Gooute Pte.Ltd(グート)は、2015年8月31日よりスマートフォンやタブレット、パソコン向けコンテンツ配信メディアプラットフォーム「GOOUME JP」の提供を開始します。
今回は、「GOOUME JP」のサービス概要と、グートのCEOである横地俊哉氏へのインタビューをご紹介します。

「GOOUME JP」概要

「GOOUME JP」は、日本の最新トレンドやコンテンツを海外に配信するプラットフォームで、アプリケーションやクラウドシステムの開発は、「株式会社見果てぬ夢」が担い、見果てぬ夢の戦略的提携先でFoxconn Technology Groupの子会社である「Power-All Network Limited」が、世界最大規模で展開するクラウドネットワーク・システム「Inter-Cloud」を提供します。
これにより、日本のクリエイターやライター、コンテンツや日本エンターテインメント系の情報やファッション、観光情報等のトレンド情報を配信することが可能となります。

「GOOUME JP」は、年内までに、複数のOSAndroid・iOS・Windows)やWebブラウザと複数のデバイス(スマートフォン・タブレット・PC)に対応し、日本語、英語、中国語、スペイン語等の複数の言語での提供を予定しています。
8月31日より提供を開始する「GOOUME JP」は、Android向けアプリケーションとWebブラウザに対応し、デジタルハリウッド株式会社や株式会社フジスマートワーク等に所属する複数のクリエイターやライター(CREW)がクールジャパンの情報・コンテンツを提供します。

また、Goouteは低価格スマートフォンを企画・製造する中国や台湾の企業5社と、各社が製造するデバイスにGOOUME JPアプリをプリインストール(初期からインストールされている状態)、または各社の公式サイトを通じて各社のユーザーに「GOOUME JP」を提供する方向で合意しました。
これにより、2015年秋以降、アジアを中心とするグローバル市場で年間数千万台規模の低価格スマートフォンユーザーに「GOOUME JP」を提供することが可能となります。

GOOUME JPの「CREW」について

GOOUME service introduction - Japanese sub

GOOUME JP(グーミィジェイピー)では、各分野のCREW(クルー)が作成したキュレーション記事やオリジナルコンテンツを無料で楽しむことができます。
CREWになることを希望する日本の個人やコンテンツプロバイダーは、ウェブ上または面談により申込をすることができます。
申込時には、企画内容や海外の宗教や文化上のレギュレーション等の簡単な確認が行われます。申込が完了すればCREWとしてGOOUME JP上に記事やコンテンツを自由に配信することができます。
CREWが作成した日本語のコンテンツを英語・中国語(繁体字・簡体字)に翻訳する体制もできており、今後のパートナーの拡大に合わせて対応言語も増えていく予定です。

なぜ低価格帯のスマホなのか

Goouteは、低価格(格安)スマホを販売する事業者と提携し、格安スマホユーザー「GOOUME JP」が使われやすい環境を構築しています。なぜ、iOSや一般的なAndroidではなく、格安スマホにターゲットを絞ったのでしょうか。

世界のスマホ市場について

国内ではAndroidとiOSが拮抗している状態が続いていますが、世界的にはAndroidシェアが8割を超えており、中国のxiaomiに代表されるような格安スマホを販売するメーカーが急伸しています。

参考:
調査リポート:OS別世界スマートフォン市場シェア、AndroidとiOSが96.3%に──IDC調べ - ITmedia Mobile

一方、利益率に注目してみると、OS別販売台数のシェアは2割程度だったiOSが、全体の9割異常を占めるという状態になっています。
参考:
アップルの利益、世界スマホ業界の9割超に - WSJ

高価格帯のスマホ市場はAppleがほぼ独占している状態となっており、それ以外は全て格安スマホ市場で勝負する他なくなっています。
しかし格安スマホの場合、端末を販売してもほとんど利益がでないため、どれだけ販売台数を伸ばしても利益率においてはAppleに大きく溝をあけられてしまっている状態は変わりません。
そのような状態を打破できるきっかけをつくるのが、「GOOUME JP」のビジネスモデルです。

格安スマホにプリインストールされた「GOOUME JP」のコンテンツで収益の一部がスマホメーカーに配分されるシステムを構築することで、低価格スマホの利益率を向上させるのが狙いです。