世界的に見ると、今やTwitterを凌ぐ勢いで急成長を遂げている、中国発の短編動画共有アプリTikTok(ティックトック)。多くのユーザーにリーチできる可能性があることから、最近企業や地方自治体によるプロモーション利用も増えています。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

ところがこのTikTokアプリの使用を巡っては、アメリカを中心に世界各国で「禁止」の動きが広がりつつあります。そこで今回の記事ではビジネスパーソン、マーケター、SNS担当者に向け、日本のユーザーにとって、TikTokはこれからどうなっていくのか世界各国の動向、中国の反応も交えながら読み解いていきます。

TikTok(ティックトック)の世界的な人気

まずは、TikTokの世界的な人気を他のSNSプラットフォームと比較しつつ、数字で見てみましょう。

全世界の月間ユーザー数は8億人

image1.png

[図1]SNSの月間利用ユーザー数(全世界)

出典:【最新Excelデータ配布中】日本・世界のSNSユーザー数まとめ(Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,LINE)|インスタラボ

世界におけるTikTokのユーザー数は2020年1月時点で8億人(月間)。Twitterの2.5倍以上、LINEの8倍近くに上ります。TikTokは「新興SNS」というイメージもありますが、今やFacebook、Twitter、Instagram、You Tubeと肩を並べる巨大プラットフォームに成長しているのです。

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

日本のTikTok(ティックトック)ユーザー数

image2.png

[図2]SNSの月間利用ユーザー数(日本国内)
出典:【最新Excelデータ配布中】日本・世界のSNSユーザー数まとめ(Facebook,Twitter,Instagram,YouTube,LINE)|インスタラボ

日本国内におけるTikTokのユーザー数は2019年2月時点で950万人(月間)。既に浸透しているTwitter、Facebook、Instagram、LINE、You Tubeと比較すると少ないですが、それでも着実にユーザー数を獲得している状況が見て取れます。

日本の企業・自治体によるTikTok利用状況

このようにユーザー数が急伸する中、そこへリーチしようとする企業利用も増えています。

日本の企業ではユニクロ、サントリー、J:COMといった有名企業がTikTok向けの短編動画を制作して配信し、プロモーションに活用。

そのほか、埼玉県、神戸市、神奈川県、大阪府など地方自治体によるPR動画配信なども見られました。

参考:
企業は「TikTok」をこう使っている! ユーザーも盛り上がったキャンペーン事例4選|Web担当者Forum
【2020年版】海外SNSランキング | 世界と日本のSNSユーザー数と普及率の違いを分析|Digima

TikTok(ティックトック)と「抖音(ドウイン)」の関係

TikTokは中国発祥のアプリであることは、既にご存知の方も多いと思います。

しかし、中国内で利用されているアプリ「抖音(ドウイン)」と、グローバルに利用されているアプリ「TikTok」はプラットフォームとしては「別立て」されているものです。

「抖音(ドウイン)」の海外版アプリが「TikTok」という立ち位置で、アプリを示すアイコンは全く同じものですが、そもそも登録の入り口・方法から違います。「抖音(ドウイン)」は自分の電話番号を入力してユーザー登録をします。

一方、「TikTok」は「Twitterアカウントで利用する」など他のSNSアカウントと連携できるようになっていて、「抖音(ドウイン)」よりユーザー登録の入り口が簡単、かつ、さまざまな規制がある中国国内のインターネット事情と切り離され、グローバル市場に対応した仕様になっています。

参考:日本人が中国版TikTok「抖音」を利用する方法|中華ライフハック

誰でも分かるTikTokの登録方法・始め方【写真で解説】|STORES MAGAZINE