Twitterで企業アカウントを運用されている方は、「Twitterカード」の設定は行われているでしょうか。
自社ホームページコンテンツを紹介する時など、通常の投稿よりも目を引きやすい形式になるため、クリック率を高めることができます。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

今回は、企業としてのアカウント運用するのであれば設定しておいた方が良いTwitterカードの設定方法を解説します。

Twitterカードとは?

Twitterカードとは、Twitter上でのOGP設定を指します。OGPとは、FacebookやTwitterなどのSNSでURLが投稿された際、自動的にURLページ情報を表示する機能を指します。

参考:
FacebookのOGP設定方法+参考記事6選

Twitterの場合、ツイートにURLが含まれている場合、そのURLサムネイル画像、、タイトル、meta description(紹介文)が自動的に表示されます。

Twitterカード未設定
Twitterカード未設定の状態。

Twitterカードが設定されている状態
Twitterカードが設定されている状態。ツイートに含まれるURLの概要が自動的に表示されます。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

このように、通常のツイートよりも表示幅が広がり、リンク先の概要もひと目で把握できるので、ユーザーの関心を引いてリンクをクリックしてもらえる確率が高くなります。
自社ホームページへの誘導を1つの目標としている企業であれば確実に設定しておくべきです。