この記事は2015年3月6日公開されたものを更新しています。

世の中でその検索キーワードがどれだけ検索されているかを知りたいWeb担当者の方は多いのではないでしょうか。
どれだけ検索されているかを知るための助けになるツールがGoogleから出ている「キーワードプランナー」です。

今回はそんなキーワードプランナーの基礎知識から、使い方までを解説します。

キーワードプランナーとは

kwplanner.png
キーワードプランナーは、Googleが提供している公式ツールです。無料で利用することができるにも関わらず、非常に優秀なためとても多くの人が使っています。
本来はGoogle広告ネットワークである「Google AdWords」利用者向けのツールですが、利用していなくても登録だけすれば使うことができます。

先日、Google Adwordsで広告出稿していない人は詳細な月間平均検索ボリュームが見れなくなってしまいました。広告出稿している人は以前と変わらず詳細な月間平均検索ボリュームが見えているようです。※まだ一部のアカウントはお金を払ってなくても見れているようですが順次見れなくなるようです。

詳細なボリュームが見れるアカウントと見れないアカウント

では見れるアカウントと見れないアカウントの画面を比べてみましょう。
これが見れるアカウントです。

kwplanner02.png
キーワードプランナー」というキーワードの月間平均検索ボリュームが「33,100」と出ています。
では、見れないアカウントで「キーワードプランナー」と検索してみるとどうでしょうか。

kwplanner03.png
なんと、先ほどの「33,100」ではなく「1万〜10万」とかなりざっくりしたデータが表示されるようになりました。1万と10万ではかなり差があります。

この仕様は今後も変わることはないらしく、正確なデータを見たい場合は広告をAdwordsに出稿する必要があるようです。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

キーワードプランナーの信憑性

キーワードプランナーは本当に信用できるのでしょうか?Googleはヘルプでこう答えています。

なお、キーワード プランナーでは信頼性の高いキーワード候補やトラフィックの予測データを取得できますが、広告の掲載結果はさまざまな要因により変動しますのでご注意ください。
引用元:キーワード プランナーについて - AdWords ヘルプ
https://support.google.com/adwords/answer/2999770

検索データを取得しているGoogleが出す一次データなので信憑性は高いでしょう。ただ、季節要因などの影響もあり数値が左右されることはありそうです。
では早速キーワードプランナーの使い方を見ていきましょう。

キーワードプランナーで検索ボリュームを調べる手順

1.キーワードプランナーにログインし、ツールを選択する

kwplanner.png
キーワードプランナーにアクセスして、ログインします。

kwplanner04.png
画面上方の「運用ツール」メニューから、「キーワードプランナー」をクリックします。

2.検索ボリュームの見積り

kwplanner07.png
キーワードプランナーを選択すると、「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」と「予算の計画と予測データの取得」が現れます。

「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」の中にも3つメニューがあります。

  • フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索:フレーズなどから合いそうなキーワードを提案してくれます
  • 検索ボリュームと傾向を取得:指定したキーワードの検索ボリュームを表示してくれます
  • 既存のキーワードを組み合わせて新しいキーワードを取得:複数のキーワードを自動的に組み合わせて提案してくれます

kwplanner07.png
今回は、真ん中の「検索ボリュームと傾向を取得」で指定したキーワードの検索ボリュームを調べます。

3.検索ボリュームを見積もる

kwplanner08.png
オプション1の欄に調べたいキーワードを入力し、「検索ボリュームを取得」をクリックします。

kwplanner09.png
すると、指定した検索キーワードの検索ボリュームが表示されました。

キーワードプランナーを使ってクリック単価・広告費用を予測する手順

1.クリックと費用の掲載結果予測を取得を選択

kwplanner05.png
上部メニューからキーワードプランナーを選択し、「クリックと費用の掲載結果予測を取得」を選択します。

2.見たいキーワードを入力

kwplanner10.png
すると、キーワードの入力画面が表示されます。今回は「東京 ホテル」とします。

3.スライダーを動かしてクリック数と広告費用を算出

kwplanner06.png
スライダーが表示されます。右軸がクリック単価。左軸が予測クリック数です。クリック単価を上げれば上げるほど、クリック数が上に伸びていきます。

下の赤枠は、クリック数、表示回数、費用、平均掲載順位などの予測です。これでいくら出せばどの程度クリックが見込めるかなどがわかります。
ただし、キーワードプランナーの数字は万能ではない場合があります。どんなときに注意が必要なのか見ていきましょう。

キーワードプランナーの見積額は万能ではない

キーワードプランナーは広告出稿前に「平均クリック単価」と「1日あたりの費用」を確認できるとても便利なツールです。ただし、この金額はあくまで目安です。
想定金額との差が出ることが知られています。とくに次の2つのケースでは、見積額と実際の金額に差が出やすいケースが多いようです。

  • アカウントを作成して間もない場合
  • 検索数の少ないキーワードを狙う場合

アカウントを作成して間もない場合
「平均クリック単価」と「1日あたりの費用」は、ログインしているアカウントに蓄積された情報と他の広告主のデータの平均をもとに割り出されます。
そのため、アカウント作成後間もない場合「アカウントに蓄積された情報」がなく、他の広告主のデータのみを参考に金額を出てしまうためです。

検索数の少ないキーワードを狙う場合
検索数の少ないキーワードの場合、今までの統計データが少ないため、正確な見積額が出せません。

キーワードプランナーで出した数字は検索ボリューム以外にも、SEOで上位表示されたときの売上予想や想定サイト流入数などを調べるためにも使えます。
早速その方法を解説していきます。

キーワードプランナーの数字で売上予想を算出する方法

キーワードの検索ボリューム数を調べよう

コンバージョンの伴うWebサイトでの売上げは以下の計算式で大抵算出できます。

流入数×CVR(コンバージョンレート)×単価=売上げ

この計算式をベースに算出を行います。

まず、キーワードプランナーで特定キーワードにおける推定サイト流入数を調べてみましょう。
サイト流入数を算出するためには、検索ボリュームが必要となりますので、前述した方法で検索ボリュームを算出します。
今回は「SEO」というキーワードの検索ボリューム数を出してみました。

3_R.jpg
棒グラフは月別の平均検索ボリュームを表しています。
SEOというキーワードは40,500回/月で検索される可能性があるということがわかります。その下にはSEOというキーワードと掛けあわせた複合キーワードの検索ボリュームも表示されています。

この数字データをダウンロードしておきましょう。

上位表示された時の想定クリック数を算出する

検索ボリューム数はわかりましたが、上位表示されるとどれくらいクリックされるのか。これを算出しているデータがあります。
英Net Boosterが、検索結果のクリック率 (CTR) を独自に調査したデータです。
***

順位 クリック率
1位 19.35%
2位 15.09%
3位 11.45%
4位 8.68%
5位 7.21%
6位 5.85%
7位 4.63%
8位 3.93%
9位 3.35%
10位 2.82%

1位と10位のクリック率には約7倍の開きがあります。あくまでもデータなので、キーワードタイトルの付け方などで変わってきますが、参考値として覚えておきましょう。

これを検索ボリュームに掛け合わせることで、推定流入数(その順位で表示された場合)が算出できます。これをエクセルやスプレッドシートなどで管理します。

5_R.jpg

キーワードプランナーでダウンロードしたcsvファイルを上記のように整理し、前述した平均CTRを掛けます。

6_R.jpg

これでそのキーワードで上位表示された際の、推定流入数を算出することができます。
ただし、これはあくまでも推定です。タイトル名などによっても左右されるため、必ずこの数の流入があるわけではないので参考数値として理解してください。

キーワードプランナーの数字で月額売上金額を算出する方法

コンバージョンレートと平均売上金額を掛けて月額売上げを算出する

上記例でいくと、SEOというキーワードで1位表示された場合には「7,837」件のアクセスがあります。

アクセスがあるだけでは売上げには繋がらないため、ここに現在のWebサイトCVR(コンバージョンレート)を掛けあわせます。
現在のCVR(コンバージョンレート)をここでは仮定として1%。1CVR(コンバージョンレート)あたりの平均売上額を5,000円とします。
先ほどの表にこの数値を掛けあわせていきます。そうするとこんな感じになります。

7_R.jpg

この赤枠の計算式ですが、流入数×CVR×1CVRの平均売上額です。
よってSEOなら7,837×1%×5,000円=391,838円が1ヶ月1位表示した時の推定売上額となります。

月39万円以下の投資で1位表示が見込めるのであればやってみる価値はあるかもしれません。

もちろん、1位表示されてCTRが前述した数字よりも高いことは多々あります。
コストを投資する前の見極めとして、キーワードプランナーを活用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

キーワードがどれくらい検索されているかを知る方法はいくつかありますが、無料で使えるものはキーワードプランナーしかありません。
これからSEOリスティング広告などに出稿を検討されている方は、この無料のキーワードプランナーを使って、出稿すべきか、SEO対策をすべきか、考えてみることをおすすめします。