方法③:タグラインで印象的に締める

WIX3.jpg
事例記事を読んでみる

記事広告で最も大事なのは「締め」の段落です。それまでの全ての文脈を、改めてそのサービスやブランドの価値に集約することで、はじめて具体的な読者のアクションにつながります。ここで有効なのが、締めの段落に価値を集約する一行=タグラインを置くことです。

Wixの場合「文房具のように、Webツールを使いこなす時代」という一言です。これまではサーバを借りたり、簡単なプログラムやデザインツールを覚えたりと「ツールの習得自体」に一定の初期投資(=時間)がかかるのが当たり前だったが、これからWixでホームページを作る人にはその必要がない。

さらに、ツールを覚えるための時間はそのままユーザーコミュニケーションを考えるクリエイティブな時間に変わるので、「マーケター本来のワクワク感」まで味わえるという明るいビジョンまでを記事の中で描いています。そこまで描写しきることで、単なる機能訴求ではない、体験価値までを含めたブランディングにつなげることができるのです。

あわせて読みたい記事

image

究極のネイティブアド!?読者の心を動かす「効く記事広告」3つの秘密

「編集部による語り口」によって読者に語りかけられる「記事広告」。「効く」記事広告を打つための3つのポイントをご紹介します。

image

運命の出会いを、確実に。他社で活躍中の敏腕マーケターを自社に惹きつける「求人新手法」

事業を成長させる上で、優秀なマーケターの獲得は必須条件といえます。現状に不満があって転職活動を開始している一部の「転職顕在層」だけではなく、現場で充実感を感じて活躍している幅広いマーケターにも同時にアプローチすることで「スピーディかつ、期待以上の人材」に出会う可能性を最大化できる「job ferret」とは。