ホームページの集客力を高めるためにSEOは不可欠です。
自社でSEOを実施している企業が増えていますが、手が回りきらない場合はSEO会社への依頼を考えることもあるかと思います。

しかし、悪質なSEO会社に依頼したばかりに大きな被害を受けたという事例は数々出まわっており、「SEO会社は全て詐欺業者」というイメージがついてしまいかねないほど、悪質なSEO会社が横行していた時もありました。

2012年にGoogle検索エンジンが実施したペンギンアップデートパンダアップデートにより、そのようなSEO会社の多くは淘汰されましたが、現在でもまだまだ悪質なSEO会社は存在するのが実情です。

Web担当者の皆様は、悪質かそうでないかを見極めるポイントは把握できいますでしょうか?

今回は、良いSEO会社と悪いSEO会社の判断基準を解説します。
(ここでは、良いSEO会社=ホワイトハット、悪いSEO会社=ブラックハットという定義でお話しします。)

SEOにおける全ての評価基準となるのはGoogleのガイドライン

SEOは「検索エンジン最適化」と訳される通り、検索結果での露出を増やす一連の施策を指します。
日本国内の主要な検索エンジンGoogleとYahoo!の2つですが、Yahoo!はGoogle検索エンジンアルゴリズムを採用しているため、SEOGoogle検索エンジン最適化と言えます。

Googleは、検索エンジンに評価されるための基準を全てウェブマスター向けガイドラインに記載しています。
基本的にはこちらの内容に沿う施策がホワイトハット、違反するような内容がブラックハットとなります。

ウェブマスター向けガイドラインは非常に長いですが、SEO会社への依頼をお考えの方は、悪質な業者に騙されないためにもしっかりガイドラインの内容を把握しましょう。

参考:
ウェブマスター向けガイドライン - Search Console ヘルプ
Googleウェブマスター向けガイドライン全34項目補足情報まとめ

悪いSEO会社(ブラックハットSEOを行う会社)の特徴

主な施策

外部リンクの設置

現在もリンクに対する評価は高いため、外部リンクを増やせば比較的短期間で検索順位が上昇する可能性はあります。
しかし、「外部リンクを◯本設置する」というようなプランを打ち出しているところは原則全てブラックハットSEOとみなして問題ないでしょう。

外部リンク施策が、リスキーだという認識が広まった今は「外部リンクの質が良く、自然リンクのように設置するからブラックハットとがみなされない」とアピールする会社もありますが、どのようなリンクであれ、自作自演リンクを設置する時点でペナルティを受ける危険性があるので手を出さないほうが懸命でしょう。

キーワード含有のみを意識した質の低いコンテンツを大量に作成

内部施策として、ホームページ内のコンテンツを増やすプランを提供している会社も増えてきましたが、コンテンツ施策だから安心、ということはありません。
対策キーワードの含有率のみを意識した支離滅裂な文章(ワードサラダ)を生成してくる場合があります。
コンテンツの質が低いかどうかを判断するには、まずキーワードに沿った内容になっているか、ユーザーに有益な情報が含まれているかどうかというところを基準にしてみましょう。

コンピュータが生成したような内容に乏しい文章をホームページに追加してもSEO的な効果が狙えないどころか評価を下げる要因になってしまいます。

悪いSEO会社と判断できるポイント

外部リンクの品質の良さをアピール

先にも説明したとおり、外部リンクはいくら質がよくてもペナルティの危険性が常につきまとうのでどのように説明されても警戒しましょう。
ドメインとIPの分散率が高い」「アンカーテキストを自然に設置できる」とアピールされても危険性は変わりません。

ビッグキーワードでの上位表示事例を提示してくる

外部リンク提供を明言していなくても、検索数の多いビッグキーワードでの上位表示事例を全面に押し出してくる場合は、外部リンク利用を疑った方がいいでしょう。(もしくは外部リンクすら使わず何もしないという非常に悪質な会社も存在します。)

ホワイトハットSEOにおいては、ビッグキーワードでの上位表示を狙うことはほぼ不可能でしょう。(元々サイトパワーがあるホームページであれば可能性はありますがごく一部です。)
そもそも、ホワイトハットSEOにおいては、ビッグキーワードでの上位表示は本質的ではありません。

早期の上位表示を謳う

外部リンクを使わない場合、早い段階で効果が見えることはほとんどありません。
「1ヶ月程度で結果を出す」とアピールする会社は警戒しましょう。