcastの人気はピークを過ぎていますが、今なお人気は健在です。社会学者でポッドキャスターのJosh Morgan 氏によれば、2015年6月時点で登録されているPodcastは20万番組、そのうちアクティブな番組は5万番組にのぼります。

pc.png
引用:Josh Morgan

しかし、この数値は、裏を返せば「Podcastを配信し続けること」の難しさをも物語っています。Josh Morga 氏によれば、最も継続されているアクティブなPodcast番組のカテゴリーベスト3は「ニュースと政治」(61%)「キリスト教」(59%)「スポーツと娯楽」(53%)となっています。一方で、「芸術」「文学」(ともに29%)「教育(K-12)」(25%)「ポッドキャスティング」(23%)については継続が難しいことがわかっています。

現在、Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマートスピーカーの普及率は期待していた以上に上昇しています。TechCrunchによれば、2018年1月時点で、約3900万人のアメリカ人がスマートスピーカーを所有しており、これは全アメリカ国民の16%にものぼるといいます。

TechChrunchの統計では、スマートスピーカーが自宅にやってきたことで、従来型のAM/FMラジオ機器の電源をつける機会が最も減ったそうです。かつては外出時にイヤホンをしながら楽しんでいたPodcastですが、今後は自宅で楽しむものとして利用されることになるかもしれません。

参考:
How Podcasts Have Changed in Ten Years: By the Numbers
39 million Americans now own a smart speaker, report claims | TechCrunch