ユーザーにとって有益なコンテンツユーザー流入の導線とするコンテンツマーケティング広告よりも受け入れられやすく好感度が高いのが特徴です。最近は動画を活用したコンテンツマーケティングに取り組む企業も増えています。

スマートフォンで動画を視聴するのが当たり前になり、動画コンテンツマーケティングはさらに影響力を高めていくでしょう。今回は動画コンテンツマーケティングの事例を紹介し、明日からマーケティングに生かせるように解説します。

北欧、暮らしの道具店

ECサイト「北欧、暮らしの道具店」は、「雑誌で商品を知る楽しみを感じながら、買う場」として差別化し、メディアとして機能しています。北欧発の商品を中心に、日用雑貨やインテリアを販売しているのですが、独自の世界観が写真や文章に反映されていて、多くのファンを抱えています。

買い物する気がない人にサービスすることを目指し、YouTubeチャンネルでは「フィットする暮らし、つくろう」というコンセプトのもと、短編ドラマ、ドキュメンタリー、スタッフのおすすめ商品などを動画で紹介。インフルエンサーの習慣や家事、暮らしの道具をピックアップし、その人らしいルーティーンを伝える動画も公開しています。

これらの動画はLINEなどのSNSツールを通じて発信し、2019年11月時点でチャンネル登録者数は約5.6万人。YouTubeで人気が出にくい企業チャンネルとしてはかなりの成功を収めています。「繰り返し見て元気になる大好きなドラマに」という思いで作られた短編ドラマ「青葉家のテーブル」の再生回数は100万回超と、チャンネル登録者数の約20倍。目的どおり、繰り返し見ているユーザーの存在が推測されます。

動画コンテンツユーザーとの深い関係性を築くコミュニケーションポイントとして機能している好事例です。共感を生み、ブランドのファンを増やしたい場合はストーリー性のある動画コンテンツを制作し、継続的に公開してはいかがでしょうか。

新R25

株式会社サイバーエージェントの連結子会社が運営するメディア「新R25」は、「これからの時代を生き抜く仕事や人生のバイブル」をコンセプトにR25世代(20~30代)である若手ビジネスパーソンの成長を促すコンテンツを発信しています。インフルエンサーや著名人など拡散力を持つ人のインタビュー記事など100万PVを超える記事も多数あり、堀江貴文氏などのトーク中心の動画コンテンツも公開されています。

ビジネスハックになるノウハウや注目のサービス紹介動画、注目の若手起業家へのインタビュー動画、ヒット商品の裏側に迫る解説動画など多種多様な動画がありますが、約1分前後の動画が中心。スキマ時間に見やすい超短尺で、若手ビジネスパーソンが通勤などの移動中にさっと視聴できるボリュームに抑えています。インタビューする際に合わせて動画撮影をすれば、一度の取材で複数のコンテンツを制作できるでしょう。記事と動画、どちらのほうが反響がいいか分析してPDCAサイクルを回すことで、今後の発信ノウハウにも生かせます。

動画コンテンツマーケティングにおける最大の課題は「継続」です。動画は情報量が多いものの、制作コストが高く継続のハードルが非常に高いのが難点。一度作ったはいいものの、途中で頓挫してしまうケースが多いです。1分前後と短い動画を一度に大量生産する形であればストックを作りやすく、継続的に更新できる点がメリットです。