用意しておいたほうが良い!レスポンシブディスプレイ広告の画像サイズ

レスポンシブとは、多様なPC・スマホデバイスや掲載枠に、入稿内容を都度、最適化して配信する広告タイプです。

1種類の広告を入稿するだけで、豊富なデバイスWebサイトに最適化された広告を配信でき、たくさんのサイトでの表示を期待できるので、ぜひ用意したいフォーマットだと言えます。

GDNのレスポンシブディスプレイ広告はどう用意すればいい?

  • サイズ大画像(1200×628)
  • サイズ小画像(300×300)
  • 1ファイルあたりの最大容量:5,120KBまで

<NG画像>
-画像の20%以上を文字・ロゴが覆っている画像
-アニメーション画像(GIFアニメなど)

Yahoo!広告では「インフィード広告」と呼ぶ

Yahoo!広告では「インフィード広告」と呼び、入稿すべきサイズはGDNと同じです。

  • サイズ大画像(1200×628)
  • サイズ小画像(300×300)

参考:
レスポンシブ広告の要件|Google広告ポリシーヘルプ
【ディスプレイ広告】「レスポンシブ」で実感できる広告効果とは?|Yahoo!広告

画像の力で、視覚的に強くユーザーを惹き付ける「ディスプレイ広告」

ディスプレイ広告は、テキストのみで構成される「リスティング広告」と比べると、事前のクリエイティブ準備にやや手間がかかるとも言えます。また、この記事で解説してきたように、画像制作面での注意点も多数あります。

しかし、ユーザーに対して画像で視覚的に、ファーストビューで強力にアピールできる分、訴求力が高く、より多くのクリックやコンバージョンを期待できることが大きなメリットです。Web広告運用に慣れてきた方は、「ディスプレイ広告」についても出稿のポイントを理解して、ぜひ活用していきましょう。

▼「リスティング広告の費用相場と適正予算の決め方」はこちら

リスティング広告の費用相場と適正予算の決め方

リスティング広告の費用相場と適正予算の決め方

これさえ見ればリスティング広告の予算に迷わない!