昨今、SNSでインスタントウィンキャンペーンを実施する企業が増えており、キャンペーン運営のコスト削減や、情報拡散による認知拡大効果などのメリットがあると言われています。

この記事では、企業がSNSキャンペーンに活用できるインスタントウィンツール15選を紹介するとともに、特徴メリットも解説します。

SNSを駆使して商品・サービスの認知拡大を図りたい企業担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

目次

  1. インスタントウィンとは
  2. インスタントウィンキャンペーンのメリット
  3. インスタントウィンツールを選ぶポイント
  4. 複数SNSに対応可能なインスタントウィンツール9選
    1. Booster(ブースター)
    2. dgiftSNS(ディーギフト)
    3. Social Insight(ソーシャルインサイト)
    4. Atatter F Pack(アタッター)
    5. PARKLoT(パークロット)
    6. OWNLY(オウンリー)
    7. echoes(エコーズ)
    8. Shuttlerock BBF(シャトルロック)
    9. キャンつく
  5. Xに特化したインスタントウィンツール6選
    1. ATERU(アテル)
    2. ラクスタ
    3. giff letter(ギフレター)
    4. giftee(ギフティ)
    5. Beluga(ベルーガ)
    6. RTWIN
  6. インスタントウィンツールでキャンペーン成果を高めよう

▼LINEキャンペーン企画・運用のコツはこちらでチェック

LINEキャンペーン企画・運用のコツ

LINEキャンペーン企画・運用のコツ

自社フォロワーをファンにするきっかけ!LINEキャンペーン企画・運用のコツについて解説致します。

インスタントウィンとは

インスタントウィンとは懸賞手法のひとつで、ユーザーが応募したその場で抽選が行われ、即時で当落が分かる仕組みです。X(旧:Twitter)やInstagramなどのSNSで、フォロワー獲得商品・サービスの認知拡大を目的に実施されています。

一例として、2023年秋にユニクロが実施しているインスタントウィンの告知を見てみましょう。

Xでキャンペーン告知ポストを見たユーザーが、アカウントをフォローしてリポストをすると、抽選結果が自動リプライで即時に送られます。

当選したユーザーは、ユニクロ公式アカウントにダイレクトメッセージを送って賞品配送先を伝え、後日、賞品を受け取ることができる、というキャンペーンフローになっています。

参考:#ユニクロツーリズムSNSキャンペーン

キャンペーンの種類

インスタントウィンキャンペーンには、大きく分けて、以下3つのパターンがあります。

● フォロー&リポスト

「フォロー&リポストキャンペーン」はユーザーが企業公式アカウントを「フォロー」して、キャンペーン告知投稿を「リポスト」すると、自動で抽選画面へ案内されます。抽選が始まり即時当落通知が行われる、というパターンです。

ユーザーは簡単なアクションだけで懸賞に参加でき、その場で抽選結果が分かるのがメリットです。

キャンペーン実施企業にとっては、SNSのフォロワー獲得を促進できます。同時に自社のSNS投稿の拡散認知拡大が期待できるメリットもあります。

● ハッシュタグキャンペーン

「ハッシュタグキャンペーン」は、ユーザーに「フォロー」だけではなく、「キャンペーン投稿を引用ポストし、その際に企業側が指定したハッシュタグを付けて投稿してください」と促すものです。

たとえば、アサヒスーパードライは2023年のラグビーワールドカップ開催に合わせて「#ラグビー観るならスーパードライ」というハッシュタグキャンペーンを実施しました。

このキャンペーンは「#ラグビー観るならスーパードライ」というハッシュタグをX上で拡散させ、「スポーツ観戦しながら、スーパードライを飲もう」という認知・想起の広がりを目指したものだと推察できます。

● 指定のURLに遷移して実施

SNSでキャンペーン告知をして、応募ユーザーには指定のURLランディングページやアンケートページなど)に案内し、そのページ上で抽選実施、というパターンも存在します。

たとえばJCBはInstagram上で、フォローとアンケート回答でgiftee Cafe Boxが当たるインスタントウィンキャンペーンを告知していました。Instagramで公式アカウントをフォローしてアンケートに回答すると、自動リプライが送られてきて、当落が分かる流れです。

参考:【JCB公式】LINDA Instagram限定 50名様にその場で当たる!ゲリラキャンペーン 第5弾

インスタントウィンツールが必要

インスタントウィンの仕組みの構築は、インスタントウィン実施に特化したツールを導入することで可能になります。

たとえば、自社のXアカウントとツールを連携することで、X上でインスタントウィンキャンペーンの実施ができるようになります。

インスタントウィンツールでは、「自動抽選」「自動リプライ」が行えます。それ以外に「当選管理の自動化」「キャンペーン施策の分析」といった、キャンペーン運用担当者に向けたさまざまな機能を搭載したツールもあります。

インスタントウィンツールを活用することで、SNS運用の人手が少ない企業でも、施策実行を効率化できるでしょう。

インスタントウィンキャンペーンのメリット

インスタントウィンキャンペーンのメリットとして、大きく以下4点が挙げられます。

1. 即時性

インスタントウィンは、ユーザーがその場で結果を知ることができます。当選通知までの待ち時間がなく、ユーザーの関心をその場で強く引くことができるため、キャンペーン参加のハードルが低いのが特徴です。

さらに「期間中、複数回チャレンジOK」などの条件設定をしておけば、ユーザーはキャンペーンに繰り返し参加できるので、エンゲージメント向上も期待できるでしょう。

2. ブランド認知の拡大

「その場でプレゼントが当たる」など、キャンペーンの魅力的な内容がSNS上で短期間に拡散されることで、ブランドや商品の認知度向上が期待できます。

たとえば新商品・サービスの発売時に合わせてインスタントウィンキャンペーンを行うと、より多くのユーザーから注目を集めることができるでしょう。

3. データ収集が可能

キャンペーン参加の際には、賞品の配送先など、ユーザー情報を収集します。これは企業がユーザーから同意を得て直接収集した1st Party Dataとして、将来的なマーケティング活動や顧客分析、データベース構築などに役立ちます。

4. コスト効果の高さ 

インスタントウィンキャンペーンは、XやInstagram、LINEなどSNS上で告知・集客をし、抽選から当選通知、配送先確認までのフローがオンライン上で完結します。

ハガキ応募などに比べ、ユーザーにとって手間がなくスピーディーなのが魅力です。また企業側にとってもキャンペーン運営コストを抑えつつ、効果的なプロモーション施策の実現が期待できます。

▼SNSからオフラインへ誘導する施策についてはこちら

SNSからオフラインへ誘導できるO2O施策

SNSからオフラインへ誘導できるO2O施策

SNSから誘導!今すぐ簡単に始められる店舗マーケティングについて解説致します。

インスタントウィンツールを選ぶポイント

インスタントウィンの実施・管理・分析に特化したツールを選ぶ際のポイントを解説します。

対応SNS

まずは、ツールが対応しているSNSプラットフォームを確認しましょう。主に以下のSNSが想定されます。

  • X(旧Twitter
  • Instagram
  • LINE

SNSプラットフォームとしてFacebookも挙げられますが、Facebookは「ユーザーのタイムラインにキャンペーン情報をシェアして、キャンペーンへ応募させる」というアクションを禁止しています。

自社でキャンペーンを実施する媒体を明確にしてから、合致するツールを選びましょう。

参考:Metaビジネスヘルプセンター|収益化のプロモーションガイドライン

対応キャンペーン

インスタントウィンツールによって、設定可能な参加条件が以下のように異なる場合があります。

  • フォロー
  • フォロー&リポスト
  • ハッシュタグ投稿
  • SNSプラットフォームから外部URLに遷移

たとえば「拡散(フォロー&リポスト)」や「UGC増加(ハッシュタグ投稿)」を目的にインスタントウィンの実施を検討している場合は、これらの目的が叶う参加条件のツールを選ぶ必要があります。

機能

ツールに搭載された機能が、自社が求める要件に合致しているか精査しましょう。

たとえば、以下のようなポイントです。

  • 自動リプライやDMは、一定の文面か、ランダム設定可能か
  • 賞品は一つのキャンペーンにつき、一個しか設定できないのか、複数設定できるのか

どのインスタントウィンツールにも、抽選実施や当落通知といった基本機能は備わっているものです。ただしツールの中にはに、キャンペーン成果の分析や施策立案のサポートが付随している場合もあります。

一般的に、機能が豊富であればあるほど、ツールやサービスの契約に必要なコストも大きくなります。自社にとってサポートが必要な範囲を明確にしてから、最適なツール・サービスを選びましょう。

Xの場合:有償化APIを利用しているか

2023年2月以降、Xでは API利用が有償化されています。そのため、インスタントウィンのような外部ツールを連携させて利用する場合、従来よりもコスト増が想定されます。

Xでインスタントウィンを実施予定の企業担当者は、インスタントウィンツール提供元企業に以下の点を確認しておくと良いでしょう。

  • API有償化の影響の有無(機能ダウングレードなど)
  • 利用料金の変更の有無

参考:IT Media NEWS|Twitter、APIを有料化へ 無料提供は9日で終了 「詳細は来週発表する」

複数SNSに対応可能なインスタントウィンツール9選

複数のSNSに対応可能なインスタントウィンツールを9つ紹介します。

インスタントウィンツール比較表|複数.png

Booster(ブースター)

Booster.jpg

出典:Booster

● フィルター機能でユーザーを絞ったキャンペーンが実施できる

X・Instagram・LINE・YouTubeに対応したインスタントウィンツールです。ダッシュボードを使用して、キャンペーンの作成から効果検証までセルフ運用で実施が可能なことに加え、フィルター機能で特定のユーザーに絞ったキャンペーンも実施できます。

企画から設計、クリエイティブまでサポートが受けられるため、初めてでも安心です。

項目 内容
機能 ・インスタントウィン
ランディングページの作成
・SNSアカウントのフォロー等の自動チェック
・当選確率
・ランダム抽選
・抽選フィルター
・ギフト発送
キャンペーン分析 など
対応SNS X、Instagram、LINE、Tiktok、YouTube
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォロー&リツイートキャンペーン(X)、 フォローキャンペーン(Instagram)、YouTube動画視聴キャンペーン、謎解きキャンペーン、アンケートキャンペーン
料金プラン Free:0円/月
Starter:9,800円/月
Pro:39,800円/月
Business:69,800円/月
Enterprise:要問い合わせ

dgiftSNS(ディーギフト)

dgiftSNS.jpg

出典:dgiftSNS

● 6,000種類以上のデジタルギフトが選べる!抽選機能のカスタマイズも可

配送や在庫管理が必要ないデジタルギフト(コンビニやファストフード引き換え、各種ギフト券・商品券など)を活用し、SNS集客キャンペーンを手軽に実施できるツールです。デジタルギフトは6,000点以上の中から選べる他、オリジナルギフトを賞品として設定することも可能です。

豊富な抽選機能を自由に組み合わせた、キャンペーンのカスタマイズもできます。

項目 内容
機能 ・応募条件カスタマイズ
・自動でデータを収集、抽選、ギフト配布
・管理画面(応募データ、当選状況などの確認)
・ユニークコード生成
・消込クーポン
対応SNS X、Instagram、LINE、TikTok
インスタントウィンキャンペーンの種類 Xの場合:大量フォロワー獲得、フォロリツキャンペーン、ハッシュタグキャンペーン
料金プラン 初期費用:0円、月額費用:0円、ギフト代金:100円〜、他オプションで拡張機能

Social Insight(ソーシャルインサイト)

Social_Insight.jpg

出典:Social Insight

● SNS業務を丸ごと効率化!競合アカウント調査機能もあり

キャンペーン実施や投稿管理などのSNS業務を効率化させるツールで、競合アカウントとの比較も行えます。インスタントウィンはXとInstagramに対応しており、当選条件の確認や当選者の抽選などの作業を自動化することが可能です。

キャンペーンの応募者データの収集・抽出、当選者への連絡、レポート作成などが行えます。

項目 内容
機能 ・複数SNSアカウントの一括管理
・応募者データの収集・抽出
・当選者への連絡
・効果測定レポート(アカウントキャンペーン分析、競合調査など)
・SNSアカウント分析
・クチコミ分析 など
対応SNS X、Instagram
※分析・運用はFacebookやLINE、YouTube、TikTok、note、Pinterest、mixiにも対応
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォローなど(カスタマイズ可)
料金プラン ビジネス版、エンタープライズ版
※両プランともに要問い合わせ

Atatter F Pack(アタッター)

Atatter_F_Pack.jpg

出典:Atatter F Pack

● 最短5分で実施可能!月額固定費が発生せず低コストで始められる

入力フォーム形式のシンプルな管理画面から、SNSを選びキャンペーンの目的を設定します。最短5分で誰でも簡単にキャンペーン内容のセッティングができます。

年額利用料に加えキャンペーン実施分だけ後払いとなっており、月額の固定費が発生せずリーズナブルに導入しやすいツールです。

項目 内容
機能 ・ユニークコード生成
・ポスト、DM例文作成
・当選基準設定
・複数回当選防止 など
対応SNS X、Instagram、LINE
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォロー&リポスト→特定URL遷移
料金プラン 年額利用料:10万円、キャンペーン利用料:DMプラン:10万円、スタンダードプラン:15万円、URL発行型プラン:15万円、カンバカードプラン:20万円

PARKLoT(パークロット)

PARKLoT.jpg

出典:PARKLoT

● 定額プランなら月に何度でもキャンペーンを実施可能

抽選作業や応募情報の収集、当落結果の連絡まで、インスタントウィンに必要な業務が全て自動化できるツールです。最短10分程度でキャンペーンを開始できます。

定額プラン契約の場合、追加費用不要で何回でもキャンペーンを行える点が魅力です。

項目 内容
機能 ・抽選作業
・応募情報の収集
・当落結果の連絡
対応SNS X、Instagram、LINE
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォロー&リポスト(ギフト券送付や、Wチャンスの設定も可能)
料金プラン 初期費用:10万円、定額プラン:6万円〜/月※その他のプランは要問い合わせ

OWNLY(オウンリー)

OWNLY.jpg

出典:OWNLY

● SNS以外にメールマーケティングにも活用可能

SNSキャンペーンUGC活用が一元管理できるツールです。インスタントウィンは、Xもしくは特設ページで行う2タイプのキャンペーンが実施可能です。

Xではフォロー&リポストを参加条件に、インスタントウィンを設定できます。特設ページでは、各種SNSアカウントのログイン情報を利用してインスタントウィンを設定可能です。

ページ上でのインスタントウィンに誘導できるので、メルマガやSMSなど、ソーシャル施策以外にも活用可能です。

項目 内容
機能 ・応募データ収集
・抽選
・当落通知
・参加者管理、分析
・クーポン発行
・ブラックリスト管理 など
対応SNS Xほか、各種SNS連携可
インスタントウィンキャンペーンの種類 X:フォロー&リポスト
特設ページ:各種SNSでログインし、エントリーオプション(動画視聴、シリアルコードなど)に遷移
料金プラン 要問い合わせ

echoes(エコーズ)

echoes.jpg

出典:echoes

● インスタントウィンと事後抽選を切り替えて運用も可能

350社超の利用実績があり、指定2アカウントのフォローを条件にしたキャンペーンが行えるのが特徴です。そのため複数のSNSアカウント同士を活用してコラボキャンペーンを実施、といった使い方ができます。

また、インスタントウィンと事後抽選を切り替えて運用することも可能です。SNSキャンペーンをよくやるけれど、運用管理を効率化したい、工数削減したいと考えている企業におすすめです。

項目 内容
機能 ・インスタントウィンと事後抽選の切り替え
・オートリプライ、ランダムオートリプライ
・自動DM、一斉送信
・参加者管理
・分析レポート
・クーポン、シリアル発行
・アンケート
・不正当選防止
・配送先情報取得フォーム
・指定2アカウントのフォローを条件にしたキャンペーン など
対応SNS X ※Instagramは別途サービスあり
インスタントウィンキャンペーンの種類 リポスト、引用ポスト、ハッシュタグなど、さまざまな条件を設定可能
料金プラン ベーシック/スタンダード/カスタム
※3プランともに要問い合わせ

Shuttlerock BBF(シャトルロック)

Shuttlerock_BBF.jpg

出典:Shuttlerock BBF

● 動画視聴やレシート応募をトリガーに設定可能

「動画完全視聴」や「レシート応募」など、応募条件を設定してインスタントウィンが設定可能です。そのため店頭POS実績の向上などといった目的にも向いているツールです。

キャンペーン設定はもちろん、有料で事務局対応も依頼可能です。

項目 内容
機能 ・即時自動返信
・自動DM送信
・ユニーククーポン送信機能
・当選確率変更の即時反映
・当選上限数の設定
・レポート機能
・参加者リストダウンロード
・シークレットリプライ機能
・不正参加防止
・ツイート予約機能
アプリインストールカード機能 など
対応SNS X ※LINE、TikTokに特化した別サービスあり
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォロー&いいね、フォロー&リポスト、フォロー&引用ポスト、カンバセーショナルカード(クイズ、投票、アンケートなど)、動画完全視聴、レシート投稿
料金プラン 要問い合わせ

キャンつく

キャンつく.jpg

出典:キャンつく

● 無償サポートが充実!キャンペーン企画・運用が手軽に実施可能

導入ブランド500社、実施実績3,000件を誇り、キャンペーンの企画から運用まで丸ごと行えるSNSキャンペーンツールです。使い方のサポートはもちろん、キャンペーン振り返りミーティングの実施も無償サポートに含まれています。

Xにおけるインスタントウィンキャンペーンでは、「リポスト」か「いいね」を応募条件に、LPなどの指定URLに誘導が可能です。クーポン配布などの「応募者全員プレゼント」も設定できます。

項目 内容
機能 ・自動抽選
・賞品種別管理
・当選数の日別管理
・自動DM
・レポート機能
・リプライ管理
フォーム機能
・ユニークコード発行
対応SNS X、Instagram、LINE、TikTok
インスタントウィンキャンペーンの種類 Xの場合:ハッシュタグ、リポスト、いいね、指定URL遷移
料金プラン ライト版/通常版
※両プランとも要問い合わせ

▼LINEキャンペーン企画・運用のコツについてはこちら

LINEキャンペーン企画・運用のコツ

LINEキャンペーン企画・運用のコツ

自社フォロワーをファンにするきっかけ!LINEキャンペーン企画・運用のコツについて解説致します。

Xに特化したインスタントウィンツール6選

Xに特化したインスタントウィンツールを6つ紹介します。

インスタントウィンツール比較表|X特化.png

ATERU(アテル)

ATERU.jpg

出典:ATERU

● 企画性の高いキャンペーンが行える!設定作業も依頼可能

毎日応募可能なキャンペーン形式や、複数パターンのリプライをランダム返信にするなど、企画性の高いキャンペーンが実施できます。基本料金内で5パターンまでリプライ設定が可能です。不正なbotを当選者から除外するフィルタも利用できます。

広告配信のサポートやツイート内容・画像のチェック、キャンペーン中のトラブル対応まで、専任担当者による丁寧なフォローが受けられます。必要に応じて、企画からサポートも可能です。

項目 内容
機能 ・自動抽選
・当選確率自動調整
・複数賞品の設定
・ユニークコード生成
・懸賞bot自動判定、排除
・簡易レポート
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォロー&リポスト、フォロー&引用ポスト、フォロー&ハッシュタグ投稿
料金プラン 基本料金:400,000円〜※キャンペーン1回あたりの料金(税別)

ラクスタ

ラクスタ.jpg

出典:ラクスタ

● インフルエンサー活用も可能!商品ラインナップも豊富

デジタルギフトやデジタルコード、自社・他社商品など、さまざまな景品ラインナップが魅力のツールです。インフルエンサー活用や生放送のキャンペーンなども開催できます。

専任担当者がキャンペーンの企画から運営まで実施します。オプションでクリエイティブ制作や広告配信も依頼可能です。

項目 内容
機能 ・参加者抽出
・当選連絡(DM送付)
・デジタルギフトの一括送付 など
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォロー、リポスト、ハッシュタグ投稿、指定URL遷移、キーワード入力
料金プラン 要問い合わせ

giff letter(ギフレター)

giff_letter.jpg

出典:giff letter

● 企画制作・事務局・広告配信とサポートの充実度が魅力

デジタルクーポン発券から送付、消し込みまでの一連の流れを全てオンラインで完結できるツールです。配送の手間も送料のコストもかからず、運用に手間取らないことが特徴です。

企画制作や事務局対応(問い合わせ窓口や配送代行など)、広告配信まで、幅広くサポートが受けられます。

項目 内容
機能 ・デジタルクーポン発券
・送付、消し込み
・フィルタリング機能
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォロー&リポストなど
料金プラン 要問い合わせ

giftee(ギフティ)

giftee.jpg

出典:giftee

● 1,000種類以上のデジタルギフト!抽選からギフト付与まで対応可能

インスタントウィンの抽選からデジタルギフト付与まで、ワンストップで実現可能なツールです。

「コンビニ店頭での商品引換券」「ギフトカード」など、1,000種類以上のデジタルギフトからユーザーに合った賞品を選択可能。配送賞品やシリアルコードの設定も行えます。

項目 内容
機能 ・複数のキャンペーンを管理画面上で一括管理
・シリアルコード発行
・複数賞品の設定
・当選画面カスタマイズ
・アンケート設置
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォロー、リポスト、ハッシュタグ投稿 ※自由に組み合わせ可能
料金プラン 要問い合わせ

Beluga(ベルーガ)

Beluga.jpg

出典:Beluga

● キャンペーン精度を高めるテクノロジー機能が魅力

Japan(旧:Twitter Japan)との協業実績が豊富で、Xルールとポリシーに完全準拠しています。全社員の70%がエンジニアなことから、AI判定やブラックリストなどのテクノロジーを活用したキャンペーン精度を高める機能が複数搭載されています。

OSごとに当選賞品を出し分けるなど、機能カスタマイズも可能です。

項目 内容
機能 ・AI判定
・ブラックリスト
・返信速度調整
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォロー、リポスト
料金プラン 要問い合わせ

RTWIN

RTWIN.jpg

出典:RTWIN

● カスタマイズ機能が豊富!専任チームが一気通貫で対応

専任チームがキャンペーンの企画や入稿、運用までワンストップで対応します。シークレットリプライやカードリプライなど、カスタマイズ機能が豊富なのが特徴です。

企画ごとにカスタマイズが可能で、より個性的なキャンペーンも実施できます。

項目 内容
機能 キャンペーン投稿の予約
・当選確率/当選上限の設定
・オートリプライ自動抽選
・応募者/当選者リスト化
・当選DM
・ハッシュタグトリガー
・ランダムリプライ
・シークレットリプライ(他ユーザーから見えない当選通知)
・カードリプライ(オートリプライにカード追加)
インスタントウィンキャンペーンの種類 フォロー、リポスト、ハッシュタグ投稿
料金プラン 要問い合わせ

インスタントウィンツールでキャンペーン成果を高めよう

インスタントウィンキャンペーンは、即時性でユーザーの期待感を高められることから、多くのブランドや企業が取り入れています。

インスタントウィンツールを活用することで、キャンペーン運営の負荷を低減し、より魅力的なキャンペーンの企画・実現につながります。

今回ご紹介した15のツールは、それぞれ異なる特徴や機能を持っています。自社のニーズや目的に合わせて最適なものを選びましょう。

LINEキャンペーン企画・運用のコツ

本資料では、LINEキャンペーンの企画・運用のコツについて解説しています。
自社フォロワーをファンにする「きっかけ作り」を学びたい方は、ぜひ参考にしてください。

CTA_LINEキャンペーン企画・運用のコツ.png

\LINEキャンペーンのノウハウを学ぶ/