移り変わりが激しいIT業界では、毎日のように新たなトレンドやツール、サービスが誕生しています。
そんな中でいち早く最新情報を掴み、業界の変化についていくためにも情報収集は欠かせません。

今回は、ベンチャーやスタートアップ界隈なら必ず見ておきたいメディアをまとめてご紹介します。
すでに知っているものばかりだと思いますが、知らないメディアがあれば参考にしてみてはいかがでしょうか。

スタートアップ業界で見ておくべきメディア11選

1.THE BRIDGE

THE BRIDGE
http://thebridge.jp/
「起業家と投資家を繋ぐ」というコンセプトで、日本・アジアを中心としたスタートアップ関連情報を発信するメディアです。
中でも、資金調達、スタートアップ時の立ち上げに関する情報は特に多く見ることができます。

国内外の最新ニュースを毎日10本程度アップしており、常に目新しい有益な情報が手に入ります。
月間のユニークユーザーは約55万人、RSS購読者は7000人です。(2015年9月17日時点)

本メディアに関連した会員制イベント「THE BRIDGE」を開催するほか、テクノロジー系企業のデータベース「THE BRIDGE Data」、毎月の新着記事約300本をまとめたPDFマガジン「THE BRIDGE Monthly」といったコンテンツも提供中です。

2.大江戸スタートアップ|週刊アスキー

大江戸スタートアップ|週刊アスキー
http://weekly.ascii.jp/sp/startup/
スタートアップにフォーカスし、最新サービスやガジェット関連の情報を発信しているプロジェクトです。
パソコン誌「週刊アスキー」のホームページ内で公開しています。

3.TechCrunch

TechCrunch
http://jp.techcrunch.com/
2005年にシリコンバレーからスタートし、日本以外に米国・中国・ヨーロッパ版も提供中のテクノロジーメディアです。
米国から欧州、アジア地域に渡る幅広いテクノロジー業界の情報を配信しており、最新のニュースからスタートアップ、エンタープライズ、ソーシャルまで広範囲の話題をカバーしています。

日本では、2006年6月にTechCrunch Japanが登場しました。
現在では日本版だけの記事、イベント開催もおこなっています。

独自の投稿記事はもちろん、定期的に開催しているリアルイベントにも注目です。

4.TECH WATCH

TECH WATCH
http://www.techwatch.jp/
シュフモ、デイリーポータルなどでおなじみの、ニフティ株式会社が運営するメディアです。
シリコンバレー、ベイエリアを中心に、テクノロジー関連の情報をタイムリーに届けています。

サンフランシスコ市内に設けている編集拠点「ZEN SQUARE」とのコラボレーションによる、現地ならではの目利き力が最大の特徴です。
よくあるウェブメディアのようなぎっしりと情報の詰まったレイアウトではなく、シンプルなブログのような見た目となっています。

5.TechWave

TechWave
http://techwave.jp/
「グローバル視点で日本のテクノロジーを考える」というコンセプトのもと、日本から海外へ突き抜けていく人に焦点を合わせたメディアです。
記事カテゴリは大きく分けて7個で、幅広く情報をキャッチすることができます。
フッター部分にはタグクラウト、最新の投稿、月間アーカイブがまとまっており、情報を探し出すのが容易なのも魅力的です。

また、年2回開催している「アプリ博」や「国民総プログラマー化計画」という企画を展開するなど、リアルイベントも多数運営しています。

6.CNET Japan

CNET Japan
http://japan.cnet.com/
アメリカのCNET Networks, Inc.が運営するIT系ニュースメディア、CNETの日本版です。
日本国内では朝日インタラクティブが運営しており、ビジネス・テクノロジー関連業界の最新動向を配信しています。
コンテンツの分類は大きく分けて6つで、最新ニュースからデジタル製品のレビュー、特集ほか豊富なラインナップとなっています。

また、グループメディアである朝日新聞DIGITAL、ZD Net Japan、builderの最新記事も同時に確認が可能です。

7.Techable

Techable
http://techable.jp/
株式会社マッシュメディアが運営するテック系のニュースメディアです。
国内外のスタートアップ、ベンチャーの最新サービスを中心に情報配信をしています。

テックからモバイル、マーケティングまで広範囲のニュース、始まったばかりのスタートアップサービス、リリース情報をいち早くキャッチできます。
ずらりと並んだサムネイルが特徴的なユーザーインターフェースで、気になる記事をサクサク読み進めることが可能です。

ワンクリックで表示を切り替えることができ、テキストオンリーの画面で見ることもできます。

8.The Startup

The Startup
http://thestartup.jp/
2011年1月から運営している、株式会社The Startup代表取締役の梅木 雄平氏によるテック系メディアです。
主に、国内スタートアップ業界を中心に、独自の考察を述べた記事を配信しています。

一般的なニュースメディアとは異なり、筆者の実経験を活かしたオリジナル性の高い内容が特徴的です。
国内スタートアップをはじめ、メディア論、IPO、海外サービス、未来予測まで様々なジャンルをテーマに取り上げています。

更新頻度も高く、毎日に近いレベルで新しい記事が購読可能です。

9.Find Job ! Startup

Find Job ! Startup
http://www.find-job.net/startup/
株式会社mixiが運営するWeb業界向け転職サイト「 Find Job!」のメディアです。
スタートアップ向けのナレッジ、フレームワークを配信しています。

最近の更新は無く、2015年1月度で更新は止まっていますが(2015年9月17日時点)過去記事でも有益な情報が得られるものがあります。

10.WIRED

WIRED
http://wired.jp/
アメリカ発の「WIRED」の日本版です。
AI、デザイン、Appleといったテーマ中心に、記事を配信しています。
目新しい情報がキャッチできるだけでなく、アイデア創出につながるようなユニークで読み応えある記事が満載です。

また、WIRED IDにメンバー登録を行うと、旬な最新情報が詰まったメールマガジンが届くほか、WIREDのイベント、セミナーに招待してもらえたり、プレゼントが貰えるという特典もあります。

11.TURN YOUR IDEAS INTO REALITY

TURN YOUR IDEAS INTO REALITY
http://www.turnyourideasintoreality.com/
Otsumu株式会社を創業した起業家、郡 裕一による、起業家向けメディアです。
国外の起業家情報、ノウハウ情報を中心としたコンテンツを提供しています。
最新動向はもちろんですが、ずっと使い続けられるコンテンツを軸に、良質な記事の執筆を心がけています。

記事の内容は、投資関係、インタビュー記事が豊富に揃う印象です。
カテゴリは全部で10種類で、スタートアップのほか、スキル、ベンチャーキャピタル、マーケットといったものがあります。

まとめ

IT業界は流れが早く、新しいものが誕生するのも陳腐化するスピードも非常に早いです。
これら流れについていくためにも情報収集を怠ることはできないでしょう。

今回ご紹介したメディアは、速報性の高いメディアや最新情報を解説付きで分かりやすく紹介するものまで、トレンドを把握しておくうえで有益な情報源なのではないでしょうか。

どんな情報を収集しておきたいのか、各メディアの特徴を把握したうえで、情報収集に役立ててみてください。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

新しい時代の資金調達方法「クラウドファンディング」について理解できる記事4選
資金調達の新たな手段!クラウドファンディングサービス19選
ビジネスを行う上で知っておきたい基礎知識5選

このニュースにおすすめのカリキュラム

Web戦略に関するカリキュラム

Web戦略に関するカリキュラム

Web戦略に関するカリキュラムを体系立てて学びましょう。