ネットショップ向けの「Googleショッピング広告」を知っていますか?Googleショッピング広告は「Google AdWords」で利用できる検索連動型広告の一つです。

ネットショップで売り上げを伸ばすには、どれだけ商品購買意欲の高いユーザーを集客するかが重要となります。検索連動型広告は、商品に興味があるユーザーを集めるのに効果的な広告ですが、テキスト広告だけでは魅力が伝わりにくい場合もあるでしょう。

そこでうまく利用したいのがGoogleショッピング広告です。Googleショッピング広告は、商品の写真や価格などを表示できます。テキスト広告だけだと伝わりわかりにくかった商品特徴を、視覚的にアピールできるようになります。

今回は、ネットショップの集客、売り上げアップに効果的なGoogleショッピング広告の特徴と広告出稿の流れを紹介します。

Googleショッピングとは

Googleshop_-_1.jpg
Google

Googleショッピング広告とは、「Google AdWords」のショッピングキャンペーンで作成された検索連動型広告です。以前は商品リスト広告と呼ばれていました。

Google検索エンジンGoogleショッピングで、ユーザーが検索したキーワードと関連深い商品の写真や商品名、価格を表示し、ネットショップの個別商品購入ページへ誘導します。

Googleショッピング広告の掲載位置は、検索結果の一番上位部分です。テキスト広告や自然検索よりも上部に表示されるので、ユーザーにとって視認しやすい広告と言えるでしょう。

Googleショッピング広告の料金体系

Googleショッピング広告は、テキスト広告と同様にユーザーがクリックした時に初めて料金が発生するPPC(Pay Per Click)広告です。

広告表示回数にかかわらず、ユーザーがクリックした分だけ広告料金が発生します。広告主は、広告を表示させたいキーワードを入札し、その入札価格によってクリック単価が決定します。入札額は広告主が自由に設定可能です。ただし、同じキーワードの入札価格があまりにも低すぎると、広告が表示されない可能性もありますので注意しましょう。

商品ショッピング広告とショーケース広告

Googleショッピング広告は、「商品ショッピング広告」と「ショーケース広告」の2種類があります。

商品ショッピング広告は、商品画像や商品名、価格、店舗へのリンクなどを表示できる広告です。1つの商品を個別にPRするのに優れた広告となります。

これに対し、ショーケース広告は関連する複数の商品をカタログのように表示できる広告です。個別に商品を紹介するよりも、ブランドやネットショップ全体をアピールすることに優れています。

ショーケース広告は、世界15ヶ国で利用されていますが、日本ではまだ利用ができません。現在、日本で利用できるのは商品ショッピング広告のみとなっています。Google AdWordsでは、日本でもすでにリニューアルベータ版が導入されていますので、リニューアルが完全に終了した後は日本でも利用できるようになるかもしれません。