Wordpressを利用している人であれば、一度使ってほしいテンプレート10個紹介します。ご紹介するテンプレートの中には、基本無料で提供されていますがプラグインの利用だけ有料になる場合があります。

最近は、モバイルフレンドリーなページがモバイル上の順位決定のシグナルとなるというGoogleの発表(※1)を受け、Googleも推奨するレスポンシブウェブデザインに対応したテンプレートが多くなってきました。
是非、利用用途などデザインに合わせて最適なテンプレートを選んでみましょう。

※1:http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html

Wordpress最新テンプレート10選

1.Travelify 

Travelify
https://colorlib.com/travelify/

ソーシャルメディアの拡散ボタンが充実したワードプレスの無料テンプレートです。
レスポンシブに対応しており、ソーシャルメディアの共有との相性が良いです。
白地にモザイク模様の背景、グリーンのボタンが涼しげでクールな印象を与えてくれます。キービジュアルはスライドショーになっており、好きな画像を設定できます。
何にでも使えそうですが、ブログなどの利用に適しています。

2.Tracks

Tracks
https://www.competethemes.com/tracks-live-demo/

国産のテンプレートではまず見ない、大胆な配置がされた無料のワードプレステンプレートです。
通常のパソコン画面で表示する場合、画像と記事の見出し表示エリアが左右に等倍で表示された、パノラマ表示になっています。
スマートフォンなどで見る場合は、この画像と見出し表示エリアの位置が上下に変わるため、パソコンではインパクト大のレイアウト、スマートフォンでは見やすく表示が切り替わります。
画像にマウスオンするとズームされるため、ギミックとしてもグッと印象を深めることのできるテンプレートです。

3.Restaurant Theme 

altテキスト
http://www.templatemonster.com/demo/52056.html

タイトルが示す通り、レストランや飲食店などの店舗用ホームページを作るのに適した無料のワードプレステンプレートで、レスポンシブ対応になっています。
バーや、レシピブログなども、大きな画像を使うことで強い印象を与えることが可能です。
ギャラリーの画像をクリックするとライトボックスで拡大表示させることができます。

4.Photography

Photography
Theme http://www.templatemonster.com/demo/52153.html

名称通り、撮影した写真やイラストなどを紹介するのに適したテンプレートです。
画像の色合いを強調するため、全体的に暗いトーンでまとめられており、こちらもライトボックスで画像を拡大表示できます。
オススメの利用方法としては、ファッションサイトやブランドページ、自身の撮影した写真を公開する目的、またインテリアなどの紹介ページとしても利用可能です。
画像をクリックするとそれぞれの記事ページに飛ぶので、通常のブログとしても利用できます。

5.Spacious 

Spacious
http://demo.themegrill.com/spacious/

こちらのテーマはこれまで紹介したテンプレートとは少しだけ趣が異なり、企業のコーポレートサイトなどにも使えそうなレイアウトをしています。
背景は薄いグレーで描かれており、その上に白地とグリーンのボタンが印象的です。
ボタンなどのデザインはフラットデザインを意識しており、タブレットやモバイルで閲覧されることも想定して作られています。

6.Semicolon 

Semicolon
http://semicolon.kovshenin.com/

通常、複数のサイズの画像を一つの画面上に並べるとレイアウトが崩れてしまい、見苦しいページになってしまうことはよくあります。
レスポンシブ対応テンプレートは最初からサイズの異なる画像を配置しており、しかもバランスが取れたレイアウトを実現しています。
特徴的なのはホームページの説明文がよく広告バナーが設置されている右上に配置されており、他にはない印象を与えることができるサイトになっています。

7.Hueman 

Hueman
http://demo.alxmedia.se/hueman

レスポンシブデザインでは珍しい左右にカラムのあるタイプのテンプレートです。
画面のサイズによりメニューがスライドするため、違和感なくページを利用することができます。
各記事には、Twitter、Facebook、Google+、そして日本ではあまり採用しているホームページが見ないPinterest(ピンタレスト)のシェアボタンがあるので、これらソーシャルメディアでの拡散を狙っている方は利用してみてはいかがでしょうか。

他にも上段の投稿記事はその記事内でスライダーになっており、スマートフォンなどのデバイスで閲覧する際には、縦スクロールだけでなく、横で記事を見せるのに適したデザインになっています。

8.Hathor 

Hathor
http://hathor.imonthemes.com/

コンテンツをブロックでレイアウトしており、デバイスによってブロックが移動する可変レイアウト風なレスポンシブウェブデザインになっています。
またトップページ上で横スライドを3か所搭載しており、こちらも少ない表示スペースを有効活用したレイアウトになっています。

白地を基調としたデザインになっており、企業のコーポレートサイトとして使いやすくなっています。コンテンツもサービスの紹介やクライアントの紹介スペースなど、コーポレートサイトとして利用されることを前提としたつくりになっています。

9.Nictitate 

Nictitate
http://kopatheme.com/demo/nictitate-is-a-multi-purpose-wordpress-theme/

洗練されたデザインとレイアウトが本当に無料のテンプレートかと思うほどのクオリティです。もちろんレスポンシブウェブデザインなので、デバイスを選びません。
こちらもビジネスシーンでの利用を想定して作られており、ショッピングカートの機能もあるため商品を販売している個人の方をはじめ、中小規模の企業の方もコーポーレートサイト兼ショッピングサイトとして利用できます。

10.Visual 

Visual
https://visualdemo.wordpress.com/

レスポンシブウェブデザインではなく、可変レイアウトを採用したブログタイプのテンプレートです。
ブラウザのサイズに合わせて計算されたブロックがヌルヌル動く様子が見ていて気持ち良いデザインです。
黒の背景にダークグレーのカラーリング、リンクはミントカラーで統一させており、シックな印象を与えるには最適なカラーリングとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「ワードプレスの最新テンプレート10選」をご紹介しました。
ワードプレスの良いところは、気軽にデザインやイメージを変えることができるところにあります。

無料のブログプラットフォームでは容易にレイアウトを変えることはできませんから、気に入ったデザインがあれば思い切ってワードプレスを始めてみるのも手かもしれません。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

アクセス解析が捗るWordPressオススメのプラグイン15選
使いやすさ重視の個人ブログに最適なWordpressテンプレート10選
【厳選】モバイルフレンドリーに対応した無料Wordpressテンプレート10選

このニュースに関連するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関して、カリキュラム形式で学びましょう