ミスを見直してA/Bテストの効果を高めよう

今回は、LPのA/Bテストでよく起こしがちな失敗のあるあるネタについて紹介していきました。LPの改善を行ううえでA/Bテストは非常に重要な役割を担っています。

LPは、ボタンの配置場所やカラー、キャッチコピーなどのわずかな変更で、コンバージョン率が変わります。そのため、A/Bテストを行う際は、適切な仮説を立てて一定期間実施し、信頼性のデータを取って試行錯誤することが重要です。

今回紹介した5つの失敗パターンは、うっかりと見落としがちなミスのため、あなたの会社でも行っている可能性があるでしょう。そのため、LPのコンバージョン率増加などを目標としている企業担当者は、記事を参考に、自社LPのA/Bテストについて改めて見直してみてみましょう。

関連記事

LPO(ランディングページ最適化)のA/Bテストで押さえておくべきポイント

LPO(ランディングページ最適化)のA/Bテストで押さえておくべきポイント

Webサイトを利用して集客を行う場合、訪問したユーザーのモチベーションを高められるかは最初に閲覧したページ(ランディングページ)に影響するところが大きいです。ユーザーが、すぐにページから離脱してしまうことなく、コンバージョンにまで結びつけるには、有益な情報を掲載したページであることをスムーズに理解してもらわなければいけません。しかし、ユーザーと言っても千差万別であり、自社がターゲットとするユーザーのモチベーションを高められるページを作り上げるのは、容易なことではなく色々な仮説を検証してみなければいけません。

ランディングページ(LP)を作る際に大切にする4つのコツ

ランディングページ(LP)を作る際に大切にする4つのコツ

記事ではランディングページの作り方や大切な4つのコツをご紹介しています。企業のWebマーケターで、初めてランディングページを作る際に、どのような点に注意すればいいかわかりませんよね。記事を参考にすれば、成果の上がるランディングページをスムーズに作れるようになるでしょう。

ヒートマップツールを用いてLPOを実施しよう。無料ヒートマップツール5選

ヒートマップツールを用いてLPOを実施しよう。無料ヒートマップツール5選

Webサイトやコンテンツの中で「訪問者に見られている箇所」をあぶり出すツールとして人気のあるヒートマップ。有料なのでなかなか手が出せないという方にうってつけの「無料で使えるヒートマップツール」を厳選して5つ紹介します。今日からヒートマップツールを活用して、サイトの集客効果をさらに高めましょう。