SNSの利用が一般的と言える中、企業のマーケティングにおいてもSNSは欠かせないものとなりました。
自社のSNSアカウントを開設する企業は数多くありますが、日常的な運用が大変など悩みの声を聞く機会も増えています。
今回は今さら聞けない「SNSマーケティングとは何か」を改めて振り返っていきます。

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは、FacebookやTwitterなどのSNSを利用したマーケティング手法のことです。
SNSを活用した顧客コミュニケーションにより、企業や商品・サービスのブランド価値を高める効果が期待できます。
SNSマーケティングの魅力は顧客との直接的なコミュニケーションで、顧客のレスポンスをダイレクトに感じることで、効果的なマーケティングが可能になります。

SNSはそれぞれユーザー属性が異なります。
そのため、自社がターゲットとするユーザー属性にあわせたSNS選定により、効果的なマーケティング成果が期待できます。

以下に、代表的なSNSの特性と期待できる効果を紹介します。

Facebook

william-iven-19844-unsplash.jpg
unsplash-logo William Iven

Facebookは実名で登録するSNSです。
世界的に利用されており、23億2000万人(2018年12月時点)のユーザーがいます。
実名を利用しなければいけないことで信頼性の高いつながりが特徴であるFacebookは広告媒体としても有効なリーチにつながりやすく、検索エンジンが提供するディスプレイ広告とは異なる魅力があります。
主に20代から30代のユーザーを中心に支持されており、興味関心といった属性も明確にターゲティングできることで、SNSマーケティングの場としてもよく利用されます。

LINE

fukidashi_49.jpg
LINEは日本国内で月間アクティブユーザー数が7,900万人(2019年1月時点)いる代表的なSNSです。
幅広い世代から強い支持を受けているため、広告枠として利用する企業も多くあります。
多くのユーザーが、日常的に利用するSNSであるがゆえに、LINEを利用した顧客対応を行う企業も増加しているのです。
最近ではLINE Payといった決済サービスなど、付加価値を高めており、今後もユーザーの利用率に期待ができます。

Twitter

freestocks-org-72172-unsplash.jpg
unsplash-logo freestocks.org

Twitterは140文字でつぶやくツイートの手軽さが人気のSNSです。
匿名で利用でき、気軽に他のユーザーをフォローしコミュニケーションができるのが特徴です。
10代から20代の利用者が多く、若年層をターゲットにしたSNSマーケティングを検討している企業に適しています。
また、SNSの中でも拡散力に優れており、リツイートによる情報の拡散スピードは他のSNSを圧倒するものでしょう。
ただし、手軽に利用できる反面、偽アカウントの存在や信憑性のない情報、つながりを強めにくい距離感などTwitterならではの特性を熟知したマーケティングの実施が大切です。

Instagram

blur-electronics-hand-174938_(1).jpg
写真や動画を使ったシンプルな仕様が人気のSNSであり、ユーザー数は2,900万人(2018年11月時点)です。
投稿の作成に時間がかからず、スマートフォンで撮影した写真をフィルターを使い美しく投稿できる特徴が、SNSに疲れ気味だったユーザーに爆発的に支持を得ました。
最近では通常の投稿とは別に写真や動画を配信できるストーリーズが人気であり、ECサイトへのリンクなど新たな試みが人気を博しています。
ハッシュタグによるリレーションの手軽さと、近年の強い人気などもあり、企業のマーケティングでは注目されているSNSの一つです。