本記事で学ぶ内容

・Google Search Consoleとは何か理解できる
・Google Search Console利用の基本的な流れが理解できる
・Google Search Consoleの登録ができる

検索順位が上がらない場合、原因を突き止め解消しなくてはなりません。また、Googleの検索画面であなたのホームページが何番目に表示されているかを把握したいものです。

このように、Web担当者が気にしなければいけないことは日に日に多くなっています。そこで、その負担を少しでも軽減させるようにGoogleが提供しているWeb担当者向けのツールがGoogle Search Consoleです。

SEOの対策を行うのであれば、必ずといってもいいほど必要なツールです。しっかり使い方を覚えましょう。

Google Search Consoleとは

search_console.png
https://search.google.com/search-console

Google Search Consoleとは、Googleが無料で提供している分析ツールで、ホームページへのアクセス数や流入キーワード、どれくらいリンクされているかなど、自社ホームページの運営の状況を教えてくれます。例えるなら、病院のカルテのような存在で様々な情報を示してくれます。

Googleアナリティクスが、ホームページへアクセスしてきたユーザーを分析するツールに対して、Google Search Consoleはホームページへアクセスする前のユーザーの動きやGoogleBotの動きを分析できるツールになります。

Google Search Consoleの登録方法

さて、ここからはGoogle Search Consoleの登録方法を具体的に説明していきます。

1.Googleに登録する

Googleアカウント登録
https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

Googleのサービスを利用するために、Googleアカウントを作ります。既にアカウントを持っている方はStep2へ進んでください。

2.Googleアカウントでログイン

search_console02.png
https://www.google.com/webmasters/

Google Search Consoleへアクセスし、画面右下の「SEARCH CONSOLE」をクリックすると、Search Console内の画面へアクセスできます。

search_console03.png
画面右上にログインリンクがあるので、ここからログインします。

3.登録したいホームページのURLを入力し「プロパティを追加」をクリック

search_console04.png

ログインすると、「Search Consoleへようこそ」と表示されたページが出てきます。ここで登録したいホームページを追加します。
画面中央にある入力欄にホームページのTOPページURLを入力して、プロパティを追加してください。

4.Googleに運営者であることの認証を行う

ホームページをSearch Consoleに登録したら、あなたが運営者であることを、Googleに認証してもらいます。認証方法には、2種類あり行いやすいほうを選びましょう。

4-1.トップページと同じ場所にGoogle指定のファイルをアップロードする

search_console05.png

1. 「HTML 確認ファイル」をクリックし、htmlファイルをダウンロードします。
2. ファイル転送ソフトや、サーバーで用意されているアップロードツールで、ダウンロードしたファイルを転送します。

4-2.トップページのソースコードにコードを埋め込む

search_console06.png

1. 「HTML タグ」をクリックします。
2. 表示されたmetaタグをコピーします。
3. TOPページのソースコード内の</head>の直前に貼り付けます。
4. 上書き保存し、アップロードします。

上記のいずれかの手順終了後、「確認」します。
いずれの方法も、サーバーにあるファイルを触る必要があるため、ホームページの管理者の方に相談すると良いでしょう。

まとめ

Google Search ConsoleはWeb担当者であれば登録必須のツールです。ホームページを登録して、今自分が運営しているホームページの健康状態のチェックを必ず行うようにしましょう。健全なサイト運営が上位表示の大前提です。定期的に確認を行うことをオススメします。

ここがポイント

・Google Search ConsoleというGoogle提供の無料ツールがある。
・Google Search Consoleの登録はSEOの大前提である。