Google(グーグル) 広告クライアントセンターの使い方

実際にGoogle 広告クライアントセンターを使いたい方に向けて、Google 広告クライアントセンターの作成手順をご紹介します。

Google(グーグル) 広告クライアントセンター(MCC)のアカウントを作成する

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/manager-accounts/
上記サイトの「クライアントセンター(MCC)を作成」をクリックし、入力フォームに基本情報を入力して、基本的なアカウント設定をします。

MCCアカウントの利用目的は、自社アカウントを運用する場合は「自分のアカウントを管理するため。」、代理店など他社のアカウントを運用する場合は「他のユーザーアカウントを管理するため。」を選択しましょう。

広告アカウントを登録する

MCCアカウントを作成できたら、運用するアカウントを新しく作成するか、既存のアカウントリンクします。新しいアカウントを作成する場合は「アカウント>掲載結果>新しいアカウント」から必要項目を入力し、Google 広告アカウントかAdWords Expressアカウントかのどちらかで作成します。

既存のアカウントリンクする場合は「アカウント>管理>既存のアカウントリンク」からリンクするお客様IDを入力して「リクエストを送信」ボタンを押します。その後、アカウントへのアクセス権のリクエストがメールで届くので「リクエストを承諾」ボタンを押せばリンクが完了します。

ちなみに、リンクしたGoogle広告をMCCアカウントから解除する場合は、リンクしているGoogleアカウントの上部にある「ツール」から「設定>アカウントのアクセス権」を選択し、解除したいMCCアカウントの「アクセス権の削除」をクリックすれば解除できます。

Google(グーグル) 広告クライアントセンターで複数アカウントの管理が楽になる

複数のGoogle 広告アカウントを効率的に運用するなら。Google 広告クライアントセンター(MCC)は必要不可欠な優秀ツールです。Google 広告クライアントセンターで効率的にGoogle広告を運用して、広告のパフォーマンスを高めていきましょう。マーケティングを強化するためにも、ぜひ積極的にご活用ください。

関連記事

Google(グーグル)広告はどんな基準で審査される?対象項目や落ちたときの対処法まで

Google(グーグル)広告はどんな基準で審査される?対象項目や落ちたときの対処法まで

「Google広告を出稿しようと思ったら、審査に落ちてしまった…」そんな経験をしたことはありますか?Google広告の一部の広告は誰でも配信できるものではなく、審査に通った広告のみ配信できるのです。今回はGoogle広告の審査を通すための基準や落ちたときの対処法について解説します。

「Google(グーグル)広告」の「アプリキャンペーン」で自社アプリを宣伝しよう

「Google(グーグル)広告」の「アプリキャンペーン」で自社アプリを宣伝しよう

Google検索などを利用する中で、特定のスマホアプリの広告を見かけることがあります。これは、「Google広告」の中のメニューの一つで「アプリキャンペーン」と呼ばれるもの。このメニューを活用すれば、自社アプリの宣伝を行い、より多くのネットユーザーに向けてインストールを促すことも可能です。この記事では、「Google広告 アプリキャンペーン」の基礎知識や、出稿の手順を解説します。

Google(グーグル) 広告エディターとは?驚くほど広告運用が楽になる使い方

Google(グーグル) 広告エディターとは?驚くほど広告運用が楽になる使い方

インターネット広告を出すのであれば、Google広告を検討する人がほとんどでしょう。Google広告を運用する際に、多くの人が利用している無料ツールがGoogle広告エディターです。今回はGoogle広告を運用する方に向けて、Google広告エディターの基礎知識を解説します。