資料を作成したりデータをまとめたりなどをする際、どのような形式の図を使用すればよいのか迷った経験はありませんか。

データの種類や内容によって、適した図は異なります。初心者の方はなれるまで「どの図を使用すればよいのか」という判断に困ってしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、Microsoft Office Excel・PowerPointや、Numbers・Keynoteなどを使用して、データの整理をする際に覚えておくと便利なチャート図7種類を紹介します。

A.マップ型

マインドマップ

マインドマップ.JPG
ひとつの言葉から派生した言葉を、自由に書き足していくチャート図です。分析をまとめる前の情報整理や、アイデア発想の手段として使用します。

後述しているロジックツリーやリスト型のチャート図を作成する際に、各要素に記載する内容をマインドマップで可視化しておくと、データをまとめやすくなります。

ロジックツリー

ロジックツリー.JPG
ロジックツリーとは、テーマとなる要素を分解して並べ、関連トピックを整理するチャート図です。

マインドマップや組織図と似た形状ですが、ロジックツリーは階層が下がるごとにひとつの要素からトピックが広がっていきます。

ロジックツリーは単体で分析をするよりも、マインドマップと同様に複数の分析と組み合わせることがおすすめです。

マインドマップが比較的自由度が高いことに比べ、ロジックツリーはある程度形が決まっているフレームワークなので、枠に沿ってテキパキ考えたいという方にはロジックツリーがおすすめです。

B.マトリックス型

2軸のマトリックス

2軸マトリックス.JPG
マトリックス型の基本的なチャート図です。

縦軸と横軸の2つの軸をクロスさせて図を4つの象限に区切り、要素を記入して分析を行います。

マトリックス型を用いた分析は多く、PPM分析やアンゾフの成長マトリックス、TOWS分析など幅広い分析で活用できます。

チャート図を用いた分析するなら、まず2軸マトリックスから使ってみましょう。

バブルチャート

バブルチャート.JPG
先に紹介した2軸のマトリックスをさらに発展させたのが、バブルチャートです。通常の2軸に加え、バブルの大きさで3つめのデータを表します。

こちらもPPM分析など、2軸で表すチャート図にさらにデータを加えたい分析で活躍します。

なお、比較するデータの量が多すぎるとバブルが見えづらくなってしまうので注意してください。

C.プロセス型

サイクル

サイクル.JPG
サイクルは、矢印を用いて作業の手順や利害関係などを示したチャート図です。循環のサイクル、手順のサイクルなどのバリエーションがあります。

このチャート図は、PDCAサイクルのように繰り返し行う分析などに向いています。

一度習得するとパターンとしていつでも使えるため、ぜひ覚えておきましょう。