本記事で学ぶ内容

・sitemap.xmlをGoogle Search Consoleから送信する方法がわかる

ホームページの上位表示を目指すのであれば、まずGoogleにどんなページがあるのかを知って貰う必要があります。クローラーにはなるべく早くアクセスしてもらい、ページ検索結果に表示してもらいましょう。

今回は、クローラーにこちらからページの存在を知らせることの出来る sitemap.xml の登録方法をご紹介します。

クローラーがページの存在を知らなければ意味がない

どんなに良いページを持っていたとしても、クローラーページを見つけられなかったら、検索結果に表示されません。

Google検索結果は、自動化された「クローラー」が定期的にインターネットを回遊して見つけたホームページ検索結果に登録しています。しかし、ページを公開した直後や、クローラーが来た直後に更新をかけた場合などは、次にクローラーページにアクセスしてくれるまでは、検索結果に更新・公開した情報が載りません。その際はGoogleクロールリクエストすることが出来ます。

ページがGoogleの検索結果にあるか確認する方法

自社のページGoogle検索結果に登録されているのかどうかを調べるには、「site:」を付けてホームページURLを検索します。
https://ferret-plus.com検索結果に登録されているか調べたいときは、

site:https://ferret-plus.com

で検索すると、

site:検索
そのURLのついた検索結果が表示されます。

もし、ページを公開しているにも関わらず検索結果に表示されていない場合は下記のような原因が考えられます。

・ホームページが他ページから十分にリンクされていない
・前回のクロールが完了した後にホームページが開設された
・ホームページのデザイン上の問題により、クローラーが有効なコンテンツをクロールできていない
・クロールしたときに、ホームページが一時的にアクセス不能であったか、エラーが発生していた

Googleがホームページクロールした際、エラーがあったかどうかは、Google Search Consoleを使用して確認できます。

sitemap.xmlのGoogleへの送信方法

sitemap.xmlをGoogleに送信するためには、Google Search Consoleへ登録していなければいけません。登録が済んでいない場合は、こちらの記事を確認し事前に済ませておいてください。

Step1. sitemap.xmlを作成する

sitemap.xmlとは、ホームページにある全てのページをリスト化した一覧ファイルです。ページごとのURLが列挙されたシンプルなファイルです。実際には、サイトマップ作成サービスなどを使い、作成することが多くなります。

sitemap.xmlをまだ作成していない場合は、サイトマップ(sitemap.xml)を作成しようから先に作成を済ませておきましょう。

Step.2 sitemap.xmlを送信する

Step1で作成したsitemap.xmlは、HTML サーバーのルートディレクトリサーバーに設置することが推奨されていますが、別ドメインのルートディレクトリ以外でも設置し、送信が可能です。設置が完了したら、Google Search Consoleにログインし、sitemap.xmlを登録したいホームページのプロパティを選択します。

Google Search Consoleに登録していない場合は、Google Search Consoleに登録しようから登録をしてください。

sitemap.xmlの登録の流れは以下です。
sitemap01.png

1. 左メニューの「サイトマップ」を選択
2. 追加したいsitemap.xmlが保存してあるURLを入力
3. 送信ボタンを選択

これで数日後には、そのsitemap.xmlを使って、クローラーがホームページを巡回してくれます。なお、検索結果への反映には時間差がありますので、焦らず待ちましょう。

まとめ

新しくホームページを作っても、Google検索エンジンに読み込まれなければ検索結果に表示されません。そして、ユーザーの目に触れることはありません。

また、ページを追加しても、巡回されGoogleに登録されるまでには、時間がかかります。ホームページの集客力を高めるには、それらを能動的に行いましょう。Google Search Consoleサイトマップ送信機能を活用して、ホームページを見つけられやすくしましょう。

ここがポイント

・ホームページを検索結果に表示させるにはGoogleに巡回・登録される必要がある。
・Google Search ConsoleというGoogle提供の無料ツールがある。
・Google Search Consoleのサイトマップ送信機能は有用。