こんにちは。BASEマーケティングを担当している金城です。
前回の記事では国内企業におけるインスタグラムを活用したキャンペーン事例をご紹介いたしましたが、今回は小中規模のネットショップでも実施可能な集客に繋るキャンペーン事例を見ていきます。その前になぜネットショップがキャンペーンを行う必要があるのかを簡単に説明しますと、キャンペーンを行うことは集客効果以外にも、ショップの信頼感を高めることに繋がってくるという理由があります。

ネットショップの売上を上げるための必要な要素に、”購買率”というものがありますが、その購買率を上げるためにはネットショップに人の気配を感じさせる必要があります。
「お客様にこのショップはちゃんと運営されていますよ、お買い物しても安心ですよ」というメッセージを伝え、信頼感をもってもらうことで購買率を上げていくわけですが、キャンペーンを行うことは間接的に人の気配を伝えることであり、ショップの信頼感を作り出すことに繋がります。(ショップ運営者の顔写真を掲載するところも多いかと思いますが、同様の理由です。)

キャンペーンを実施することは集客効果と合わせて、訪問してくれたお客様の購買率を上げることになるということをご理解頂けましたでしょうか?
今回は、人気のSNSサービスを活用した簡単にできるキャンペーンをご紹介していきます。

Twitter:リツイートキャンペーン

altボンマルシェTwitter

拡散力の高いTwitterを活用したキャンペーンです。
上記の通り、ネットショップのTwitterアカウントのツイートをリツイート(もしくは合わせてフォロー)してもらうというキャンペーンです。RTボタンを押すだけでこのキャンペーンに応募できるというハードルの低さによって、多くの人に参加してもらうことができるオススメの施策です。またショップとしても、イチ押しの自慢の商品を多くの人々の目に触れさせることができるので、新しい見込顧客やフォロワーの獲得に繋げることができます。

またキャンペーンの特典が、いつも制作をしている商品となりますので用意の手間もありません。ツイートするだけで、ショップへの集客に繋がり、フォロワーも増えるこのリツイートキャンペーン、すぐに実施できるものになりますのでぜひ試してみてください。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

インスタグラム:いいね!やコメント数によるディスカウントキャンペーン

altNordstorm

こちらはインスタグラムを活用したキャンペーンです。
インスタグラムはユーザーの各投稿に対していいね!とコメントを付けることができますが、こちらは投稿に対するそれらの数が多ければ多いほどディスカウントを行う、というキャンペーンです。上記はアメリカのデパートNordstromの例ですが、10,000いいねごとに10%セール価格を下げるという投稿となります。こちらご覧頂ければお分かりの通り、いいね!が2万8千以上も集まり、30%のディスカウントとなりました。「値下げになるといいな」や「友達にも紹介しました」というコメントも寄せられており、”安くなる”というインセンティブがあるため友人への口コミも効果的に行なわれたようです。

altInvisible ink

またこちらはBASEのショップオーナーの事例ですが、”ダーツの3本の合計数をコメント欄にて当てよう!”というものになります。このようなゲーム性溢れる投稿もファンの方々とのコミュニケーションにおいてとても有効な方法です。(他にも直近3投稿のいいね!数の合計を当てよう!というキャンペーン企画も行っておりました。)

Facebook:プレゼンクイズ企画キャンペーン

altFacebook

Facebookもご存知の通り、様々なキャンペーンが実施可能なプラットフォームです。今回ご紹介するのはメタル・ジュエリーアートなどの作品を手がけるブランド”Sae+Sumi Koru”さんのクイズを盛りこんだFacebookプレゼント企画です。なんともユニークな内容となっており、カラオケの歌詞の写真を載せ、その歌手名と歌名を当てよう!というものになっています。(なかなかハードルが高い気がしますが。)

また面白いのがその答えをFacebook上にコメントするのではなく、答えを紙書いてそのブランドが出展するリアルイベントに直接持ってきてもらう、というものになっており手渡しで商品をプレゼントすることになります。

リアルイベントに頻繁に出展されるネットショップ運営者であれば、このような方法はSNSで繋がっているお客様と直接会うことができるキッカケにもなる有効な手段といえるでしょう。オンラインからリアルなイベントへの集客に繋げる有効な事例だと思います。

Pinterest:ブランド画像リピンキャンペーン

altBLUE NILE

他のサービスに比べて、まだ馴染みがない方が多いPinterestを活用したキャンペーンです。Pinterestは好きな画像をPinterest上の自分のボードにピンしていきコレクション、また友達と共有していくサービスで、海外では女性のユーザーを中心に多く利用されています。(2015年におけるユーザー数の見通しは4710万人に達するとのこと。)日本法人もありますので、これからどんどん活用事例も増えてくるのではないでしょうか。

このPinterestを活用したジュエリー通販サイトBlue Nileのキャンペーン例をご紹介します。
これは900ドルのリングを特典として、それをゲットするめにはBlue NileがPinterestで上に用意した「Be My Valentine」のボードに掲載されるダイヤのリング画像を3つリピンするというキャンペーンです。(リピンとは他アカウントの画像を自分のPinterestボードに引用掲載するというアクションです。)

ネットショップを運営していく上でそのブランドやコンセプトどのように人々に伝えていくかが重要なところですが、そのブランドを表現する画像、商品写真を自分たちで用意して、それをピンしてもらうという設計はとても有効な戦略と言えるでしょう。(Pinterestのユーザーのほとんどが女性というのも「Be My Valentine」というキャンペーンにあっています。)このキャンペーンで5万回以上のリピンを獲得したそうで認知向上に一役かったそうです。女性をターゲットにした商品を扱っている場合は、Pinterestの運用もぜひ検討してみてください。

まとめ

以上、Twitter、Instagram、Facebook、Pinterestという4大SNSを活用したキャンペーンをご紹介しました。
Facebookは規約などが結構厳しく、注意してキャンペーンを行う必要がありますが、他のサービスについては比較的自由に運用が可能なため、上記にご紹介をした内容以外にも様々な方法が考えられるでしょう。

またお客様とLINE上でコミュニケーションをとることができるLINE@においても、これから多くの事例が生まれてくることが予想できます。(LINE@で友だちになった方だけが、アクセスできる特別なネットショップを用意することでLINE@の繋がりを増やす、という施策を行っている事例もありました。)

このようなキャンペーンを実施される際は、ぜひネットショップ上でも告知を行いキャンペーンの参加を促しましょう。冒頭にも伝えた通り、キャンペーンの参加者増加に繋がるだけでなくお客様とのコミュニケーションも行うことができますので、信頼度アップにも繋がります。

お客様との関係性をよりよいものにしていくためにも、ぜひ定期的にこのような施策を行っていくのをおすすめします。もちろんやみくもに行うのではなく、しっかりあなたのショップのターゲットとなる”お客様が使っている”サービスを選んで実施していくことが大切です。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Facebookページ(フェイスブックページ)に関する事例
Facebookページ(フェイスブックページ)のカリキュラム一覧
広告に頼らずに成果を出せるグロースハックの概要と成功事例記事

****

Facebookページの店舗登録方法と店舗集客に役立つ機能まとめ

facebookはリアルとのビジネスにも相性が良いものです。タイムセールや特売情報などもリアルタイムに投稿して、反応を見たいものです。