URLの正規化は301リダイレクト

最後は、URLの、「wwwあり」と「wwwなし」の統合についてです。

Googleは、同じコンテンツを表示する「http://www.example.com/」と「http://example.com/」は、別々のページとして処理しています。Googleは重複しているコンテンツが嫌いなので、SEO的には良くない状態です。
そのため、Search Consoleのヘルプでは、Search Console のサイト設定で「wwwあり」、「wwwなし」を指定して、使用しないドメインから正規のURLへ301リダイレクトすることを推奨しています。

使用するドメインを設定した後、301 リダイレクトを使って使用しないドメインからトラフィックをリダイレクトして、他の検索エンジンユーザーにどちらのバージョンを使用するかを伝えることができます。
引用元:使用するドメインの設定(www の有無)

まとめ:適切なリダイレクトは効果的なSEO

今回は起こりうる可能性の高いケースを解説しましたが、Googleが推奨するリダイレクト処理をすることは、基本的ながらも重要なSEO対策です。
Web担当者はぜひ理解しておきましょう。

  • URLの変更を伴うサイト移転には301リダイレクト
  • レスポンシブウェブデザインへの移行には302リダイレクト
  • ページを削除した場合は、404か410リダイレクト
  • URLの正規化は301リダイレクト

Web担当者必見!SEO対策に役立つおすすめのツールをご紹介

このニュースを読んだあなたにおすすめ

SEO対策に関するカリキュラム

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。