MA(マーケティングオートメーション)ツールの「MAJIN」をご存知でしょうか。国産のセールス&マーケティングプラットフォームとして経営者などから支持されており、マーケティングオートメーションをこれから導入したいと考えている方にとって興味深い存在でしょう。

そこで今回は、まだマーケティングオートメーションに詳しくない人にでも理解できるように、わかりやすくMAJINについて解説することにしました。この記事をご覧いただければ、MAJINがどのようなことを実施できるかがわかり、導入の検討が進むでしょう。ぜひ、ご参考ください。

MAJINとは

101_majin_1.png
MAJIN

MAJINとは、顧客それぞれの興味関心に対応して、自動的にマーケティング活動を進めることが可能です。忙しいマーケターやセールス担当は、業務を大きく効率化できるでしょう。現代社会では、情報が溢れるほど豊富であることから顧客の購買心理も多種多様です。そのため、顧客に合わせた対応が必要であり、企業には的確な顧客コミュニケーションが求められています。多数の顧客を抱える場合、これらの対応はマンパワーの問題でかなり困難ですが、MAJINの利用により的確なコミュニケーションが可能です。

MAJINの特徴

MAJINの代表的な特徴をご紹介します。

操作性に優れ、誰にでも使いやすい

ユーザーインターフェースが使いやすいです。操作するのが負担になってしまい、利用が進まなくなる心配がありません。直感的な操作が可能である上に、日本製のMAツールなのでサポートも安心して利用できるでしょう。サポートが使いやすければ、ツールの利用はスムーズになるため重要なポイントと言えます。

理想的なマーケティングが自動化する

見込み客をスコアリングして対応の優先度を決定できます。アクションに応じてベストなアプローチタイミングを営業担当に通知するといった無駄のないマーケティングが可能です。MAJINが自動的に行ってくれるので、顧客ボリュームが多くても心配ありません。

顧客に合わせたチャネルでアプローチできる

見込み客によって使用するチャネルは異なります。メールをあまり使わない人もいることでしょう。これは、BtoBBtoCといった業態によっても異なるものです。MAJINは、見込み客によって利用するチャネルが異なっても問題ありません。複数のチャネルでアプローチすることにより、コミュニケーションの漏れを防止することができます。

導入したら何ができる?

MAJINには見込み客のデータ収集やベストタイミングのアプローチを実現するための様々な機能が搭載されています。代表的なものを以下にご紹介します。

シナリオを作成し顧客に応じたアプローチができる

シナリオを作成できます。それにより、見込み客それぞれに最適化したメールやLINEの配信が可能です。また、Webサイト上で見込み客にポップアップウィンドウによる情報提供もでき、タイミングを逃しません。

その他にも、ブラウザ機能を利用したプッシュ配信やアプリによるプッシュ通信が可能であり、細やかなアプローチが可能になります。送信するメールのコンテンツ作成も容易にできるように設計されています。HTML形式のメールも作成できるので便利です。

フォームを簡単に作成できる

Webサイトから顧客情報を得るためにはフォームが必要です。MAJINを使えば、1行のタグを追加するという簡単な作業でホームページフォームを追加できます。改善作業もすぐにできるので手間がかかりません。

A/Bテストにより改善ができる

A/Bテストを実施でき、複数の施策の中でどの施策が顧客から良いリアクションを得られたのかスムーズに把握できます。この機能により、根拠をもって改善施策を実施しやすくなり、マーケティング精度の向上につなげられるでしょう。

スコアリングにより優先顧客を把握

見込み客にスコアをつけることが可能なので、成約率の高いと考えられる見込み客を明確できます。スコアの人から優先してアプローチするべきだとわかるので便利です。独自のAIスコアリング機能を搭載しています。

最適なタイミングがわかるアラート

見込み客にアプローチするべきタイミングを逃さないように、メール開封など設定したアクションに伴って営業担当者にメールで知らせます。見込み客のモチベーションが高いうちに、直接コンタクトをすれば成約の可能性を向上できるでしょう。

Webトラッキングで顧客について把握

ユーザーのアクセス情報を取得し、どのページに閲覧したかなどを把握できます。Webトラッキングで収集したデータを分析することにより、ユーザーが何に興味を持っているのかがわかります。

広告集客にも強い

MAJIN DMPを利用した集客媒体ごとのブランド認知貢献度の計測や、MAJINならではのリターゲティング広告の配信も可能です。このリターゲティング広告は、メール開封などの特定のアクションをした顧客ごとに広告を出し分けられます。また、広告入札を人工知能により自動化するなど担当者に業務負担を与えません。これらの広告集客機能は、ポップアップやプッシュ通知、Eメール送信などの販促と組み合わせて施策を効果的にします。

優れた分析機能を搭載

見込み客それぞれのWebサイトのアクセス履歴やメールの開封情報を把握できます。アトリビューション分析、LTV/ROASの可視化などが可能です。また、訪問したユーザーのIP分析により、自社に関心を持っている企業を一覧にすることが可能です。

柔軟な連携が可能

APIを利用して様々なSFAと連携することができます。また、ユーザーリストをインポートしてMAJINに取り込むことや、MAJINで作成したスコアなどのデータを外部にエクスポートすることもできます。