SNSの利用が一般的と言える中、企業のマーケティングにおいてもSNSは欠かせないものとなりました。自社のSNSアカウントを開設する企業は数多くありますが、日常的な運用が大変など悩みの声を聞く機会も増えています。

今回は今さら聞けない「SNSマーケティングとは何か」を改めて振り返っていきます。

SNSマーケティングとは

SNSマーケティングとは、FacebookやTwitterなどのSNSを利用したマーケティング手法のことです。SNSを活用した顧客コミュニケーションにより、企業や商品・サービスのブランド価値を高める効果が期待できます。

SNSマーケティングの魅力は顧客との直接的なコミュニケーションで、顧客のレスポンスをダイレクトに感じることで、効果的なマーケティングが可能になります。

また、情報の拡散性が高い*こともメリットとして挙げられます。ユーザーが投稿を「シェア」したり、ユーザー同士でコメントを付けたりすることで情報がどんどん拡散されます。広告費をたくさん使わなくても、SNSの運用方法によっては情報を広げていくことが可能となりました。

SNSマーケティングで期待できる効果

SNSマーケティングにはユーザーとの関わりから生じる様々な効果があります。

顧客ロイヤリティが向上する

顧客とのコミュニケーションにより、企業と顧客との間に信頼関係を構築し、高いエンゲージメントを構築できます。
エンゲージメントとともに顧客ロイヤリティが向上することで、顧客から顧客を紹介してもらえたり、長期的なファンの獲得などが期待できます。価値の高いブランドづくりにも貢献します。

情報が広く伝播する

SNSの特性は情報の拡散力にあります。
ユーザーに近い属性の友達への情報拡散が期待できるため、有力なターゲット層への認知普及が可能です。
インフルエンサーマーケティングとしての有意性もあるため、インフルエンサーからの情報シェアは広範囲に効果が期待できます。
特に、Instagramのユーザーの中で影響力の高い人はインスタグラマーと呼ばれ、日々の投稿が注目されています。

ユーザーの本音がわかる

ユーザーが商品やサービスについて行うコメントから本音を把握し、商品開発をはじめとしたマーケティングに活用できます。
手厳しい意見があっても商品改善に役立つ情報として真摯に捉えることが大切です。

代表的なSNS

マーケティングに活用できる代表的なSNSの特性と期待できる効果を紹介します。

Facebook(フェイスブック)

william-iven-19844-unsplash.jpg
unsplash-logo William Iven

Facebookは実名で登録するSNSです。
世界的に利用されており、23億2000万人(2018年12月時点)のユーザーがいます。
実名を利用しなければいけないことで信頼性の高いつながりが特徴であるFacebookは広告媒体としても有効なリーチにつながりやすく、検索エンジンが提供するディスプレイ広告とは異なる魅力があります。

主に20代から30代のユーザーを中心に支持されており、興味関心といった属性も明確にターゲティングできることで、SNSマーケティングの場としてもよく利用されます。

Facebookをビジネスで活用しよう!企業がFacebookページ(ビジネスアカウント)をつくる方法を紹介

Facebookをビジネスで活用しよう!企業がFacebookページ(ビジネスアカウント)をつくる方法を紹介

Facebookを活用している企業はたくさんあり、企業のマーケティングツールとして有効です。ビジネス向けのFacebookページ(ビジネスアカウント)を開設する方法を説明します。また、開設方法だけでなくFacebookページのメリット・デメリットや企業の活用事例についても紹介していきます。

LINE(ライン)

fukidashi_49.jpg
LINEは日本国内で月間アクティブユーザー数が7,900万人(2019年1月時点)いる代表的なSNSです。幅広い世代から強い支持を受けているため、広告枠として利用する企業も多くあります。

多くのユーザーが、日常的に利用するSNSであるがゆえに、LINEを利用した顧客対応を行う企業も増加しているのです。最近ではLINE Payといった決済サービスなど、付加価値を高めており、今後もユーザーの利用率に期待ができます。

LINEチャットボットの基礎知識をつけよう。メリット・デメリットを比較

LINEチャットボットの基礎知識をつけよう。メリット・デメリットを比較

顧客からの問い合わせに一つ一つ対応するには、人件費や作業コストがかかります。そこで多くの企業が実施しているのが、LINEのチャットボットを活用したサービスです。LINEチャットボットを活用すれば、少ない労力で多くのユーザーからの問い合わせに自動で回答可能です。本記事では、LINEチャットボットを活用すべき理由やメリットと、実際にLINEチャットボットを活用した3つの企業事例を紹介します。

Twitter(ツイッター)

freestocks-org-72172-unsplash.jpg
unsplash-logo freestocks.org

Twitterは140文字でつぶやくツイートの手軽さが人気のSNSです。
匿名で利用でき、気軽に他のユーザーをフォローしコミュニケーションができるのが特徴です。10代から20代の利用者が多く、若年層をターゲットにしたSNSマーケティングを検討している企業に適しています。

また、SNSの中でも拡散力に優れており、リツイートによる情報の拡散スピードは他のSNSを圧倒するものでしょう。

ただし、手軽に利用できる反面、偽アカウントの存在や信憑性のない情報、つながりを強めにくい距離感などTwitterならではの特性を熟知したマーケティングの実施が大切です。

SNS利用実態調査から見る、いま企業がTwitterに取り組むべき理由とその取り組み方

SNS利用実態調査から見る、いま企業がTwitterに取り組むべき理由とその取り組み方

低コストで手軽に始められるSNSは、今やマーケティングに欠かせないツールのひとつです。とはいえ、企業のSNSアカウント運用で成果を実感するまで道のりは、決して容易なものではありません。今回は、「SNS利用実態調査から見る、いま企業がTwitterに取り組むべき理由とその取り組み方」についてお話させていただきます。

Instagram(インスタグラム)

blur-electronics-hand-174938_(1).jpg
写真や動画を使ったシンプルな仕様が人気のSNSであり、ユーザー数は2,900万人(2018年11月時点)です。投稿の作成に時間がかからず、スマートフォンで撮影した写真をフィルターを使い美しく投稿できる特徴が、SNSに疲れ気味だったユーザーに爆発的に支持を得ました。

最近では通常の投稿とは別に写真や動画を配信できるストーリーズが人気であり、ECサイトへのリンクなど新たな試みが人気を博しています。

ハッシュタグによるリレーションの手軽さと、近年の強い人気などもあり、企業のマーケティングでは注目されているSNSの一つです。

インスタ消費を促すための、企業のInstagram(インスタグラム)活用Tips10選

インスタ消費を促すための、企業のInstagram(インスタグラム)活用Tips10選

年々利用者数が増加しているInstagram。その増加に伴って、宣伝媒体として利用する企業も増えてきています。しかし運用に正解はなく、結果を出すことは容易ではありません。そこでInstagramにおける消費行動を促す活用Tipsを紹介していきます。基本的なアカウント運営の指針から、消費行動を促すための10のTipsを元に、自社のアカウントをより魅力的に魅せるヒントにしてください。

TikTok(ティックトック)

TiKTokは、音楽に合わせて口パクとダンスを付けて投稿する動画シェアのSNSです。10代〜20代の若者を中心に人気のあるのが特徴で、最近は活用する企業も増えてきています。

クオリティの高い動画編集がしやすいTikTokの特性を活かし、思わず引き込まれるストーリー仕立ての動画やユニークなフィルターを活用した動画を企業側からも積極的に投稿していることが多いようです。

若者だけが楽しむSNSじゃない!TikTokの企業活用が活発に

若者だけが楽しむSNSじゃない!TikTokの企業活用が活発に

大ブームとなったショートムービーアプリ『TikTok』ですが、ユーザー層は10代〜20代前半と若く、より上の年代や企業の参入障壁は高く感じられていました。しかし2020年に入り、TikTokの企業活用が以前より活発になり始めています。本記事ではより積極的にTikTokを活用している企業事例と、企業活用が進んだ理由を解説します。