日本国内だけでもさまざまなブログ投稿プラットフォームがありますが、物足りなさを感じていませんか?

Webメディアにおいてもユーザー体験」「読後感」といったキーワードが注目されており、単に文章を載せただけのメディアは読まれにくくなっています。果たして、どのような工夫をすれば、より読まれるようになるのでしょうか。

そこで今回は、最高の読後感を提供するハイセンスなブログが作れる「Caramella」というサービスをご紹介しながら、読まれるブログに重要なキーワードを紐解いていきます。こちらのツールは初心者でも説明不要で利用できるので、ぜひ使ってみてくださいね。

「Caramella」とは?

01.jpg

Caramellaは、ユーザー体験がより重視される昨今のWeb環境において、執筆体験と読後感にこだわったモダンなブログプラットフォームです。

WordPressだとカスタマイズが大変そうで、執筆に集中できない。Mediumだと淡白でコンテンツの良さが伝わりきらない。そうした懸念は、Caramellaで解決されるでしょう。

Caramellaを使えば、ドラッグ&ドロップでセンスのいいデザインをあっという間に作ることができ、執筆にも集中できるUIを採用しています。いわばWordPressやMediumのいいところだけを採用し、欠点を取り除いたプラットフォームだと言えます。

Caramellaには80以上のスタイリングされたテンプレートが用意されており、どのブログ投稿記事もそれぞれにユニークなスタイルを適用することができます。Mediumでは「読む」ことに非常に重点を置いていますが、Caramellaではよりビジュアル化された、「目で見ても楽しい」記事に仕上げられるデザイン性の高さが特徴です。

「Caramella」に見る2つのキーワード

ブログを執筆するためのプラットフォームは山のようにありますが、「Caramella」はどこが優れているのでしょうか。2つのポイントがあります。

執筆体験 (Authoring Experience)

スライド1.jpg

なかなか思うように記事が書けない、その理由は、無機質なWISIWIGエディタのせいかもしれません。コンテンツの価値がますます評価される現代では、コンテンツを生み出しやすい環境もより重要になります。

そのため、読み手だけでなく、書き手にも「執筆体験」(Authoring Experience)を提供することが、ブログプラットフォームに与えられた課題だと言うことができるでしょう。この部分だけ文字を大きくしたい、ここにはグラフを差し込みたい、といったニーズにも、ストレスなく対応できることが大切です。

Caramellaでは、80以上のテンプレートに加えて、20以上のウィジェットにも対応し、さまざまな種類のデータを差し込めます。また、人工知能によるオートレイアウト・オートカラーリング機能にも対応しているので、文章を書きながら同時にセンスに富んだ、まるで「雑誌」のようなWebページが完成します。

読後感 (Reading Impression)

スライド2.jpg

もう一つ、重要なキーワードとして、「読後感」(Reading Impression)が挙げられます。読後感とは「記事を読み終わった後に得られる全体的な記事の印象」のことを指します。

読後感は、概して文章の内容の良し悪しに関係していると思われがちですが、実際にはそうではありません。スペースの取り方やフォントのタイポグラフィ、色使いや装飾といった、視覚的なデザインに関わるところも多く関係しています。書店に行けば中身以上に装飾に工夫している本が沢山見つかります。

コンテンツの鋭さはもちろん必要ですが、視覚が読後感を補完します。Caramellaでは、イマジネーションの湧き出る、さまざまなテンプレートが用意されているので、読後感にもこだわったWebページを作成することができるのです。