自社で運営しているサイトを分析していると、離脱率が多いページが見つかることがしばしばあるのではないでしょうか。もしそれがコンバージョンに関わるページの場合は早急な改善が必要です。

とは言っても、「なにを改善すればいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか。Webサイトの特徴によって対策法は変わってきます。例えば、オウンドメディアを運営している場合、内部リンクやCTAの改善を行うことで離脱率を下げることができるでしょう。

しかし、商品の注文やサービスの登録、お問い合わせをコンバージョンとするWebサイトの場合、入力フォーム自体に問題がある可能性があります。

そこでこの記事では、入力フォーム改善に使えるEFOツールについてご紹介します。

EFOツールとは?

EFOとは「Entry Form Optimization」の略語で、日本語に直すと「入力フォーム最適化」です。EFOツールは、Webサイトに設置された入力フォームを最適化するツールのことを指します。

EFOツールを導入すれば何が変わる?

EFOツールを導入することで、以下の改善が期待できます。

  • ユーザービリティの向上
  • Webサイト滞在率の向上
  • コンバージョン率の向上

「資料請求しようと思ったのに、入力フォームが使いにくくて途中で諦めた」という経験はありませんか? 入力フォームの使いにくさはコンバージョンに大きく影響します。

「指定された情報を入力しているのに反映されない」「エラーが表示されるけど、どこが問題かわからない」となるとユーザーは入力を諦めてしまいます。大きな機会損失になるので、EFOツールを導入を検討してみましょう。

EFOツールの機能

EFOツールの機能は以下の通りです。

  • リアルタイムアラート
  • 背景のカラーリング
  • ナビゲーション機能
  • 遷移ボタンの最適化
  • 住所の入力補助
  • ページ離脱アラート
  • ふりがな自動入力
  • 入力値の予測変換
  • 外部連携機能

EFOツールにはこれらの機能が付いています。入力フォームユーザビリティをあげる機能が備わっているので、コンバージョン率が低い場合は導入が必須となります。

誰でも簡単に使えるEFOツール8選

EFOツールはたくさんありますが、その中でもオススメのツール8選を紹介します。

formy

formy.png

画像引用:formy(フォーミー)|エントリーフォーム最適化(EFO)対策ツール|資料請求を改善

formyの特徴は誰でも簡単に入力フォームの改善、作成ができる点です。専用の管理画面から必須項目を選ぶことで、ものの数分で入力フォームが完成します。formyでは、既存のフォームがある場合でも改善可能です。

料金は月に6,000円(税抜)とリーズナブルな値段設定で人気のサービスとなっています。

f-tra EFO

ftraefo.png

画像引用:EFO(入力フォーム最適化)のエフトラEFO【平均22%成績アップ】

f-tra EFOの特徴はスマートフォンユーザーに特化した入力フォームの作成・改善が可能です。月額料金は30,000円と高めですが、UIの改善などf-tra EFOにしかできないサービスを提供しています。

EasyEntry

easyentry.png

画像引用:フォームを改善してゴール向上! EFOツール「EasyEntry」|株式会社HARMONY

EasyEntryの特徴は、100円からで入力フォームの解析ができる点です。ただ、価格設定の安さが影響し、入力支援機能は別で設定しなければなりません。「ユーザーの入力フォーム内での行動を解析したい」とお考えの方にオススメのサービスです。

EFO CUBE

efocube.png

画像引用:EFO(入力フォーム最適化)ならEFO CUBE

EFO CUBEの特徴は、入力補助機能はもちろんのこと、導入からフォームの改善案を作成する充実のサポートを提供している点です。

EFOツールを初めて導入する方でも安心して利用できます。月額費用は50,000円と少々高めに設定されていますが、業界最高水準を誇るサービスの品質の良さは魅力です。

Gyro-n EFO

gyronefo.png

画像引用:フォーム入力を支援する20の機能でコンバージョンを改善

Gyro-n EFOの特徴は、入力フォームの設定を専門スタッフが代行してくれる点です。あらゆる分野で実績のある専門スタッフのサポート体制が充実しているので、初心者でも安心して利用できます。

月額料金は15,000円〜(税抜)の比較的リーズナブルな上にサービスの品質がいいのでコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

EFOcats

efocats.png

画像引用:EFOcats | ワンタグを入れるだけで、既存のフォームが1画面1項目に。究極のEFOツール「EFOcats」

EFOcatsの特徴は、1画面に1つの項目を表示する形式で入力フォームを設置できる点です。基本の形は名前や住所を入力するページが1ページにまとめられていますが、EFOcatsでは名前や住所を入力する項目が分かれています。

EFOcatsでは、ユーザーにとってわかりやすい入力フォームを作成可能です。月額料金はスマホのみの場合だと30,000円、スマホとパソコンのセットだと50,000円で利用可能です。
ただ、初期費用が300,000円かかるので、価格設定は比較的高めとなっています。

GORILLA EFO

gorillaefo.png

画像引用:EFO(エントリーフォーム最適化)ツール|【GORILLA EFO】「2019年最新版」

GORILLA EFOの特徴はタグを設置するだけで簡単に導入できる点です。また、3つの強みと題して「サポートの手厚さ」「圧倒的低価格」「スマートフォン対応の充実したサポート
」を提供しています。

月額料金は5フォーム作成まで9,800円で利用可能。他のEFOツールは10,000円以上を超えるのものの、GORILLA EFOはリーズナブルな値段設定が魅力です。

スマートUPフォーム

smartupform.png

画像引用:EFOツール | フォーム最適化ならスマートUPフォーム

スマートUPフォームの特徴は、幅広い分析機能と入力支援機能を持ち合わせていることです。またスマートフォンに特化したEFOツールで、独自の機能を搭載し、細やかなサポート機能で、コンバージョン率の向上を手助けします。

料金が月額制ではなく、初期費用のみかかります。その価格は600,000円〜と前述したツールと比べると高いです。フォームが増えるごとに料金が高くなるので、今後の運営も視野に入れた上で慎重に選ぶ必要があります。

EFOツールを活用してCVアップを図ろう

この記事では、EFOツールについて紹介しました。Webサイト経由による商品の購入や問い合わせを増やしたいのであれば、入力フォームの設置は欠かせません。

また、ユーザーが使いやすいように改善することも大切です。入力フォームを一から作るには時間がかかります。入力フォームの設置や改善を考えているのならば、EFOツールを導入し活用しましょう。

EFOのテクニックについて知る

EFO(入力フォーム最適化)って?フォームを改善して売上を上げるための20のテクニック

EFO(入力フォーム最適化)って?フォームを改善して売上を上げるための20のテクニック

EFO(入力フォーム最適化)はコンテンツ内容やデザインに比べると対策の優先順位が低くなりがちです。ただコンバージョン率を高めるためにはEFOが必要不可欠です。