あっという間に秋が終わり、クリスマスシーズンがやってきました。
1年の間でも12月、1月は特に盛り上がる時期で、ついついお財布の紐がゆるみがちです。

つまり、企業においても、この時期はイベントと絡めたキャンペーンを展開しやすい商戦期でもあるため、クリスマスに合わせて何かやってみようとお考えの企業も多いのではないでしょうか。

今回は、クリスマスに実際におこなわれたキャンペーン事例をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

ソーシャル関連のクリスマスキャンペーン事例

1.アフタヌーンティーブリリアントクリスマス|アフタヌーンティー

アフタヌーンティーブリリアントクリスマス|アフタヌーンティー
http://www.afternoon-tea.net/xmas2015/
雑貨と飲食を一体化した生活雑貨のショップAfternoon Teaでは、“Brilliant”なクリスマスを愉しもう!というフレーズとともに、Instagramを使ったキャンペーンを実施しています。
今シーズンのために制作されたビジュアルのフォトフレームや、Brilliantな加工を施した写真のSNS投稿が可能です。

ハッシュタグ付き投稿の中から、素敵なプレゼントが当たる企画も連動しています。

2.Christmas Canvas|ハイアット リージェンシー 大阪

Christmas Canvas|ハイアット リージェンシー 大阪
http://hyattregencyosaka.com/restaurant/xmas2015/index.html
ホテル ハイアット リージェンシー大阪では「クリスマスキャンバス」をコンセプトとしたキャンペーンを開催しています。
期間中に同ホテルでのクリスマス体験をSNSに投稿すると、優秀作品2名にデラックスルームの宿泊券が贈呈されます。

ハッシュタグをつけるだけで参加ができること、主要SNS3つで開催していることがポイントです。

3.あなたの投票で1位が決まる!クリスマスケーキ選手権 |シェラトンホテル

あなたの投票で1位が決まる!クリスマスケーキ選手権 |シェラトンホテル
https://www.yokohamabay-sheraton.co.jp/event/sheraton_christmas_2015.php
シェラトンホテルでは、クリスマス特集と題してクリスマスにまつわるイベントを多数おこなっています。
中には、SNSを使って全5種類のケーキから人気1位を投票で決めるクリスマスケーキ選手権というユニークなものもあります。

Twitter、Facebookでの参加が可能です。

4.サンリオショップでキキ&ララをさがそう!|サンリオ

サンリオショップでキキ&ララをさがそう!|サンリオ
http://www.sanrio.co.jp/news/ts-xmas-twitter-cp-20151104/
人気キャラクターでおなじみのサンリオでは、クリスマスと合わせて「サンリオショップでキキ&ララをさがそう!」というTwitterキャンペーンを実施しました。
店頭のクリスマスツリーからキキ&ララの装飾を見つけることでオリジナルグッズプレゼントに応募ができるというものです。

子供が楽しみやすく、来店促進に有効なイベントと言えるでしょう。

5.イモトのWiFiクリスマスギフトキャンペーン|イモトのWiFi

イモトのWiFiクリスマスギフトキャンペーン|イモトのWiFi
http://www.globaldata.jp/xmas2015/
海外WiFiレンタル イモトのWiFiでは、お笑いタレント イモトアヤコさんをイメージキャラクターとし、おかえりなさいリムジンキャンペーンを実施しました。
抽選で当選した5組が帰国時、リムジンでお迎えするという個性的なサービスとなっています。

参加の条件として、帰国後にSNSでの写真および動画投稿が必要です。

6. シュウ ウエムラが100名の女性をXmasまでにもっとキレイに!

シュウ ウエムラが100名の女性をXmasまでにもっとキレイに!
http://webdesignmatome.com/webdesign/snscampaign
化粧品メーカーシュウ ウエムラでは「シュウ ウエムラが100名の女性をXmasまでにもっとキレイに!」をテーマに「クリスマスキャンペーンサイト」をオープンしました。
ホームページからアイコンに靴下を飾ってTwitterでつぶやくと、100名の方にアイ&チークパレットと店頭でのメイクサービスが当たります。

7.クリスマスボックス|株式会社バスキュール

クリスマスボックス|株式会社バスキュール
http://www.xmasbox.net/
デジタル広告の企画制作を手掛ける株式会社バスキュールでは、鍵のかかったプレゼント箱を毎日1個Twitterに投稿するというプロジェクトを開催しました。
特定のタグをつけた投稿が一定数以上集まれば箱の鍵が開く、というものです。

著名人・企業とユーザーが一体となって楽しむことができるキャンペーンです。

8.子どもの頃にもらった思い出のクリスマスプレゼント投稿キャンペーン|プレミアムバンダイ

子どもの頃にもらった思い出のクリスマスプレゼント投稿キャンペーン|プレミアムバンダイ
http://p-bandai.jp/contents/xmas-present/?rt=pr
玩具メーカーバンダイのショッピングサイト、プレミアムバンダイでは「子どもの頃にもらった思い出のクリスマスプレゼント投稿キャンペーン」を実施しました。
Twitter、Facebookから思い出のプレゼントを投稿すると、抽選でショップで使えるポイントが当たります。