Facebookやインスタグラム、Twitterなどの各SNSを始め、さまざまなプラットフォームで重要視されているコンテンツのひとつに「動画」があります。

動画を使用した商品やサービスのプロモーション、ブランドイメージの訴求などを行う企業が増えていますが、そもそもなぜ動画がプロモーションに効果的なのか、そのメリットを言語化できているでしょうか。

今回は、動画をプロモーションに使用する主なメリット3つをご紹介します。

併せて、成功のポイントや注意点もご紹介していますので、特にこれまで動画を使用していなかった方や使用し始めたばかりの方など、動画を使用したプロモーションが初心者の方は本記事を参考に、動画の有効性を今一度確認しておくことをオススメします。

動画をプロモーションに使用する主なメリット3つ

1.一度に伝えられる情報量が多い

動画の場合、ビジュアルや音、動き、テキストなどのさまざまな要素が含まれているため、テキストのみの広告に比べて何倍もの情報量があります。
人間は情報を五感で認知するため、例え情報量が多くても動画であれば問題ありません。

テキスト広告バナー広告などと異なり、短時間で一度に多くの情報を伝えることができる点は、動画の大きな強みです。

2.スマートフォンユーザーに伝わりやすい

通勤通学の時間や、寝る前など、パソコンに比べ手軽に使えて触る機会の多いスマートフォンでも視聴できるため、動画であっても多くの人にリーチします。
Facebookやインスタグラム、Twitterなど、スマートフォンユーザーが頻繁に使用するプラットフォームでも動画を配信できることもポイントです。

近年では、主にスマートフォンユーザー向けに配信する「縦動画」も普及しつつあります。
視聴してほしいターゲットがスマートフォンのヘビーユーザーであるなら、縦型動画の検討もオススメです。

参考:
縦動画、取り入れてる?作成のポイントとオススメ編集アプリ5選|ferret [フェレット]

3.ユーザーの印象に残りやすい

動画では、静止画以上にさまざまな表現方法が可能です。
必要な情報を余すことなく載せて行動を促す広告や、個性的な動画でユーザーの認知を高めているものなどを目にするのではないでしょうか。

短い音声フレーズ、個性的なキャラクター、動画構成などででユーザーの記憶に残るように働きかけている例は数多くあります。
ターゲット層に応じて適切な形で印象に残る広告を配信できることは動画を使用したプロモーションの大きな強みです。

最低限知っておきたい動画マーケティングを成功させるポイント3つ

1.「ターゲット」と「目的」をはっきりさせる

動画を使用したプロモーションに限りませんが、プロモーションの目的やターゲット等を明確に定めることが重要です。

具体的なターゲット設定を行わないまま進めてしまうと、情報を届けたいユーザーに届けることができずに多くのメリットを持つ動画マーケティングの効果も失われてしまいます。

またターゲットや目的に応じて、必然的に動画の構成も変化します。

まずはターゲットは性別、年代、職業や嗜好など、しっかりセグメンテーションを行いターゲット像を設定します。

加えて、商品購入や、ホームページの訪問、予約フォームへの移動なのかなどプロモーションを行う具体的な目的を定めてください。

2.媒体ごとの特徴を意識する

Twitter、Facebook、インスタグラム、YouTube、自社のホームページなど動画を掲載できるプラットフォームはさまざまですが、それぞれの媒体に特徴があります。
例えば、よく利用する年代や閲覧数の多いジャンル、秒数などは媒体によって多種多様です。

例えば、小中学生をターゲットにするならYouTube、高校生から大学生にはインスタグラム、ビジネスマンに向けるならFacebook、といったようにターゲットごとに使用する媒体を変化させることがオススメです。

ターゲット層がどの時間帯に、どの媒体を利用するのか調べた上で媒体を選択してください。

3.動画冒頭にわかりやすいメッセージを配置する

動画マーケティングにいて最も重要な部分は、動画の冒頭です。
Twitterの場合はサムネイルで自動再生される部分、YouTube広告の場合はスキップ不可の冒頭5秒間、インスタグラムの場合はストーリーズの冒頭部分などが該当します。

多くの場合、ユーザー広告がリーチした場合ほぼ必ず閲覧される部分が動画冒頭です。

ここでいかにユーザーの関心を引けるかが動画を使用したプロモーションの成功のカギとなります。
割引の情報や、ターゲットが求めている機能など、「続きを見たい」と思わせる情報を動画の冒頭に必ず盛り込むようにしましょう。

最低限知っておきたい動画マーケティング3つのポイント

1.尺を長くしすぎない

動画を視聴してもらう上で重要となるポイントのひとつに、動画を長くしすぎないことが挙げられます。
シリーズものなど一部例外はありますが、基本的には30秒以内にまとめることをオススメします。
カットを多用して無駄な部分をカットしたり、ホームページに誘導する役割にのみ特化したりするなど、目的と情報を絞って動画を短くするようにしましょう。

なお、使用するプラットフォームによって投稿できる時間に制限がある場合もあります。
目的や配信媒体などによって最適な動画の尺については、ferret内の以下の記事を参照してください。

参考:
動画の"尺(長さ)"を徹底研究!制作前に押さえておきたい4つのデータ

2.動画の画質に注意する

自社の商品やサービスを動画の中でより美しくダイナミックに見せるためには、動画の画質を上げることが最短手段です。
しかし「高画質」な動画の配信には、注意も必要です。

多くのスマートフォンユーザーはデータ通信料に気を配っています。
そのため、データ通信量を消費しやすい高画質動画はWi-Fi環境下などではそれほど問題にはなりませんが、スマートフォンのデータを使用しての視聴は敬遠されがちです。

動画を視聴してほしいターゲットがスマートフォンユーザーなのであれば、あえて画質を落とすことも成功の秘訣になり得ます。

3.動画素材の著作権に留意する

オリジナル動画を作成するにあたって画像やBGMをインターネットから流用する場合、著作権を侵害していないかどうかを確認する必要があります。
著作権については、分かっていても実際に動画を作成する際には多くの方が見落としがちなポイントです。
著作権の侵害はトラブルのもととなりますので、注意して素材を集めてください。

まとめ

KDDI株式会社の「au」のCMを思い浮かべてください。
テレビCMはもちろん、同様の動画がインターネット上でも配信されていますが、非常に特徴的かつストーリー性があるため、auのユーザーでなくても強く印象に残っているのではないでしょうか。

動画を使用したプロモーションはユーザーの印象に残りやすく、動画の中で特徴的な演出を行ったり耳に残る効果音を使用したりすることで、ブランディングに大きく役立てることができます。

今回ご紹介したメリットや成功のポイント、注意点は、どれも基本的なことです。

基本的なことだからこそ、特にこれから動画を使用したプロモーションを検討している方などは必ずおさえておきましょう。