内容に応じてシンプルに表現できる図を選ぼう

どのチャート図を利用するかは、データ内容によって変わります。

慣れるまではどの図を使えばデータをわかりやすく表現できるのか、判断が難しく感じることもあるかもしれません。ExcelやNumbersなどにデフォルトで搭載されているサンプルデータを使って、実際に作図の練習を繰り返すと早く上達します。

作図の際は、「シンプルであること」「統一感をもたせること」を意識すると、チャート図を見やすく仕上げられます。

伝わるプレゼン資料のコツとは

プレゼン(プレゼンテーション)資料の参考になる作り方のコツ10選&資料例2選

プレゼン(プレゼンテーション)資料の参考になる作り方のコツ10選&資料例2選

記事では、誰でもすぐに実行できる、プレゼン資料作成のコツ10選と秀逸なプレゼン資料を閲覧できるWebサイトを紹介。コツを押さえて、自分のプレゼンテーション内容や構成に近い資料を見つけ、パワーポイント(PowerPoint)などでの資料作成の際の参考にしましょう。

初めてのプレゼン資料作りに役立つ!他社から学ぶ伝わる資料の作り方

初めてのプレゼン資料作りに役立つ!他社から学ぶ伝わる資料の作り方

5月に入り、新入社員の方はプレゼン資料を作る機会が出てきたのではないでしょうか?プレゼン資料は一見雑務のように感じますが、この作り方次第でプレゼンの質は変わり、それが最終的に評価に繋がるので、新入社員時代からプレゼン資料の正しい作り方を知っておくことが重要です。この記事では、5つの企業のプレゼン資料を紹介し、そこから学べる資料作りの基礎から応用をお伝えします。既にプレゼン資料作りに慣れている方も参考になるかと思いますので、ぜひ振り返ってみてください。