この記事はマケストの提供にてお送りします。

「Web広告を出したいけれど、費用や広告の種類など基礎知識が把握できておらず、導入を踏みとどまっている」「効果に不安がある」という企業も多いのではないでしょうか?

今回は、導入前に押さえておきたいWeb広告の特徴や基本的な情報について紹介します。

Web広告とは

Web広告とは

Web広告とは、メールやWebサイト上に掲載されている広告のことです。

メール・Webサイト内の決められた広告枠を一定の期間買い取り、企業がアピールしたい商品やサービスの宣伝を行います。

これまでは静止画や文字だけの広告が主でしたが、最近ではユーザーの興味・関心を引きやすい動画広告もよく見かけるようになりました。

Web広告の種類

そんなWeb広告ですが、どんな種類があるのでしょうか。
一言で「Web広告を出したい」と言っても様々な種類があります。

ここからは、Web広告を出したい際に知っておきたい6つの種類について紹介します。

1.リスティング広告

リスティング広告は、GoogleやYahoo!といった検索エンジンに掲載する広告のことです。

スマホケースの購入を検討しているユーザーが「スマホケース」と検索すると、検索結果に関連した広告を配信することができる仕組みになっています。

リスティング広告で一定量のアクセス結果を分析することで、影響力の高いキーワードを把握することができ、優先的にSEO対策をすることができるのも特徴の1つです。

2.アフィリエイト広告

アフィリエイト広告は、成果報酬型の広告のことです。

ユーザー広告をクリックして、資料請求や会員登録といったコンバージョンをすると費用が発生します。

ユーザーがアクションを起こさない間は費用が発生しないため、アフィリエイト広告を活用している企業は多いです。

3.アドネットワーク広告

アドネットワーク広告は、Webサイトやオウンドメディアなど、様々な媒体に対して一気に配信できる広告のことです。

メディアとの契約を行わずに広告を配信することができます。

ただし、ターゲット対象ではないユーザー層にも広告が掲載される場合があるため、多少のムダが生じてしまいます。

4.DSP広告

DSP広告は、Ad EnchangeやSSPなどへの横断的な広告配信管理を行うツールのことです。

1秒間に何度も広告枠の入札が行われ、1番高額を入札した広告主が広告を掲載することができます。

配信設定や目標設定など、事前準備を行うことで広告を効果的に配信できますが、毎月利用料がかかり、運用コストがかさばってしまう場合があります。

5.動画広告

動画広告は、動画サイトへ配信したり、サイトの広告枠に動画で配信する広告のことです。

スマートフォンが普及し、SNS利用者が急増したことによって、今ではSNS内でも動画を見かけることが多くなりました。

動画は視覚・聴覚にダイレクトに届くため、効果の出しやすい広告として多くの企業が利用しています。

6.SNS広告

SNS広告は、InstagramやFacebookなどで配信できる広告のことです。

ユーザーのプロフィールから趣味・嗜好などを分析し、ターゲットとなるユーザーにのみ広告を配信できるため、ムダがなく効率的な手法と言えます。

ほとんどのユーザーは、SNS広告のセグメントで指定できるため、初めて広告を行う企業にもおすすめです。

他にも、特定の媒体に広告を掲載する純広告、企業が保有している顧客に対して広告を配信するメール広告、人気メディアに記事を配信してもらう記事広告などがあります。

Web広告の費用(課金方式)

続いて、Web広告費用について紹介します。既存の紙等の媒体と大きく異なるのが課金方式です。

出稿費を事前に支払って、掲載するという流れが広告掲載の流れでしたが、Web広告では効果に応じて費用を支払う課金方式もあるのです。

特に費用の面は、Web広告を出したい際、事前に知っておきたい特徴になります。ここでは、課金方式という側面から6つの種類を紹介します。

1.インプレッション課金型

インプレッション課金型は、基本的に広告が表示された段階で課金が発生するのが特徴です。

アドクエスチェンジやDSP広告などによくある料金体系で、アドクエスチェンジはインプレッションの中でも、1,000回配信された段階で課金が発生する「CPM」という仕組みを採用しています。

2.クリック課金型

クリック課金型は、広告がクリックされるたびに料金が発生します。

ユーザーアクションである「クリック」が課金ポイントになっているため、インプレッション課金型よりも費用対効果が高いと期待されており、リスティング広告やSNS広告などでよく採用されています。

3.期間保証型

期間保障型は、特定のページに指定された期間(1週間・1ヵ月単位)のみ広告掲載を保証する方法です。

期間内の表示回数の目安は提示されますが、クリック数などは保証されません。

クリック数やインプレッション数などは料金に影響しないため、バナー広告や純広告などで採用されています。

4.成果報酬型(アフィリエイト・プログラム)

成果報酬型は、ユーザー広告の商品やサービスを購入したり、Webサイトの会員登録を行ったりするなど、広告掲載企業のコンバージョンを達成した段階で課金が発生します。

主にアフィリエイト広告で採用されており、広告代理店によっては、成果報酬型で運用代行している場合もあります。

5.配信数型

配信数型は、配信した数で料金が変動します。

メルマガ広告などを扱う企業で多く活用されていますが、最近ではLINEでの配信も同じような料金体系がとられていることがあります。

6.広告視聴単価型(CPV)

広告視聴単価型は、動画広告が視聴された回数によって料金が発生します。

動画広告やYouTube広告などで採用されており、「〇〇秒以上の視聴で課金」「フル再生で課金」といったように、広告の種類や視聴時間によって課金が発生するタイミングが異なります。

Web広告を出すことで期待できる効果

1.細かなターゲティングができる

Web広告を出すことで期待できる効果として、「細かいターゲティングができる」ことが挙げられます。

Web広告では、ユーザーの年齢や性別はもちろん、Web上の行動履歴や検索履歴を分析して興味・関心のあるものを把握することが可能です。

中でもFacebookは、より詳細・正確にターゲティングが設定できるとして注目を集めています。

また、アドテクノロジーの発展に伴い、「広告の表示回数」や「どの広告を表示させるか」を指定できるようになっています。

2.効果が可視化でき、改善がしやすい

効果が可視化でき、改善がしやすいのも、Web広告で期待できる効果の1つです。

どのくらいのユーザー広告を見て、何人クリックし、購入まで至ったユーザーが何人だったのかをすべて分析することができます。

効果を可視化しづらかったテレビや新聞とは違い、膨大なデータを活用することで効果を細かい部分まで分析が可能になりました。

ただ、大量のデータをムダなく活用するためには相応の知識が必要になるため、場合によってはプロの手を借りるということも視野に入れておきましょう。

3.即効性が期待できる

即効性に期待できることも、Web広告を出すことで得られる効果として挙げられます。

Webマーケティングの施策は、Web広告の他にもSEOLPOなどがありますが、SEO対策などはすぐに効果がでるわけではありません。

一方、Web広告は運用を開始した段階から効果を実感することができるため、「すぐに認知度を上げたい」「CV数を増加させたい」という場合は、マーケティング施策の中でもWeb広告がすすめです。

Web広告を出したい!…その前に必要な準備

1.自社や競合の調査・分析を行い、戦略を立てる

Web広告を出した際、事前にやるべきこととして、競合調査や戦略の設定などが挙げられます。

まずはじめに行うべきことは、戦略の設定です。
「誰に、何を、どうやって、どのくらい売るか」など具体的に内容を固める必要があります。

戦略を明確化せず、ぼんやりと考えているだけでは、本番で失敗してしまう確率がグッと上がります。

その後の運用をスムーズにするためにも、きちんと競合調査・分析を行い、より明瞭な戦略を策定しましょう。

2.誘導先のページを作成する

戦略を設定したら、次に誘導先のページを作成します。

これはLP(ランディングページ)制作というもので、Web広告からきたユーザーが最初に見るページのことを指します。

ユーザーの興味・関心をさらに引き出して、購入につなげることを目的としてつくるため、商品・サービスの魅力を最大限アピールする必要があります。

ライティングに強い社員がいればそのまま作成に進めますが、そういった人材がいない場合は、専門の制作会社に依頼するのも1つの手です。

3.Web広告の運用フローを決めておく

Web広告の運用フローを決めておくことも重要です。

Web広告は、運用をスタートしてからも継続的な作業が発生します。

もし、運用フローを決めておらずその場しのぎの対応をしていると、イレギュラーな問題が発生した際の対処方法がわからず、処理に時間がかかってしまいます。

そうならないためにも、「誰が、いつ、どうやって、どのくらいのペースで」作業を行うかを細かく決めておきましょう。

Web広告を今すぐ出したい方には、広告運用代行サービスの利用がおすすめ!

Web広告の基礎知識についてお届けしました。

広告の種類や費用、導入前にやるべきことなどについて、少しでも理解が深まれば幸いです。

下記URLから複数のサービスを1度に比較・検討できますので、Web広告について少しでも興味を持たれた方は、ぜひ資料請求をしてみてください。