Googleタグマネージャ導入のメリット

Googleタグマネージャを導入するメリットとしては何があるのでしょうか。大きく分けて次の4つが挙げられます。

  1. バージョン管理ができる
  2. タグの設置が容易になる
  3. 公開前にプレビューできる
  4. タグ管理が容易になる

それぞれ見ていきましょう。

1.バージョン管理ができる

gtm02.png

Googleタグマネージャではバージョン管理ができます。バージョンとは、いつ更新されたか、何番目に公開されたかを示すものです。この機能があることで、現在公開中のバージョンになにかトラブルが起きた際、トラブル前の状態にすぐに戻せます。

Googleタグマネージャで新しく変更を加えると、自動的に新しいバージョンが作成され、途中で編集を止めても続きから編集することが可能です。

2.タグの設置が容易になる

前述したとおり、Googleタグマネージャを使うと、管理者や開発担当者に依頼することなく自分でタグをソースに埋め込めます。

今までサービスごとに発行されたタグは、それぞれページのソースコードの中に書いていく必要がありました。しかしGoogleタグマネージャを使うと、タグマネージャ管理画面に入力して保存すればページのソースに反映されます。

3.公開前にプレビューができる

gtm03.png

設定内容の動作確認用の機能として、プレビューモードがあります。

これは、ページで設定内容が正しく配信されているか確認できる機能です。
正しく動作している場合はそのまま公開ボタンを押すと、実際のページに反映されます。

4.タグ管理が容易になる

タグ設置が増えてくると、どのタグがどのページに埋め込まれているのか分からなくなります。タグの設置漏れなども発生してしまいます。

しかし、Googleタグマネージャを使うと、全てのページに一気に設置できたり、どのタグを埋め込んでいるのかもわかりやすく管理できます。

Googleタグマネージャの設置方法

今回はGoogleタグマネージャを使って、Googleアナリティクスのタグを設置してみます。

1.Googleタグマネージャにログインします

gtm01a.jpg
Googleタグマネージャ公式サイトの画面右上にある「Sign in for Tag Manager」を選択します。

2.新しいアカウントを作成しよう

gtm04.jpg

Googleタグマネージャを始めるには、アカウントを作成する必要があります。アカウント名はあとからでも変更ができるので、分かりやすい名前を付けておきましょう。入力が終わったら続行を選択します。

3. コンテナを設定しよう

gtm05.jpg

アカウントの設定が終わると、コンテナの設定に移ります。
コンテナとは、Googleタグマネージャにおける管理の箱を意味します。コンテナを設置すれば、その中で自由にタグの出し入れが可能になります。

分かりやすいコンテナ名を入力し、コンテナの使用場所を選択します。Webサイトに設置したいので、「ウェブ」を選択します。「iOS」と「Android」はアプリ用、「AMP」はAMPページ用になります。作成を押すと、利用規約が表示されるので同意すると次の画面へ移動します。

4.タグを取得し、ページに埋め込みます

gtm06.jpg

表示されたコードを、ページに全て指示どおり埋め込むとGoogleタグマネージャが使えるようになります。