自社ページブログで新しくコンテンツを公開した際、早くインデックスさせられれば、検索結果にも早い段階で表示されやすくなります。

sitemap.xmlを使ってサイトにあるページを知らせることはできますが、クローラーを待つという受け身になります。Fetch as Googleを利用してクローラーを能動的に呼び込むことで、インデックス速度を早めることができます。その上、Google側が読み取ったページ情報とユーザー側が見るページ情報に差異がないかどうかもチェックすることができます。

今回は、Fetch as Googleの機能と使い方を解説します。

Fetch as Googleの使い方

Fetch as Googleとは、Google Search Consoleの中にある機能の1つで、クローラーページをどのように読み込んでいるのか調べることができます。その際、クローラーページをクローリングしてもらう指示を出せます。

1.Fetch as Googleを開く

Fetch as Googleを開く

Google Search Consoleの中の
クロール > Fetch as Google
を選択します。

2.クロールしてもらいたいURLを入力する

クロールしてもらいたいURLを入力する

Fetch as Googleが開くので、クロールしてもらいたいURLを入力し、取得を選択します。

3.インデックス登録を送信する

インデックス登録を送信する

インデックス登録のリクエストを送信します。

4.送信方法を選択します

送信方法を選択

クロール方法を選択して、送信を選んでください。クロール方法は以下の内容になります。

「このURLのみをクロールする」:1日10件
指定したURLのみがクロールされます。

「このURLと直接リンククロールする」1日2件
指定したURLURLからリンクされているページクロールされます。

Googlebotにどのように読み取られているか確認する方法

前述したとおりFetch as Googleは、クローラーを呼ぶだけでなく、どのようにページを読み取っているかも確認できます。

Googlebotにどのように読み取られているか確認する方法

先ほど紹介したものと同じようにURLを入力し「取得してレンダリング」を選択します。

チェックマークをクリック

下部に表示された一覧の中から該当のURLの「レンダリング リクエスト」の項目に表示されているチェックマークをクリックします。

Google側から見た場合

Google側から見えるページと、ユーザー側で見えるページが並んで表示されます。robot.txtなどでクローラーをブロックしていると、Googleから見たページの方は崩れた表示になることがあります。

まとめ:Fetch as Googleを計画的に利用しよう

Fetch as Googleの使用上限数は、1日10回までと定められています。計画的に利用しましょう。

ユーザーに十分な情報を提示し、Googleにも同じ情報が読み取られるのが理想の状態です。
ですので、こちらで表示されるページ双方の表示にはほとんど差異がない状態にすると良いでしょう。