35歳以上の視聴者層が多いFacebook Liveで新たな視聴者層にアピールすることが目的

FacebookはSNSの中でもフォーマルな印象のあるサービスです。その理由は、匿名ではなく実名で利用することや、利用者の平均年齢層が高い(35歳以上)ことが挙げられます。

SNSやライブ配信といったサービスには、イメージとして「若者が利用するもの」という印象がありますが、Facebook Liveはむしろ高めの年齢層がメインのユーザー層なので、他のサービスではリーチできないターゲットにマーケティングを仕掛けられるのです。

この年代のユーザーは、長い自粛期間の中で募った孤独を癒やすためにFacebook Liveを利用している可能性が高く、加えてFacebookの特徴である「コミュニティを作りやすい」という文化を活用したコンテンツづくりを意識すれば、新たな客層に効果的なアプローチをかけられるでしょう。

注目すべきチャンネルを紹介

ここからは、Facebook Liveを効果的に活用しているおすすめのアカウントをご紹介します。動画ならではの手軽さや情報のコンパクトさを活かしたコンテンツ作りは非常に参考になります。ぜひ確認してみましょう。

Tasty Japan

ご存じの方も多い「Tasty Japan」は、料理のレシピ動画を作成・公開するチャンネルです。海外のWebメディアBuzz Feedが運営する「Tasty」というチャンネルの日本版という位置づけになります。世界中にファンを抱えるTastyですが、Facebook以外にもYouTubeやTwitterなど様々なプラットフォームコンテンツを配信し、多くのユーザーを魅了しています。

魅力は「誰でも作れそうな料理」というテーマの通り、簡単で美味しそうな「技ありレシピ」や、思わず見入ってしまうくらいにさくさく料理が作られていく「編集の妙」にあります。また、スマホで見ることを想定したカメラアングルも、ユーザーへストレスを与えない設計になっており、隠れた魅力の一つと言えるでしょう。

Tasty Japanの例から分かることは、「コンテンツの質の高さ」と「ユーザーへの思いやり」が重要である、ということです。特にSNSでは、情報がすぐに埋もれていってしまうので、どうにかユーザーの目を引き止めなければなりません。

興味のないコンテンツは注目を浴びませんし、せっかくよいコンテンツでも出し惜しみをして長々と見せ場を引っ張ってしまうと情報の海に流されてしまうのです。Tasty Japanはその点を踏まえても、非常に参考になるコンテンツ作りをしています。ぜひチェックしておきましょう。

参考:Tasty Japan

MetDaan Makeup

メイク動画をアップしているMetDaan Makeup。世界中のユーザーに拡散され、970万人以上のフォロワーを抱える巨大チャンネルとなっています。フォトジェニックなモデルを多く起用し、女性をターゲットとして、メイクやヘアアレンジといった美容系をテーマに動画を制作しています。

明確なビフォーアフターによって、ユーザーコンテンツとしての面白さに加えて商品への期待値が高まります。動画内で利用された化粧品が購入されることで、MetDaan Makeupにはアフィリエイトの収益が還元される仕組みとなっているのです。

美容と動画という相性抜群の組み合わせが功を奏した好事例と言えるでしょう。ぜひMetDaan Makeupを参考に、動画と組み合わせやすいテーマを絞り込みましょう。