検索エンジンで上位表示を狙うためには、サイトマップを作成することが大切です。しかし、サイトマップの作成方法はおろか、それ自体を詳しく理解していない人も多いのではないでしょうか。

確かに、数あるSEO対策の中でもサイトマップの作成は重宝されるのものではありません。逆にサイトマップの作成がSEOに影響するということを知っている人の方が少ないくらいです。

そこでこの記事では、サイトマップとは何か、SEOにどんな影響を与えるのかを説明します。また、サイトマップの作成方法も合わせて紹介します。

サイトマップとは?

サイトマップとは、ユーザー、あるいは検索エンジンクローラーにサイトの構成を認識させるためのマップです

サイトマップの中には、HTMLサイトマップとXMLサイトマップがあります。両者を簡単に説明すると、HTMLサイトマップユーザビリティを向上させるもの。読者がサイトに訪れた際に、必要としているコンテンツをリスト形式で表示します

XMLサイトマップは、検索エンジンクローラーWebサイトを巡回する手助けをするもの。記事更新と同時に検索エンジンインデックスしてもらうことができるので、検索結果の反映を早めてくれます

HTMLサイトマップとXMLマップについては以下の記事で詳しく紹介しています。

SEOの効果あり!サイトマップの基礎知識とWebサイトにおける役割

サイトマップとはこれら2つの要素を総称したものになります。

サイトマップを設置しなければSEOの適切な評価が得られない

サイトマップを設置していなければ、SEOの適切な評価は得られません。といっても、サイトマップがなければ、検索エンジンで上位表示をすることができないというわけではありません。

しかし、サイトマップクローラーが巡回するための指針となるものです。設置していなければ、クローラーがうまくWebサイトを巡回できません。

つまり、検索エンジンで上位表示を狙うのであれば、クローラーが巡回しやすいようにサイトマップを作成する必要があります

しかし、サイトマップはあくまでも「このサイトにはどんなコンテンツがあるか」という指針となるものです。サイトマップを作成したからといって、いきなりSEO効果が出るというわけではありません

ただ、作成しておいて損はないので、この機会にサイトマップを作成しておきましょう。

SEO対策に効果あり!サイトマップの作成方法を紹介

以下ではSEOに効果のあるサイトマップの作成方法を紹介します。ただ、HTMLサイトマップリンクリストのようなものなので、記事内のリンクをまとめるだけで作成可能です。

ですので、作成するにあたって難易度の高いXMLサイトマップの作成方法を重点的に紹介します。

それでは、クローラーを適切に巡回させ、SEOに効果のあるXMLサイトマップの作成方法を紹介します

XMLサイトマップの作成

XMLサイトマップはコードを覚えれば自由に作成できるというものではありません。そもそも、XMLサイトマップ検索エンジンに対して、記事コンテンツの存在を示し、クローラーに認識させるために作成するものです。

日本の代表的な検索エンジンといえばGoogleになりますので、Googleの提供するサービスとWebサイトを結びつけなければなりません

そこで利用するツールがGoogle Search Console(グーグルサーチコンソール)、通称”サチコ”と呼ばれるツールです。ご存知の方も多いかとは思いますが、XMLサイトマップの作成にサーチコンソールが関わってくることを知っている方は少ないはずです。

もしサーチコンソールを利用していないという方はこちらの記事から登録を行ってください。

サーチコンソールのヘルプページには、以下のように表記されています。

Google では、下記のように複数のサイトマップ形式をサポートしています。すべての形式で標準のサイトマップ プロトコルを使用してください。

引用:
サイトマップの作成と送信|Search Console

わかりやすく説明すると「一定のルール守ってサイトマップを作成してください」ということです。

ただ、XMLサイトマップの作成にあたり、コードをあまり理解していな方が手動で作成してしまうと、かえってエラーが出てしまう可能性があります

ですので、もしもワードプレスなどのツールを利用しているのであれば、「Google XML Sitemap」というプラグインを導入すれば、XMLサイトマップの自動作成が可能です。

また、ワードプレスを使用していない方も以下のサイトを利用すれば、自動でXMLサイトマップ作成することが可能です。

sitemap.xml Edito

では実際に、自動ツールなどで作成したXMLサイトマップをサーチコンソールに送信していきましょう。

サーチコンソールにXMLサイトマップを送信する

サイトマップを作成するだけでは、SEO効果を受けることができません。サーチコンソールにXMLサイトマップを送信する必要があります。

まず、作成したsitemap.xmlファイルをHTMLサーバーのルートディレクトリサーバーに設置しましょうWebサイトのいずれかに、XMLサイトマップを設置できていれば準備は完了です。

あとは以下の1と2の手順を行い、2の手順でsitemap.xmlが保存されているURLを入力しましょう。

image1.png

送信ボタンを押して完了です。反映には少し時間がかかりますが、これでXMLサイトマップによるSEO対策を施すことができます。

短期的に見えるとさほど変化は無いように感じますが、記事コンテンツを増やせば増やすほど、長期的に見れば見るほどSEOの効果が存分に感じられるでしょう。

XMLサイトマップの送信方法については以下の記事でも詳しくご紹介しています。

Google Search Consoleからsitemap.xmlを送信しよう

サイトマップを作成し、コンテンツを評価してもらおう

サイトマップを作成したからといって、すぐに検索エンジンで上位表示できるわけではありません。しかし、上位表示を望むのであれば、Webサイトにどんな内容の記事コンテンツがあるのかを認識してもらわなければなりません。

質のいい記事でも、クローラーに「この記事コンテンツは有益だ」と認識してもらえなければ日の目を浴びることはありません。時間を割いて執筆した記事コンテンツが無駄になってしまいます。

サイトマップを作成し、質の良いコンテンツをしっかりと評価してもらいましょう

この記事を読んだ方にオススメの記事

SEO効果あり!サイトマップの基礎知識とWebサイトにおける役割

SEO効果あり!サイトマップの基礎知識とWebサイトにおける役割

ホームページ担当者であれば必ず耳にしたことがある「サイトマップ」。しかし、実際のところ、サイトマップがどのような役割を持ち、設置することでどんな効果があるのかご存知ない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はサイトマップの基礎知識と役割についてご紹介します。

"sitemap.xml Editor"を使ってXMLサイトマップを自動生成しよう!

サイトマップには「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」の2種類があります。HTMLサイトマップは訪問者を目的のページに導く案内板で、サイトを訪問するユーザー向けに使用します。一方、XMLサイトマップは検索エンジン向けに使用するものです。 XMLサイトマップを検索エンジンに通知することで、クローラーが効率よくサイトを巡回してくれます。XMLサイトマップを設置すると新しいページもインデックスされやすくなるので、SEO対策に欠かせません。