まとめ

2019年4月からGoogle広告に消費税がかかるようになり、10月からは消費増税によってさらにその負担は大きくなっています。
同じ規模で運用するのであれば、元の予算に10%上乗せする必要がありますので、広告配信の際はもう一度費用対効果を見直す必要があると言えます。
Google広告の運用を委託していて、消費税のアナウンスを受けていない場合は急いで確認をとりましょう。