E-A-Tとは

E-A-Tについて具体的に説明しましょう。E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、TrustWorthiness(信頼性)の3つを意味するGoogleの検索順位の評価ポイントです。

「検索品質評価ガイドライン」に定められた重要な評価項目であることを留意し、専門性が高く、ユーザーからの信頼を集められる権威性の高いページを制作しなければいけません。単にページの内容だけではなく、制作者や運営者に関する情報や評判も評価にとって重要になります。

E-A-Tがなければ、セッションを集めることだけを目的に、作為的な被リンクの取得や不自然なキーワード設定をするWebサイトがいまだに検索結果に混在していたかもしれません。ユーザーの利便性を重視しているGoogleの方針を理解し、E-A-Tへの配慮を欠かさないコンテンツ運営が必要なります。

YMYLを意識したSEO対策

それでは、YMYLを考慮するとどのようなSEO対策が必要になるのでしょうか。具体的な対策についてピックアップしました。

コンテンツの制作者と運営者に関する情報を掲載する

E-A-Tを念頭におくと、専門性の高い人がコンテンツを制作したのか、信頼のおける人物がWebサイトを運営しているのかといった情報は重要です。ユーザーページに記載している情報を信頼できるか評価するためには、明確な情報公開が必要でしょう。どのような専門性を持っているのか、実績があるのかといった判断基準となる情報も大切です。

Webサイトの運営者が企業の場合も同様であり、できるだけ自社の情報を公開するべきでしょう。会社名はもちろん、所在地や連絡先など、信頼を得られるために開示したほうがよい情報は掲載しておきましょう。考え方としては、自分がオンラインショッピングで高価な買い物をするとしたら、Webサイトの運営者情報にどのようなことが記載されていたら信頼できるかです。

引用する場合は公的な情報を利用する

情報をどこから引用するかは、E-A-Tの評価を得る上で重要です。公的機関のWebサイトや大学などの研究機関、誰もが知る信頼性の高いページなどの情報を引用する必要があります。

誰が作ったのかわからない信頼性が低いページだと判断されかねない情報を引用しても自社のページにメリットはありませんので注意しましょう。情報を引用する場合は、タグの利用などで、引用したことを明示します。信頼性・権威性の高い情報を正しく引用しているページであることをGoogleに伝え、高い評価を得られるようにしましょう。

コンテンツの品質とボリュームを重視する

コンテンツに掲載している情報が正確であるのかを重視しましょう。誰が読んでも専門性が高いと感じられる内容であり、引用ばかりで構成されていないオリジナリティ溢れるボリュームが必要です。ユーザーに高く評価をされるコンテンツであれば、権威性があるとも判断され、優良なリンクも自然に得られる存在になるでしょう。

また、競合するWebサイトと比較して、自社が掲載している情報の専門性や信頼性が劣っていないかも確認しておくべきです。検索順位の決定には、複数のコンテンツの比較が常に発生していると考えてみましょう。競合するWebサイトより勝ることを確信できる高品質ページを作り上げなければいけません。

E-A-Tに基づいてチェックしてみよう

YMYLやE-A-Tは、検索品質評価ガイドラインにある重要なものとして理解した上でSEOに取り組むべきではあるものの、決して特別なことを言及しているわけではないと感じる人が多いと思います。YMYL領域は、ユーザーに対して取り返しのつかないほどの影響力を与えてしまう可能性があるので、特に注意が必要であるという話です。YMYL領域に該当するコンテンツは、他のコンテンツよりも十分に深掘りした専門性の高い情報を掲載したページであることがシビアに求められる傾向は今後も変わらないでしょう。

YMYLに該当するページを持っているなら、早速見直してみましょう。E-A-Tに基づいてチェックしてみると、改善するべき点が見つかるかもしれません。Googleのアルゴリズムのアップデートにより、YMYLに該当するページは大きな変動が発生する可能性があることを考慮しつつ、可能な限り最善の対策を取り続けたいところです。検索品質評価ガイドラインをはじめ、Googleの動向をチェックしながら、YMYL領域のページでも効果的なSEO対策ができるように尽力しましょう。