Google Analytics(グーグルアナリティクス・GA)はアクセス解析をするのに便利なツールです。元々の機能でも十分に解析できるのですが、カスタムレポートを作ることによってより深い解析が可能になります。

そこで今回は、Google アナリティクスカスタムレポートの作り方やおすすめのGoogle アナリティクスカスタムレポートについて説明していきます。

Google Analytics(グーグルアナリティクス・GA)カスタムレポートとは 

Google アナリティクスカスタムレポートとは、Google アナリティクスのレポート機能のひとつです。ユーザーによって自由に項目を設定でき、独自の分析レポートを作成できます。

Google アナリティクスカスタムレポートは、「指標」と「ディメンション」の2つの項目を設定し、メディアの運営に必要な分析を可能にします。例えば「指標」では、セッションページ・ビューや直帰率といったデータが取得でき、「ディメンション」ではユーザーの都市やブラウザといった部分まで分析可能です。

マイレポートとはどう使い分ける? 

Google アナリティクスには、カスタムレポートの他にマイレポートという機能もあります。カスタムレポートとマイレポートの違いは、その分析の深さです。

マイレポートはアクセス状況の大まかな把握に適しており、反対にカスタムレポートは一つひとつを詳しく分析ができるといった違いがあります。どちらが優れているというわけではなく、マイレポートとカスタムレポートを状況によって使い分けるとより効率的に分析ができるでしょう

Google Analytics(グーグルアナリティクス・GA)カスタムレポートの作り方

ではここからは、Google アナリティクスカスタムレポートの作り方について解説します。まずは、左側のメニューのカスタムから「カスタムレポート」をクリックして、新しいカスタムレポート選択します。

analytics screen.png

analytics screen2.png

カスタムレポートの作成は以下の4つのブロックで構成されています。

  • 全般情報
  • レポートの内容
  • フィルター
  • ビュー

それぞれ一つずつ解説していきます。

全般情報

全般情報は、レポートのタイトルになる部分なので、どんな指標のレポートか自分ですぐわかるような名前にしておきましょう。以下のカスタムレポートの名前を設定するときも同様で、どの指標のレポートか分かりやすい名前にしておきます。

レポートの内容

レポートの内容は大きく分けると、3つの項目があります。

  • 名前
  • 種類
  • 指標グループやディメンションの詳細

ひとつずつ解説していきます。

名前

ここで設定した名前は黒いタブの部分に表示され、わかりやすいように変更しておくと最大5つまでのレポート管理に便利です。とはいえ、設定をするレポートが一つの場合はデフォルトのままでも特に問題はありません。

種類

種類は、エクスプローラやフラットテーブル・地図表示があるので目的に合わせたものを選びましょう。

まず、エクスプローラは、抽出したデータをさらに加工できます。通常はこの形式を選択し、追加でフィルターをかけたり検索したりといった、より深い分析ができるようになります。

フラットテーブルは、上記のエクスプローラーと反対に抽出したデータに変更を加えずにそのままエクスポートする場合に選択します。地図表示は地域ごとのトラフィックのような、設定した地図上で確認する場合に選んで設定します。

指標グループやディメンションの詳細

次は、指標グループやディメンションの詳細について説明します。

まず、指標グループでは、セッションPV 数、直帰率、平均セッション時間などのアナリティクス解析画面の横軸になる部分です。この時に「指標グループ追加」よって複数を選択することも可能です。
ディメンションの詳細は曜日や時間・参照元と言ったアナリティクス解析画面の縦軸になるものです。

フィルタ

フィルターは、モバイルからログのアクセス状況に絞って分析するといった使い方で、もし必要であれば設定しましょう。

ビュー

複数のサイトをGoogle アナリティクスに登録している場合は「このアカウントに設定されているすべてのビュー」を選択しておきましょう。こうしておくと、作成したカスタムレポートが全ての登録サイトに反映可能です。ここまで項目を確認して登録が完了したら、忘れずに保存をクリックしましょう。

また、設定を変えたい場合は後からでも編集できます。サイトの方針や分析に必要なデータが変わった場合は、忘れずに編集をしましょう。

Google アナリティクス カスタムレポートの導入方法

Google アナリティクスカスタムレポートの導入方法は、上記の方法かテンプレートを使う方法があります。いずれかの方法でカスタムレポートを設定しておけば、ワンクリックで知りたいデータを分析が可能になるため、簡単にアクセス解析ができるようになるでしょう。

次は、おすすめの Google アナリティクスカスタムレポートのテンプレートを紹介します。

おすすめのGoogle アナリティクスカスタムレポート

ここからは、ディメンションの詳細を分析できるGoogle アナリティクス カスタムレポートのテンプレートを紹介します。レポートは5つあるので、ぜひ参考にして必要なら設定してみましょう。

ページ分析

ページ分析は、ページごとのアクセス状況が確認できるカスタムレポートです。サイト運営の基本となるレポートなので、最初に導入しておくとよいでしょう。

ページ分析

日別分析レポート

日別分析レポートは1日ごとにアクセス状況が確認できます。こちらも基本の分析なので導入をお勧めします。

日別分析レポート

曜日分析レポート

曜日分析レポートは、セッションの多い曜日に特徴があるサイトの場合、導入しておくと便利かもしれません。

例えば、 習い事や資格といった休日にニーズが高い商材を扱うサイトの場合、特にどの曜日にアクセスが集まっているかを分析することも必要です。

曜日分析レポート

時間帯分析レポート

時間帯分析レポートは、サイト上でのキャンペーンの実施やメルマガの配信の時間帯など、セッションやコンバージョンが多い時間を狙いたい場合に有効です。

時間帯分析レポート

参照元分析レポート

各サイトでコンバージョン目標を設定している場合があります。
しかし、その場合はコンバージョン目標が異なることも多いので、デフォルトの参照元レポートでは分析が難しくなってしまうことも。
そこで、参照元分析レポートを導入しておけば、参照元や属性まで各サイトのアクセス状況が確認できるので便利です。

参照元分析レポート

リピート分析レポート

リピート分析レポートでは、デフォルトの新規とリピーターレポートよりもさらに詳細に、ユーザータイプを選択して分析した指標のユーザー行動を調査できます。

リピート分析レポート

キーワード分析レポート

デフォルトのレポートではオーガニック検索と広告が分類されています。キーワード分析レポートでは、ニーズのある検索キーワードをまとめて分析したい時に便利です。キーワードごとのアクセスを把握できるため、どのキーワードに注力していくかの判断材料にもなります。

キーワード分析レポート

ソーシャル分析レポート

SNSごとにアクセス状況が確認できます。ソーシャル分析レポートによって今後力を入れていくべき SNS が明確になるのでしょう。現代ではSNSの影響も大きいので、ぜひ活用したい分析レポートです。

ソーシャル分析レポート

ただし、ソーシャル分析レポートは PV 数やセッション時間などの重要指標は作成されますが、取得できるキーワードが限定されています。その部分をカバーするために、 Google サーチコンソールの活用・連携をしましょう。

カスタムレポートで効果的なサイト分析を

カスタムレポートの活用は、慣れないと難しく感じるかもしれませんが、サイトの運営にぜひ活用したいレポートです。紹介したテンプレートを使って、よりサイト分析を効果的にしましょう。