海外のマーケティングオートメーションのシェア

Datanyze社の調査によると、海外のマーケティングオートメーションのシェアは下記のようになっています。

1位:HubSpot
2位:Adobe Marketing Cloud
3位:Oracle Marketing Cloud
4位:Active Campaign
5位:Pardot

1位のHubSpotと5位のPardotに関しては前項にて紹介しましたので、これ以外のマーケティングオートメーションツールについて解説していきます。

参考:Datanyze Marketing Automation

2位:Adobe Marketing Cloud

image3.png

adobe.com/jp/marketing-cloud.html

Adobe Marketing Cloudは、Adobe社が提供するマーケティングオートメーションツールです。Adobe社と聞くと、PhotoshopやIllustrator、PDFなどのイメージが強いかもしれませんが、MAツールの開発にも力を入れています。

Adobe Marketing Cloudでは、画像・音声などが入った立地コンテンツの保管・編集・共有が可能になっています。

顧客との接点づくりにおいてコンテンツの作成は非常に重要です。Adobe Marketing Cloudを使えば、MAツール上でコンテンツの作成を行うことができます。

3位:Oracle Marketing Cloud

image6.png

https://www.oracle.com/jp/cx/marketing/

Oracle Marketing Cloudは、Oracle社が提供するマーケティングオートメーションのクラウドサービスです。Oracle Marketing Cloudは「Oracle Responsys」「Oracle Eloqua」「Oracle Maxymiser」の3つの製品で構成されています。

この中で、マーケティングオートメーションの中核を担うのが「Oracle Eloqua」になります。Oracle Eloquaでは、顧客の行動履歴、キャンペーンフローの実行状況などから、自動的に顧客をスコアリングしてくれます。

HTMLメールの作成も簡単に行うことができます。搭載されているGUIは直感的に操作できるので、ツールの使用が苦手な方でも安心です。

4位:Active Campaign

image1.png

https://www.activecampaign.com/

Active CampaignはアメリカのActive Campaign社によって提供されているマーケティングオートメーションツールです。

Active Campaignはメールテンプレートの種類が充実しています。各テンプレートにはHTMLのエディタが搭載されているので、テンプレートの細かい調整も行うことが可能です。

利用料金も他のMA津ツールと比べて安価なので、企業のみならず個人の方でも無理なく利用を継続できます。