#enjoyhomeから新たな価値観・サービスを生む

まだまだ予断を許さないコロナ禍を乗り切るための、これからのヒントは#enjoyhome
新型コロナによるネガティブな影響は計り知れないものがありますが、ポジティブにこの状況を楽しむ姿勢を企業として提示し、新たな価値観やサービスを生み出すチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

巣ごもり消費者について知る

<7つの巣ごもり消費者タイプ別>今後の需要に応える商品・サービスは?

<7つの巣ごもり消費者タイプ別>今後の需要に応える商品・サービスは?

外出自粛が長引き、巣ごもり消費が増えるなか、具体的にどんな商品やサービスの需要が増しているのでしょうか。株式会社エヌケービーが2020年に行った巣ごもり消費者に関する調査によると、巣ごもり消費の需要は、7つに分類できると報告しています。記事では、上記7つの巣ごもり消費タイプ別に需要に応える商品・サービスを紹介します。

【調査データ】最も商品購入に繋がるSNSは「LINE」。巣ごもり消費者の実態とは?

【調査データ】最も商品購入に繋がるSNSは「LINE」。巣ごもり消費者の実態とは?

株式会社ジャストシステムは、2020年2月26日〜2020年2月29日の期間で17〜69歳の男女1,100名を対象に、Eコマース(ネット通販)とアプリコマースに関する月次定点調査を実施した。新型コロナウイルスの影響による、テレワークや外出自粛のため、今後ますますECサイト経由での商品購入の機会が増加傾向になると予想される。今回の調査結果から、自宅で過ごす巣ごもり消費者の実態が見えてきた。

巣ごもり消費の第二の波はあるか。アフターコロナ時代の消費行動に合うサービスとは

巣ごもり消費の第二の波はあるか。アフターコロナ時代の消費行動に合うサービスとは

新型コロナウイルスによる自粛生活でライフスタイルが大きく変わり、新しい商品・サービスを利用するきっかけが生まれ、消費行動に変化が生まれています。自粛前半は、自宅で快適に過ごせるようなサービスの需要が増していましたが、これからのアフターコロナ時代に伸びるサービスは何でしょうか?今後も高い需要が見込まれる注目のサービスを取り上げ、「どんなサービスが消費者から求められているのか」という成長の要因を分析していきます。