この記事は2016年7月23日に更新しました

株式会社ロックオンマーケティングメトリックス研究所の松本です。

前回は、「散布図」について説明しました。頻繁に使うグラフではありませんが、直感的に「繋がり」を把握することのできる良いグラフです。今回は、「ヒストグラム」の使い方を開設します。

ヒストグラムとは何を最も伝えたいときに使うのか?

ヒストグラムは、ある項目の「散らばり」を表すのに用います。項目の分布を感覚的に把握することができる非常に優れたグラフですが、今まで紹介した「棒グラフ」「円グラフ」「折れ線グラフ」「散布図」と比べると、あまり普及していないので、ピンときていない方も多いのではないでしょうか。

ヒストグラムを見れば、異常値の発見や、データの集中度合いがわかります。
例えば、あるネットショップで商品を購入したユーザーのうち、年齢の分布にどのような傾向が現れているかを把握したいときはヒストグラムを使います。

1.jpg
30代後半にユーザーが集中していること、60代以上は殆ど無いことがわかります。

このヒストグラムは見る人によっては「棒グラフじゃない?」と思われるかもしれませんので、試しに上のヒストグラムを棒グラフで作成してみました。

2.jpg

棒グラフの場合は棒同士が離れていますが、ヒストグラムの場合は棒同士がくっついています。
たったそれだけの違いに見えますが、これが大きな違いになります。

おさらいになりますが、棒グラフは複数の項目を比較するために用いています。
上のグラフの場合、30代後半とその他の項目を比較することで、30代後半が購入者の多くを占めていることがわかります。

つまり「独立」した項目同士を比較するのが棒グラフになります。
複数ある項目の中で、1つの棒グラフだけ表示しても、逆に複数の棒グラフを表示しなくても意味があります。

いっぽうで独立しておらず、「連続」しているのがヒストグラムになります。
ある1つの項目の内訳を任意の区間で区切っているだけですから、特定の区間だけ表示しても、逆に複数の区間を表示しなくても意味がありません。

つまりヒストグラムは、ある項目の内訳を横(階級)と縦(度数)の長方形の面積で表現しているのです。
このように表現することで、どの年齢層に人数が集中しているか、どの年齢層は人数が少ないか、人数の散らばり具合がわかるのです。

慣れれば、ヒストグラムを使って全体の傾向を一瞬で把握できます。

例えば、以下の図を見比べてください。
散らばりの大きさ小ささ、左右の方よりを瞬時に判断できます。

3.jpg

いかがでしょうか?

ヒストグラムの使い方、順を追えばそんなに難しいことでもありません。
ある項目の「散らばりを表現」するならヒストグラム、と覚えてください。

最も解りやすく伝わる「ヒストグラム」の作り方

今まで散々、エクセルで作成するグラフの仕上がりを指摘してきましたが、ヒストグラムはそもそもエクセルのグラフ作成機能では作成できません。
分析ツールで作成する必要がありますが、ツール自体が有効になっていない人も多いと思われるので、まずは設定しましょう。

[ファイル]メニューの[オプション]をクリックし、表示されたウィンドウの[アドイン]を選択します。

[管理]の中で[Excel アドイン]を選択し、[設定]を選択します。

4.jpg

有効なアドインを選択する画面が表示されるので、[分析ツール]のチェックボックスを有効にして、[OK]を選択します。

あとは、[データ]タブに[データ分析]という項目が表示されていれば問題ありません。

それででは、ヒストグラムを実際に作ってみましょう。
さきほどのネットショップのデータを参考にします。

まずは横軸の区間を決めます。さきほどと同じく5歳区切りにしましょう。
まず、年齢の横に、区間を記載します。

5.jpg

次に、[データ分析]を選択して、複数ある項目の中から[ヒストグラム]を選択します。

すると以下の画面が表示されるので、入力範囲は[age列]、データ区間は作成した5歳区切りを選択します。

6.jpg

最後に、[グラフ作成]にチェックを入れて[OK]を選択すれば、グラフの完成です。

7.jpg

分布表と、グラフが表示されましたが、このままだと棒グラフです。(現在開発中のWindowsではヒストグラムが表示されるという話も聞きます)

このままではヒストグラムとは言えませんので、不要な部分は削除、改めるべき部分は修正してしまいましょう。

削除しよう

1 :補助線は不要
2 :グラフを囲う枠線は不要
3 :グラデーションや影などは不要(3Dは「論外」です)
4 :タイトル、軸タイトルは不要
5 :「次の級」は不要

変更しよう

1 :棒の感覚を「0%」にしましょう。棒グラフ同士をくっつける意味があります(棒を右クリックして[データ系列の書式設定]を選択し、[要素の間隔]を0%にします)
2 :階級幅は、1点でなく2点間を表現するようにしましょう(”24”ではなく、”20~24”と追記する)
3 :項目名のフォントは「メイリオ」+「UI」を使いましょう(※このフォントが一番見やすいです)
4 :項目名のフォントサイズは大きくしましょう(12~14が理想です)
5 :グラフの色も解りやすくしましょう

このような修正を施すことで、以下のような、見やすい「ヒストグラム」に変身しました。

8.jpg

データの理解を助ける要素以外は全て排除することで、グラフは最も伝わりやすくなります。

発展編:「ヒストグラム」で絶対に使いたい裏技1つ

基本的な作り方をマスターしたところで、覚えておきたい裏技を1つご紹介します。
それは、ヒストグラムを作るときの注意点です。

以下の図は、1000人分のアンケートから作成した現年収を表すヒストグラムです。
この図は1箇所大きく間違っていますが、どの点かわかるでしょうか。

9.jpg

正解は、年収1000万〜2000万の縦の高さ、横の幅です。

ヒストグラムは面積で表現していると説明しました。
つまり区間の長さを縦軸の数字で掛け合わせた値の合計でヒストグラムは成り立ちます。

上のグラフを見てみましょう。
200万間隔で区間が区切られていますが、1000万から2000万だけ1000万間隔になっています。
つまり1000万〜2000万の区間は、本来のその他の区間の5倍の長さになります。

高さにしても同様です。
その他の区間が200万間隔で高さが1なら、1000万間隔で高さが0.2にならなければ同じに見えません。
正しい表記は以下のとおりです。

10.jpg

ここが棒グラフと大きく違う点です。
棒グラフは、1000万~2000万で1つの項目と見るから、横幅も高さも気にする必要がありません。

まとめ

今回は、「ヒストグラム」に焦点をあてて、最も伝えたいことを、最も解りやすく伝えるグラフ表現方法をお伝えしました。

「ある項目の散らばりを表現」するならヒストグラム、です。
見せ方さえコツを掴めれば最強のコミュニケーション方法である「グラフ表現」。

マスターして、分析レポートに活かしてみてはいかがでしょうか。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

誰が見ても一瞬で伝わるレポート資料の作り方!散布図の使い方をマスター
誰が見ても一瞬で伝わるレポート資料の作り方折れ線グラフの使い方をマスターする編
誰が見ても一瞬で伝わるレポート資料の作り方円グラフの使い方をマスターする編

このニュースに関連するカリキュラム

戦略基礎

戦略基礎一覧

Webマーケティング戦略の基礎について説明しています。