Google広告の運用で成果を上げるには、データの検証がとても重要です。そのためには、Google広告の管理画面だけではなく、Google Analyticsで取得できるデータもフル活用するべきでしょう。Google広告Google Analyticsの連携設定は、誰にでもできる簡単な作業です。一度連携してしまえば済みますので、ぜひ設定しておきましょう。

この記事では、Google広告Google Analyticsの連携方法をご説明します。それだけではなく、連携設定をすることで、何ができるようになるのかをあわせてご紹介します。Google広告を運用していて、まだ連携設定をしていないという方はご参考ください。

Google(グーグル)広告とGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)を連携するメリット

Google広告Google Analyticsを連携することで得られるメリットは多数あります。連携作業にはたいした工数を必要としませんので、早いうちに連携してしまってよいでしょう。連携によりできるようになることのうち、代表的なものをご紹介します。

(1)Google(グーグル)広告のデータをGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)で確認できる

Google Analyticsの「集客」の中にある「Google広告」から、キャンペーンやキーワード、検索語句などの情報を確認できます。キャンペーンの中には、Google広告の画面のようにグループに関する情報があり、クリック単価ユーザー数、セッション数や直帰率などが表示されます。Google Analyticsで、Google広告の配信状況を確認できるので、両方のツールを起動させる必要がなく作業がスムーズです。Google広告のデータだけとはいえ、とても効率的と言えます。

(2)Google Analytics(グーグルアナリティクス)のデータをGoogle(グーグル)広告の管理画面でチェックできる

Google Analyticsが取得している広告に関するデータを、Google広告の管理画面で確認できるようになります。キャンペーン広告グループの画面で、直帰率、平均セッション時間、ページセッションなどを表示できるので便利です。連携設定をしなければ、Google広告の画面では、ランディングページユーザーがたどり着くところまでの情報しか得られません。ユーザーWebサイトでどのような行動をしたのか数値データをGoogle広告の画面だけで確認できるメリットは大きいでしょう。

(3)スマート自動入札の際、コンバージョンアップを促進できる

Google広告には、スマート自動入札という機能があります。機械学習を利用し、オークションごとに広告掲載を最適化することで、収益につながりそうなクリックを多く獲得するように自動的に調整してくれる機能です。

このスマート自動入札は、Google Analyticsの分析データを利用することで、入札単価を最適化できます。つまり、連携することにより、Google広告によるコンバージョンの獲得やコストを抑えるといった運用パフォーマンスの向上につながるのです。

ただし、この機能は、Google広告Google Analyticsを連携させるだけではなく、コンバージョンをインポートする作業が必要となります。

参考:Google アナリティクスのコンバージョンを Google 広告にインポートする|Google広告ヘルプ

(4)Google Analytics(グーグルアナリティクス)のオーディエンスリストが使える

Google Analyticsで作成できるオーディエンスリストをGoogle広告に使えば、Google広告のみではできないターゲティングが可能になります。考え方次第で、とても細やかなターゲティングができますので、より具体的なターゲティングを求めている人にとって便利に使えるはずです。Webサイトに一度訪問したユーザーに再度広告を見せるリマーケティング機能を使ってみましょう。Webサイトの中で特に意欲的な動きをしたユーザーに再度アプローチをすると、コンバージョンアップが期待できるでしょう。

(5)Google Analytics(グーグルアナリティクス)のマルチチャネルレポートの表示データが増える

Google広告Google Analyticsがリンクしていることで、Google Analyticsの「コンバージョン」のメニューのレポートに表示される内容が充実します。レポート内容にGoogle広告に関するデータが増えることで、解析がより深くできるでしょう。