Webサイトを運営する上でABテストを行うことは、非常に重要な施策になります。しかし、どのようにして行えばいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。
この記事では、ABテストを行えるツールを紹介していきます。

ABテストとは

ABテストとは、AパターンとBパターンという2つの比較対象物を用意して、どちらの方がコンバージョン率やクリック数が高いかを測定するWebマーケティング施策です。よくWebサイト改善のために用いられます。一般的にユーザーWebサイトの機能やコンテンツだけでなく、画像の大きさや配置、全体構成など視覚的な要素で次アクションを変えます。コンテンツが同様であっても、ボタンの色やボタン内の文言で、ユーザーがボタンを押す確率は変わります。ABテストは、サイト運営側がユーザーにとって欲しいアクションを実現するためにサイト構成を最適化することが目的です。

ECサイトを例にとりましょう。あるECサイトの目的が商品購入ならば、AパターンのECページとBパターンのECページを用意します。扱う商品は同じですが、ボタンの配置や色合いなどを変えます。そして、A、Bページを複数ユーザーに見せて、ユーザーが商品購入に進んだページを成功パターンとして、今後のECページに採用します。たいてい、Aパターンは既存のページ、Bパターンを新規ページとして、既存ページと新規ページを比較するパターンが多いです。もちろん、AパターンとBパターンという2パターンが基本ですが、CパターンやDパターンを含んだ複数候補でテストをする場合もあります。数値改善を繰り返せば、自ずと高いコンバージョンを獲得できるサイトに変貌していきます。

マーケティング経験が少ない方にはABテストは聞き慣れないキーワードかもしれませんが、実際のテスト方法はとても簡単です。リリースされている無料、もしくは有料のABテストツールを利用するだけです。後は自動で計測してくれます。未経験者であってもツールを使えばテストはできます。ツールには特徴や料金体系が異なるため今回はABテストツールの無料版、有料版を紹介していきます。

無料のABテストツール

まずは無料のABテストツールを紹介します。

Googleオプティマイズ

optimize.png

画像引用:Google オプティマイズ

Googleオプティマイズとは、Google社のサービスであるGoogleオプティマイズ360の無償版です。ABテストツールの中には初月無料のABテストツールはたくさんあっても半永久的に無料のABテストツールはなかなかありませんが、Googleオプティマイズはその1つです。登録は簡単です。Googleアカウントを作成してテストケースを作って、実行するだけです。Googleアナリティクスと紐づけて、テスト結果を確認することができます。「どのABテストツールを使うか決まっていないユーザー」にとってははじめの一歩としてGoogleオプティマイズを使うのがベターでしょう。

参考:Google Optimize 徹底解剖! 使い方からレポートの見方まで総ざらい

Juicer

jucier.png

Juicerは、複数のマーケティングツール群ですが、その中にABテストツールがあります。ABテストツールの基本機能はすべて無料です。1行のタグをサイトに埋め込むだけですぐに利用が可能ですのでこちらも簡単にテストが開始できます。タグタグマネージャー経由も対応しています。
Juicerは多くの方に利用していただくことが目的のようなので、複雑な機能や玄人好みの機能はあえて実装せず、シンプルです。そのため多変量ABテスト(複数個所を変更したテスト)などには対応せず、1箇所変更によるABテストのみ実施可能です。Juicerのデータではテスト結果に基づき変更を加えた場合のコンバージョン率は平均163%も改善しています。

参考:機能紹介

有料のABテストツール

有料のABテストツールは豊富に揃っています。有名なABテストツールは有料がほとんどなので、それだけ改善効果が高いのではないでしょうか。

Kaizen Platform

kaizen.png

画像引用:KAIZEN PLATFORM

日本国内で一番有名なABテストツールがKaizen Platformです。Kaizen Platformは、テストパターンの作成はドラッグ&ドロップで実行可能なので、比較的簡単にテストパターンが作成できます。Kaizen Platformは多数のグロースハッカーと連携しているので、サイトの具体的な改善案やテスト結果分析などはグロースハッカーに協力してもらうこともできます。費用は一律金額ではなく、見積もりとなっています。

参考:A/Bテストツール徹底比較!マーケティング施策の成果を飛躍的に伸ばすテストツールとは?

Optimizely

optimizely.png

画像引用:Optimizely: The World's Leading Progressive Delivery and Experimentation Platform

海外の最も有名な有料ABテストツールはOptimizelyです。Optimizely社は、2008年の大統領選挙運動でオバマ陣営のディレクターを務めたDan Siroker氏とPete Koomen氏によって設立された会社です。世界の大手企業4000社以上で利用されており、世界No.1のABテストツールだと言われています。実施可能なテストタイプもABテスト、多変量テスト、複数ページテストなどバリエーションが豊富です。

テスト対象はパソコン以外にも、スマートフォンやタブレットが可能なので、良く閲覧される端末でテストが実施できます。さらに、Optimizelyのビジュアルエディタは直感的な操作で簡単にテストパターンが作成できるので、コーディングスキルがない方でも簡単です。ターゲットユーザーキャンペーンや地域、クッキーなどで分類ができるので、ターゲットの絞り込みが細分化できます。世界展開している企業には最適なABテストツールです。日本でOptimizelyを利用したい場合は、日本のOptimizely代理店を通すため、価格も代理店によって異なります。直接取引はほぼないようです。

引用元:ABテスト |Optimizely正規代理店ギャプライズ

Adobe Target

adobetarget.png

画像引用:徹底したパーソナライゼーション | Adobe Target

画像やコピー、UIなどを含むあらゆるパターンを比較テストできます。Adobe Targetの最大の特徴はターゲティングの細かさです。テスト対象者を細かく設定できます。ユーザーの居住地域や訪問回数、ブラウザのタイプやバージョン、言語、OS検索エンジン、パラメーターなどあらゆる項目よりターゲティングが可能です。Adobe targetはマーケター用サービスの総称なので、ここにはABテスト以外のサービスも含まれています。Adobe Targetの費用は公表されておらず、基本的にはAdobe社と直接やり取りして費用を決めるようです。

参考:かゆいところに手が届きすぎるABテストツール、Adobe Targetの魅力

SiTest

sitest.png

SiTestは、テストパターンを作る際にドラッグ&ドロップで要素の入れ替えができるため、HTMLCSSの知識がない非エンジニアでも簡単にテスト実施ができます。手間がかからないのでスピーディーにテストが繰り返せるためPDCAを高速で回せます。テストの条件はOS、ブラウザ、時間帯、曜日などで設定が可能です。ライトプランは月額8,500円~、スタンダードプランは見積もりになります。

参考:A/Bテスト

自社に合うものを選んで活用してみよう

ABテストツールの無料・有料版6個を紹介しました。先述した通り、ABテストを行うことは、サイトを運営する上で必ず行うべき施策です。

ツールそれぞれに特徴があるため、自社の目的に合ったツールを選んで、使ってみましょう。

WordPress(ワードプレス)で簡単にABテストができるプラグインまとめ

WordPress(ワードプレス)で簡単にABテストができるプラグインまとめ

WordPress(ワードプレス)で簡単にABテストができるプラグインまとめ

複数パターンのページを一定期間運用し、成果があったパターンを採用できるABテストは、仮説の検証にぴったりのテストです。簡単に実行できるツールが開発されるようになり、ABテストはマーケターにとって身近なテスト手法になりました。運用効率の良さなど多数のメリットから世界的に利用されているCMSであるWordPressにおいても、プラグインという形でABテストツールが存在しています。 今回は、ABテストができるWordPressのプラグインをまとめました。WordPressを使っている方はチェックしてみてください。