「自分のWebサイトにFacebookのページを記載したい」と思ったことはありませんか?インターネットを検索してみると、ブログのプロフィール部分に自身のFacebookページを載せているのを度々見かけることでしょう。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

「埋め込みには、なにか専門的な知識がいるのでは……」と思っている方もおられるでしょうがそうではありません。

この記事では、

  • Facebookの投稿をWebサイトに埋め込む手順
  • FacebookページWebサイトに埋め込む手順

の2つを紹介します。

Facebookの投稿をWebサイトに埋め込む手順

まずは、Facebookの投稿をWebサイトに埋め込む手順を紹介します。難しいと思われがちな埋め込みですが、専用のコードを取得し、Webサイトに貼り付けることで対応可能です。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

Facebookから埋め込みコードを取得

まずはFacebookにログインし、Webサイトに埋め込みたい投稿を表示します。右上をみると、「…」このようなアイコンがあるので、そちらをクリックします。

クリックすると、リンクを保存」という表示の下に「埋め込み」という項目が表示されるので、そちらをクリックしてください。

そのあと、「このコードをコピーして、ウェブサイトに貼り付けてください」と表示されるので、すぐ下にあるコードをコピーしましょう。次の「埋め込みコードをHTMLに貼り付け」で使います。

埋め込みコードをHTMLに貼り付け

上記でコピーした埋め込みコードをWebサイトHTMLに貼り付けましょう。

おそらく、Facebookの投稿はWebサイトの記事コンテンツに入れることが多いはず。Facebookの投稿を挿入したい箇所にコピーしたコードを貼り付けます。

この時に注意してほしいことは、ビジュアル画面で貼り付けをしないということです。

WordPressを使っている方は特に注意して欲しいのですが、文章の装飾がリアルタイムでできるビジュアルエディターと、コードを入力するコードエディターがあります。

埋め込みコードはHTMLコードなので、ビジュアルエディターで貼り付けしてもWebサイトに反映することはありません。必ず、コードエディターに貼り付けるようにしましょう。